素直なハイジ

 

急斜面のトラバースが落ち着いたところで
 を向けると、これだ 

 山に慣れているって言うんだろか、すぐ
ポーズをとってしまう山人達  

DSC05453_convert_20170424203809.jpg

 今の時期、この場所は状況次第だが
安全の為に、アイゼンを装着しなければ
ならないのでは、そう思う場所だと感じた。

 事実、アイゼンを装着して登山する方と
すれ違ったり追い抜かれもした。

 そんな人々を見たからではないが、自分達の
足の感覚が、「帰りのトラバースは、アイゼンを
装着して下りようね。」って自然に合言葉の
ように、メンバーに浸透して行く。

DSC05463_convert_20170424204127.jpg

 その危険?とも思われるトラバース地帯も
間もなく終了を迎える。

DSC05464_convert_20170424204449.jpg

 ひとしきり続いたトラバースも落ち着いたとき
真っ白なキャンバスに、あやちゃんがハートの
画を何気に描いた。 

 「楽しい~ 
とにかく楽しいのだ。

 それに合わせて、自然とハートマークを作って
ノリノリでポーズを取る女性陣。 

 もちろんん、みんな大好きな飯豊連峰を
バックにしてだ。

 まっ、このあと男組だけで画を撮るが、全然
様にならないので省略。

DSC05466_convert_20170424204636.jpg

 でも、この青空とこれから登る<磐梯山>を
バックにすると、どうだい。
男も女も高揚している。

DSC05471_convert_20170424204743.jpg


 風は微風だが足を止めると、少し肌寒い。

 「 リーダー、そろそろ何か食べない?」

 「もう少しで小屋に到着する、そこまで頑張ろう。」

DSC05477_convert_20170424210053.jpg 

 軽く、トモくんリーダーにいなされたハイジ。

 おっと、今回のリーダーとも君のブログ
はこちら   「なんぱら南原」

 「 ハーイ

 素直だ、こんなハイジは最近見たことがない。

 この天気と景色が、こんなにも人を変えてしまう
のか、そう思わざるを得なかった とーちゃん で
あったのでした 

 「 でもね、ハイジはお嬢様だから素直
なんだよ。」ってオラのかーちゃんは言う。



 

続きを読む

スポンサーサイト

かいだくして・・

 「 竹爺、今週末仲間と登るんだけど一緒に
行かない?」
 今即答できないから後で連絡する。」

 『二王子岳ツアー』 の帰りにハイジから誘われた
のでした。

 かーちゃんは夜勤で日曜しか行けない。

 天気予報と  を毎日見ながら思案の日々。

 そして、金曜朝ハイジに連絡。

DSC05421_convert_20170424051940.jpg

 「 日曜に<磐梯山>に登ることにしたわ、6時
45分に田沢の道の駅で待ってるわよ。」

 ただ、聞いただけなのにもうすでに行くもんだと
きめつけていた 

 日曜の山行と知って「 行く~。」と快諾。

 やってきたのは、八方台登山口
道路が開いたのは4月21日の金曜日。

 さっそうと残雪のフィールドに飛び出した。

DSC05424_convert_20170424052116.jpg

 8時10分だった。

 メンバーは本日リーダーのトモ君とサブの
ジョージさん、ハイジとあやちゃんとみどり
ちゃん、それにかーちゃんとオラの7人。

 トレースはあるけど、抜からずにとても歩き
易い。 

DSC05430_convert_20170424052237.jpg

 お喋りを楽しみ鳥の歌を聴きながらゆっくり
歩くと30分ほどで、かつては賑わったであろう
温泉湯治場の中の湯に到着。

 1888年の磐梯山噴火前は、上の湯、中の湯
下の湯があったらしい。

 噴火時に生存者がいたのはこの中の湯だけと
磐梯山ジオパーク協議会の記事を読んだ。

DSC05434_convert_20170424052359.jpg

 所々に現れるその景色と、素晴らしい天気に
恵まれ、足を止めてはお喋りもやめ、一心不乱に
目を目を向けるメンバー達であった。
 
DSC05438_convert_20170424052604.jpg

 とにかく青空は、群青色と言っていいほど濃く
木々に差し込む陽は柔らかく優しい。
 
 まるでかーちゃんのようだ 

 快諾してよかったな、かーちゃん。

 とにかく今日は最高 

DSC05443_convert_20170424052732.jpg

 「おーい、こっちにおいでよ。」

DSC05445_convert_20170424052914.jpg

 トモくんが呼んでいるところまで駆け上がる。



続きを読む

ご自愛ください。

 あっ!、「小国の母」って言うのは、今回も参加
してくれた、みどりちゃんが言うのであって、歳も
同じくらいのオラが言うのは、ちょっと失礼かも 

 でも、常連の参加する方々にとっては、歳
うんぬんより、まさにそう呼ばれても不思議じゃ
ないのでは、と思ってしまう。

 干し柿も持ってきてくれたりするが、手作りの
お菓子をみんなに配ったりと、もちろんそれだけ
じゃないけど、「家に遊びにおいでよ。」と気軽に
声をかけてくれたりして、実際に「小国の母」の
家に遊びに行ったことがある人が多いんです。

 休憩した場所のすぐそばには、避難小屋が
あり、先週はササヤンたちとここで大宴会する
予定でした。
 だが、ご存知のように<焼峰山>に変更しての
大宴会となったのです。

DSC05335_convert_20170417211408.jpg

  『岳ちゃんツアー』に参加していつでも思う。
ペースが心地よいのです。

 参加する方々は、実力と言ったら失礼か 
いろんな方がおり、ペースが早い遅いとなる
事があると思うけど、岳ちゃんが引っ張るその
ペースは、オラ何回も参加してきたけど、いつも
そう思ってしまいます。

 そのペースは、きれいな隊列となって画に
現れます。 

DSC05341_convert_20170417211707.jpg

 天気はまずまずですが、どんよりとして霞
がかった新発田市、その先の日本海はわかり
にくい状況。

DSC05351_convert_20170417211954.jpg

 途中、「下の避難小屋に泊まりました。」と言う
方々とスライドして、10時25分頃に独標着。

 ここでも、女性の参加者たちが「はいどうぞ。」と
チョコレートなどお菓子をみんなに配る。 

 家で準備をしてる時、「 どうせ、みんなから
いろんなものもらうんでしょ。」と、訳のわからない
ことを言われたが、本当に行動食は必要ない
位である。

DSC05344_convert_20170417211831.jpg

 貴公子 「タクちゃん」 は、時折こんな形で画を
撮る。

DSC05362_convert_20170418055112.jpg

 「おー、見えてきた。」

DSC05368_convert_20170418055252.jpg

 さすが新潟市に近く、そのなかでもメジャーな
<二王子岳>

 下の駐車場は、やっと道路が開けたばかりなのに
もう満杯だった。

 単独の方やグループで結構登っていらっしゃる 

 驚いたのは、トレランで来ていた72歳の方。
「俺が72とは思えないだろう」 
わからないでもないが、今の時期短パンは
ないでしょう。どうぞご自愛のほどを・・・。

DSC05364_convert_20170417212451.jpg

 さあ、山頂小屋も見えてきた。

 がんばろう。

どくず?

 「 もう、ここから帰るんかい?」って言うほど
どっぷりと腰を落としてしまった。

 二王子の代替え案として、ササヤンが
考えてくれたのは、うぐいす平辺りでの
読図の練習をって考えだったが、オラから
みるとどうも毒図練習のような様相にも
見えてきたのだった。

 んでも、ちゃんと、読図の練習もして
来たんだよ 

 そして重い腰を上げ、挑むのはうぐいす平
からの急登。

DSC05194_convert_20170411043931.jpg

 雪の状態は柔らかく、オラたちが良く言う
「ぞける」ような感じ。

 下手すると、せっかくササヤンが作ってくれた
足がかりが、ズルッとコケたりする。

 ここまで、つぼ足で登ってきたのだが、ここから
アイゼンは必要ないが、ピッケルを出す必要が
ある急登だった。

DSC05203_convert_20170411043949.jpg

 ダイエット?しているササヤンが、リズム良く
キックステップを使い登って行く姿は、見ている
者を魅了する。

 別に尖った小ピークの上に立つササヤンが
吠えたわけではないのだが、野獣たちが吠えた。
 「 ササヤンカッコイイ。」

 「私たちも・・・。」
 
DSC05204_convert_20170411044005.jpg

 続いて登って行った野獣たちが、ついに
雄叫びをあげた。

 「  やった~。」

 でも、ここは<焼峰山>の頂上ではないのだ。

 「 ここから先の雪の状態がイヤらしい。」

DSC05208_convert_20170411044023.jpg

 それに天気も段々下り坂。

 「 下りよう。」
 はーい。」

 ピークハンターではない、野獣たちは素直に
従い下り始めた。 

DSC05227_convert_20170411044040.jpg

 にぎやかな野獣たちの声が、天まで届き
「ピーチクパーチクうるさい。」と、ここ山の神が
嘆いたのか、その涙が一滴、二滴と頬に
当たることがあった。

 それでも山の神様は、我々をそんなに嫌った
わけでもないようだ。

 決して、オラたちを嘆かせるようなことは
しなかったのである。

DSC05230_convert_20170411044244.jpg

 車を停めてある地点に到着し、そばにあった
フキノトウを採っていると、ポツポツと本格的に
雨が落ちてきた。

 ササヤン隊長の見事な読みに、野獣たちも
さらに感激し吠えた。

「  さすが~  」

 その野獣たちが吠え続けるのは、むしろ
これからだろう。
読図勉強会が毒図宴会に代わるのだから。










ははっ(-_-;)

 「二王子に登ろう。」
 「良いね~。」
 「ただ登るだけじゃ嫌だ。」
 「そうだ、登って泊まろう。」

 こんな話が出てきた。

 土曜日はそれを実行に移すべく、新発田市に
到着。

 小国を7時50分頃   

 待ち合わせのコンビニに到着したのは9時。

 そこから移動して、宿泊場所に荷物を置き
車止めのある地点で準備し、歩き出したのは
10時を少し回った頃だった。

 10時23分 

   二王子と違うってですか・・・
 
DSC05168_convert_20170410051349.jpg

 そうです。
右側の標識に「滝谷登山口」とあるように、ここは
<焼峰山>の入り口なんですね。

 「呑んべ~美女と呑んべ~野獣」の登山隊
隊長はササヤン、隊員は 「 ったく、本当に
なんにもしねー人だから。」と朝起きて顔を
合わせた時から言われ続けている、オラ
とーちゃん こと、別名竹爺 
そして、たっちゃんとあやちゃん、さとちゃん
とも君、それに かーちゃん 。

DSC05171_convert_20170410051636.jpg

 ササヤンがまだ若かりし頃、何度も迷ったと
いううぐいす平まで、それはそれは今まで
聞いたことがないような程、ピーチクパーチクと
野獣たちが、叫び声ならぬ口撃を美女たちに
浴びせ続けながら歩くのだった。

 勘違いしないでほしいのは、野獣たちは
自ら「私たちが野獣よ。」とあやちゃんが言う
のだから、間違いないのである。

 つまり、美女と野獣がこの隊は逆になって
いるんです。

DSC05177_convert_20170410051428.jpg

 うぐいす平に12時着。

 <蒜場山>をバックに野獣たちが 

DSC05180_convert_20170410051448.jpg

 たっちゃんがその場で作ったハンバーガーを
全員にふるまう。

 「 ごっつぉ~さん。んっ」

 後ろで音がしたので振り返った。
  
DSC05183_convert_20170410051510.jpg

 「 やっぱり。」

 さすが呑んべ~野獣、あやちゃん。 

DSC05184_convert_20170410051533.jpg

 それにしても、あやちゃんそのアルミを
被せているものはな~に。

 みんなが興味津々。


続きを読む

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード