FC2ブログ

それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

発言無の会議

 「7月10日の火曜日に6時30分から予約したから集合
願います。」

 連絡が入った。

 そこはまったく初めての場所だった。

 「 とりあえず  」

 1杯目を飲んでる最中、テーブルの上は、ごっつぉーで
満杯状態。
  何、これ?」
田舎者が吠える。

DSC01436_convert_20180713171341.jpg

 そして、2杯目3杯目とピッチが上がるにつれ、テーブルに
大きな鶏のから揚げや、イカの丸焼き等が出るわ出るわの
オンパレード。

DSC01437_convert_20180713173610.jpg  DSC01438_convert_20180713173646.jpg

 2時間の飲み放題。
 オラ、ほとんどしゃべらずひたすら、液体と固形物を交互に
口に運び続けた。

 あれ  大事な会議じゃなかったっけ。 
まっ、いっか~。






スポンサーサイト
  1. 2018/07/13(金) 17:55:05|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

根拠はないけど

 またこの季節がやってきた。

 お姫様が可憐でかわいい姿を魅せてくれました。

 本日、大変暑く体力の消耗も激しい飯豊連峰を歩いて
きましたが、突然現れたお姫様たちに癒され、慰められて
山行を終えることができ感謝してます。
 
 場所は、飯豊連峰大日杉小屋から登って<地蔵岳>から
御坪までの間で、お姫様が「私を見て下さい。」 
競って、そこを通る山人達に声をかけていました。

 色が濃く、若々しいお姫様は最高ですね 

DSC01147_convert_20180624184918.jpg

 根拠のない予測ですが、今週末あたりは一番見ごろを
迎えるのではないでしょうか。
 



  1. 2018/06/24(日) 19:06:54|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くずれたけど

 19日朝に電話が入った。
「今日、こっちに来んだべ。あっちに行がなくていいがら俺を
手伝ってくれ。」
 愛宕山荘の孫さんからの電話だった。

 19日は、里山愛好会の遠藤シェフが、会津地方の郷土
料理ニシンの山椒漬けを指導してくれることになっており
みんなで山椒を採りに行き、そのご愛宕山荘でシェフの
手ほどきを受けながら、作ることになっていた。

 みんなと約束した8時30分に、愛宕山荘下にある
駐車場に到着すると、シェフやあやちゃん、タッチャン
ユカチンが待っていた。

 「 孫さんからの連絡で、みんなと行かずに手伝って
欲しいことがあるから、悪いけど行けない。」
一同、「何よ、それ~。良いから行こう!」
そう言ってはくれたのだが・・・・。

 孫さんが到着。
「昼まで終わっから。」

 オラの予定が見事に崩れた瞬間だった。

DSC00041_convert_20180521183551.jpg

 連れてこられたのは、古志田駐車場。

 ここで、27日に行われるトレッキングで参加者が
車を停めるのに、残土が盛られた箇所と邪魔になった
廃木の山を二人で除去するのだという 
 本当は、もう一人助っ人がいるはずだったのですが
当日の朝ドタキャンしたらしい 
孫さんの相棒、英国人のマイケルだ。

 仕方なく、二人で駐車場を片付けて移動し、今度は
登山道の倒木処理を行った。

DSC00045_convert_20180521183631.jpg

 「 ふう。ただ今戻りました。」
愛宕山荘に12時過ぎ到着。

 すでにシェフはじめ、山椒採り組は帰ってきておりそこに
長井山岳会の金ちゃん夫婦も子連れで来荘。
赤ちゃんも一緒だったが、めんごかったなぁ~。
 
DSC00064_convert_20180521184121.jpg

 シェフとあやちゃん、樋口さんはお昼のピザ作り。
たっちゃん、ユカチン、そして金ちゃんを巻き込んでオラと
山椒を枝から摘み取る作業に没頭。

 そして山椒の準備が出来た。

 「 こんにちは~。」
作業が終わった頃でした。
まるで絶妙のタイミングで登場したのはハイジ。

DSC00047_convert_20180521183710.jpg

 ピザ種はあやちゃんが作り、遠藤シェフが焼く。
そして火の係は樋口さん。

 いろんな形のピザやピザまんが次々と焼かれ我々の
口に運ばれていった。
「  んま~い  」

DSC00056_convert_20180521183752.jpg

 何枚も焼いているうちに面倒くさくなったのか、シェフが
「竹爺に焼き方教えたから・・・。」

 オラが見様見真似で焼く。
 顔がヒリヒリする位熱い。
 
DSC00061_convert_20180521183941.jpg

 んまいピザを食べて、いよいよニシンの山椒漬け。

 山椒、ニシン、山椒、ニシン、山椒、ニシン、そして山椒。
その上から、味の決め手になるシェフの手作り漬け汁を
流し込んで完了。

DSC00068_convert_20180521184214.jpg

 15パック程作った。

 2週間後には 

 山椒採りの予定は崩れたけど、帰りは北原ミレイの
『石狩挽歌』を口ずさみながらルンルン気分で帰ったのは
言うまでもない。


 




 

  1. 2018/05/24(木) 07:19:49|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

助けられた

 昨年の山行も楽しかった。
「楽しかった日々だけが過ぎ去る。」
人生を振り返った時、一番理想的な生き方だが
そうもいかないのが当たり前。

 昨年は親父の病気が進行して、年末までずっと病院
暮らし。
「3ケ月を限度として、次の施設を探しておいて下さい。」
病院からそう言われたのだが、受け入れ施設のキャパは
どこも一杯で、何年待ちも当たり前の所が多い。
何か所も施設への申し込みを続け、それでも運良く
年明けと同時に、ある施設から「入所判定の結果、決まり
ましたので早急に退院させて連れてきてください。」

 1月5日に、不思議がる親父を諭し退院手続きをして
これから最後までお世話になるであろう施設へ、入所の
手続き、医師およびケアマネとの話し合いを通じて
慌ただしかったが、何とか入所までこぎつけてきた。
母親も既に別の施設で入所生活、これからもずっと
親父は妻と離れての暮らしになる。

 果たしてこれで良かったのだろうか。
 親父の気持ちはどうなんだろう。
こんなオラでも心が・・・・・・・。



 助けられた。
翌日に行われた山行で、その心が癒された。

 かーちゃんにも快く送り出されて、タマチャンと
キヨに拾われて、途中ユカチンを南陽市で拾い
安達太良高原スキー場へと向かった。

 リーダーのシミケンさん、みどりちゃん
ペーター、それに日帰り組のみっちゃんと
合流して、勢至平を経てくろがね小屋一泊の
山行に参加させてもらった。

DSC07759_convert_20180108094249.jpg

 仲間達との山行は、すべてを忘れるほど楽しかった。

 「楽しかった日々が脳裏を過る。」
そうは行かないかもしれないがそれを求めて山行にあらず
色んなことに努力したい。
そして残された人生を有意義に生きて行きたい。

 



  1. 2018/01/08(月) 16:44:16|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登らなかった

 アキちゃんとかーちゃんが、黄金週間の初日
会うことを決めていた。

 新潟の<角田山>の雪割草を3人で見に行った
頃だったろうか?
 
 そのことはオラにはわからなかったが、後で
かーちゃんから聞いた。
そのため、直前になって概要が見えてきた。

 「 ゴールデンウィークに、どうせあんたは
どこかの山に行くんでしょ。」

 今年の黄金週間、3月に決めていたのは
都会に住む孫が、初節句なので二人で会いに
3日~5日で行く予定だけだった。

 29日から連休が続くオラだが、かーちゃんは
臨時出勤が間に組まれていた。

 29日もかーちゃんは出勤。
30日に<倉手山>に登ると決めていたかーちゃんと
アキちゃん。

 29日夕方、アキちゃんと家で合流して向かった
のは、悪友バーボンの店。

 以前からの場所を変えた 『山形屋 やじろべえ』

DSC05594_convert_20170508050023.jpg

 「 よぉ 」 

 店内カウンターは5席。
すでに、奥の4~6人の和室席からは賑やかな
声が聞こえてきていた。

 カウンターの隣の席も予約されているようで
準備されている。
 
DSC05595_convert_20170508050129.jpg

 「 良い店ね  」と、アキちゃん。
 「・・・いや~  」と、バーボン

 照れながら、客の要望に応えて一生懸命
仕事をしていた。
 
 なんだか、今までで一番良い顔をして輝いて
見えたねって、話しながら楽しいひと時を過ごし
小国の我が家に帰ったのでした。

DSC05596_convert_20170508050238.jpg

 家に帰ってちょい飲みした翌朝は、軽く足慣らし。

 <経塚山>に行ってみようよ。」

 倉手に登るのに、かーちゃんにそんな体力が
あるとは思えなかったが、二人に付き合う。

 途中で、出勤棒グループのKさんと出会い
撮ってもらった。

DSC05601_convert_20170508050413.jpg

 新緑が眩しかった。

DSC05608_convert_20170508050550.jpg

 だが、楽しかった時は長く続かず、残念ながら
この後3人で<倉手山>に登ることはなかった。

 「 アキちゃんごめんね。」
 「 良いよ、また今度楽しもうよ。」

 申し訳ない気持ちで一杯だった。







  1. 2017/05/08(月) 06:04:30|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1206)
自転車 (72)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (73)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (58)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (188)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード