感謝したのですが

 先週は、松島に  

 今の時期、牡蠣小屋は書き入れ時か  なんちゃって。
オラは卑しいから食べ過ぎると腹具合が良くない方向に
行くのが嫌なので、行かないと決めていた。

 「 せっかく来たんだから行ぐべ。」

 そう言われてしまうと、従わざるを得ないのが我が家の
歴史 
 
 でも本当は、かーちゃんあまり牡蠣が好きではない。
きっと、オラを思いやってのことだろう。

 飛び込みで牡蠣小屋に入ったら、先客は若い女性が
3名で牡蠣を焼く鉄板の前で固まっていた。

 きっと食べ放題のコースを選んだのだろう。
3名とももうこれ以上食えない・・・って顔でオラたちを
見ている。

 食中毒を防ぐために、蒸した牡蠣の温度しっかり
管理した牡蠣。

DSC04944_convert_20170315053811.jpg

 軽くお昼を食べてきたので、牡蠣小屋の雰囲気を
味わうため、かーちゃんと二人で20個を焼いて
もらうことにしたのだが  隣の彼女達が自分達の
鉄板で焼けた(蒸した)牡蠣を食べれないからと
オラ達にお裾分け。
 
 もちろんしっかり頂き 「  んま~い 

 「 旅館に着いたら、んめーもん食えねく
なっぞ。」

 そんな忠告無視するように 「 んめ~。」

DSC04949_convert_20170315054104.jpg

 久しぶりに食ってばかり?の小旅行は、我が家に
新しく迎えた婿殿と娘からのプレゼント。

 感謝しながら、体重計に乗ったのですが・・・・・・

 



スポンサーサイト

いよいよかな?

 いよちゃんだけに・・・
オラも線路から脱出しなければなんねぇーかな 

 「そろそろだべー?」って声も聞こえてくるし 

 「いやいや、そんなこたぁーねぇー。」って声も・・・
 
 みんな、「竹爺、死んだんじゃねぇー・・・」って声も聞こえて
来ているし・・・


 んでも、オラ登ってるーぞ。

DSC04523_convert_20170301213430.jpg

 昨年のやつだけど、しっかり新人を<北股岳>まで
連れてってるし・・・

 飯豊の保全作業にも新人のイチロー君を連れて
行ってるし・・・

DSC04076_convert_20170301215523.jpg

 そして昨秋には、こんなんも・・・

DSC04742_convert_20170301220553.jpg

 今年だけど、こんなんも・・・

DSC04903_convert_20170301220700.jpg

 かーちゃんと行ってるし・・・

 まだ、オラ死んでねー・・・・・・・・・・

 いよいよ、オラの実力  を見せつけねば
なんねぇーか とひそかに思ってる 

 んじゃ~、またね~ (@^^)/~~~

 

リッキーへ

リッキー、おはようさんです。

「飯豊連峰山開き」の神事に参加して、翌日の山行を
楽しみにしてた方々も多く、ガッカリしてると思います。

理由は、活動する会員が少なく引率するすることが不可能
だと言うことですが、一昨年も小国山岳会の協力で
それも可能だった筈なんですが、今回は飯豊山岳会の強い
意向を汲んでの「山開き山行」中止となりました。

山開きは神事のみと言う自治体も多くあると聞きます。
とりあえずは、山開き神事に参加して勝手に登るのは
自由な訳ですから(サポート等はつきませんが)それで
いいのではないかと思います。
ですが、今まで参加してくれた常連さんはじめ、みんなとの
山行を楽しんできた方々を裏切るようで、何か釈然と
しない気持ちがあります。

会議の席上で、「神事のみならオラのような実行委員の
参加は経費負担上の面からも出席は遠慮させていただきます。」
と言ってきました。

昨日のブログを見たのか、毎年小国と飯豊で開催される
山開きに、大勢で参加してくれる山友ウサギさんから
「山開きに登らないの?私たちはどうしましょう??」と
メールで問い合わせがありました。

独り言なんですが・・・
山開き神事に参加して翌日有志で登るか?
山開き当日、登ってから夕方から始まる神事に臨むか?
「飯豊山荘線」直後の飯豊登山を小国で勝手に登るか?

???????。









もちろん・・・。。

3月いろんな事があった。 

 今更ながらであるが、60を過ぎても会社で
働かせてもらえることにありがたさを感じる。

 日々単調な暮らしではあるが、それでも
週末を待ち遠しく思いながら、なんとか
ここまでやってこれた事に感謝だ。

 月初め一時金が一斉に出た。
 そう、今の時期にである。
 定年後も嘱託として勤めるオラにも出た。

 あまり教えたくはないのだが、今の時期
たま~に新聞の折り込みチラシにこんなのが
出てくる。

DSC01338_convert_20160331055144.jpg

 ビール党の とーちゃん 。
もちろんエビスが好きだ。 だが、そうそう
飲めるもんでもない。

 思わず大人買いをやっちまった。
 「  馬鹿な事してんじゃねぇー。」って
怒られたが、その日我が町自慢の鮮魚店
『丸清』から、お造りを買ってきてくれた。
 安いエビスで 「  んめ~。  」


 さすが かーちゃん 
 
DSC01371_convert_20160331055255.jpg

 そして先日、我がデスクにこんな光景

 これもボーナス 

 従業員全員にビールが配られた。

DSC01493_convert_20160331055456.jpg

 今月ではないのだが、他にもポロシャツ
Tシャツなども頂いた。

 「え~会社だな。」

 さて、今日は月末最終日だ。
 頑張ってくるぞ~。

   誰の為って・・・・・
もっ、もちろん・・・・・さ。。

 





続きを読む

いただき

 夢枕獏の小説、「神々の山嶺」を読み
映画化されることを知り、その時を待って
いた。

 3月12日から上映されると言うので
ムビチケで申し込み、ワクワクしながら待って
臨んだ 

 近くになった先週に、一番良い席をリザーブ
して、12日土曜日の10時開演に間に合うように
『イオンシネマ米沢』へと出かけた。

 それまでは、それこそエヴェレストにも登る
ような興奮した日々を過ごし待っていた。

 小説と映画を比べると、頭の中で描いた
自分の思い(そんな大それたものではないが)
描いたものと、どう違うのか気になるものである。

DSC01444_convert_20160313163523.jpg

 いつも映画を見ると、必ずパンフレットを購入
して来る。
 今回は、「 山に関係あるものでも入れて
おけ。」とファイルも買ってくれた。

 とーちゃん 映画評論家ではないからあまり
この映画の内容や批評はしない。
見る人がそれぞれ感じれば良いことである。

 でも、岡田准一と阿部寛の配役は良かった。
 
 かーちゃんが、見終わった後聞いて来た。
 あの場面は蝋人形を使ったんじゃない?」
 違うと思うよ。きっと本物だよ。」

 「動くとせっかく良い感じに身体についた氷が
溶けてしまうかも知れない」と動かずに撮影
したというラストシーンは、監督が絶賛する
ように、オラの心の中にも入って来ていた 

 忙しい週末で、帰ってからは来週予定して
いる弟の一周忌準備、そして今日は実家の
入り口に迫り出してきている杉の木の伐採。

 もちろん、オラには無理なので今年新たに
オラの家族になる婿殿にお願いして「杉の
頂き」近くまで登ってもらい、ロープをかけて
チェーンソーで根元から倒してもらった。
 
DSC01435_convert_20160313163341.jpg

 週末は、我らがツアーガイド岳ちゃんの
「経塚山・朴ノ木峠周遊ツアー」 も、まず
まずの天候だったようで、参加した方々も
満足した顔で写ってましたね。

 4月2日の 「小国町雪山講習会」 と 
4月3日の<大境山>も募集しているので
申し込みよろしくです。
 オラも行きますじゃ。

 雪山訓練は、「石転ビの雪渓」を登りたい
人には、必ず知って頂きたい技術を指導して
くれます。
 <大境山>頂からの飯豊連峰の絶景は最高。
海も見えるロケーションにきっと感動する事
間違いなしです。







プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード