FC2ブログ

それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっぱり・・

 7月10日の火曜日、「打ち合わせがあるから集合して。」
その内容は、8月8~9日の「社員旅行について」だった。
 旅行幹事あやちゃんからの連絡で、オブザーバー  に
かーちゃんを入れて(本当はオラの運転手)の会議は
順調に進み、そしてとうとうその日を迎えた。

 8月8日朝、5時40分に家を出て一緒に参加する
たっちゃん家に。
6時10分頃到着して、たっちゃん家の車庫に入れたと
同時に、幹事長のあやちゃんとナイトウ社長、それにエンドウ
シェフが社長の車で到着。
 オラとたっちゃんが乗り込み「しゅっぱ~

 113号を東進し、白石インターから東北道で北進。
そして松尾八幡平インターチェンジで下り、一般道で向かう。
 松尾八幡平アスピーテラインに入り『松尾八幡平ビジター
センター』で休憩を取り、昼食用のおにぎり等を買い求め
向かったのは、『八幡平山頂レストハウス』

DSC02099_convert_20180810153013.jpg

 我々社員旅行の一行は、有料駐車場に停めずに無料の
駐車場に車を置いて、レストハウス近くから歩き始める。
 社員旅行と言っても、予算が限られているので幹事長が
調べ、有料駐車場の近くに無料駐車場がある事が分かって
いたんですね  さすが敏腕幹事長あやちゃん 

  社員旅行って、竹爺は非常勤国家公務員(年金
受給者)でないかえってですか・・・・・。
そりゃーそうですけどなぜか、たっちゃんとあやちゃんが
参加する旅行は、すべて「社員旅行」になるのだそうです。
 
DSC02101_convert_20180810153051.jpg

 『松尾八幡平ビジターセンター』から<岩手山>や八幡平
上部は、ガスが張られちょうど台風13号の影響も考えられ
天気はあまり期待できない状況でスタートした。

 しかし、歩き始めて15分もすると  

DSC02104_convert_20180810153128.jpg

 何と晴れてきたではないかえ。
ほら、鏡沼に着いた時にはすっかり青空をバックに 

 この沼は、5月下旬から6月上旬にかけて雪が溶け始めた
頃に現れるドラゴンアイが有名ですね。
ネット等でいろんな写真も見られますが、やはり自分の眼で
見てみたいと思った

DSC02106_convert_20180810153218.jpg

 20分ほどで<八幡平>頂上と思われる場所に着く。
だが、登山をしている感覚ではない。
トレッキングだが、あまりにも整備された道を歩くので
なんだか、平地を歩く感覚にも似ており、ハイキングの
ようでもあり遠足でもある。

 さあ、何が見えるか見晴らし台に登ってみよう 

DSC02112_convert_20180810153303.jpg

 アオモリトドマツの木々に遮られ、はるか向こうに雲海が
見える。

 ツアーをしている方々のガイドが登ってきて、ここからは
<岩木山>や<八甲田山>も見えると言っていた。
でも、この日天気が良くなってきたが眺望は360度あまり
期待できない感じでした。

DSC02113_convert_20180810154537.jpg

 社長が持ってきたドローンを飛ばし、上空から撮影し
後日、わらじぬぎ(はんばぎぬぎとも言う)で見せると
約束したのですが、じつはこのドローンが大変になるとは
この時点で誰も思わなかった。

DSC02118_convert_20180810153342.jpg

 ガマ沼と八幡沼の間にある展望台に1時間程で到着。 

 近くにありながら、これまで見えなかった<岩手山>も
顔を魅せて、みんな歓声を上げる 

DSC02125_convert_20180810153423.jpg

 「ここで昼ご飯にしましょう。」
幹事長の一声で、「は~い。」

 オラは、旅行計画書で何も必要がないけどガスバーナーを
持ってきてくれ、と幹事長から仰せつかっていたので本当に
それ以外なにも準備してなかった。

 でも社長たちはキュウリのワサビ漬けや、トマトの酢漬け
キュウリの佃煮等いろんなものを持ってきていた。

DSC02128_convert_20180810153523.jpg

 んまかった後は、さらにんまいコーヒーを飲むんだそうだ。
だから、ガスバーナーが必要なんですね。

 オラとシェフがガスで湯を沸かし、んまいコーヒーを
飲んだのですが、おこちゃまのオラは飲めないので、お茶を
代わりに飲む。 
 ん~。やっぱりこのティータイム雰囲気はおとなの遠足だ。

DSC02129_convert_20180810153609.jpg

 「いつまでも眺めていたいね。」
八幡沼の畔にある避難小屋「陵雲荘」のデッキでたっちゃんと
あやちゃんの背中がそう言ってる。
いつまでも居たいのはわかるが、まだ始まりに過ぎない。

DSC02136_convert_20180810153655.jpg

 木道がレールのように敷かれた池塘のある湿原を歩く。
とても爽やかで良い気分である。  

DSC02139_convert_20180810153737.jpg

 ゆっくり、ゆったりと歩き3時間程楽しんだ。

 十分楽しんだが、是非秋の紅葉時期にも来てみたい
そんな感じでした。

DSC02154_convert_20180810153832.jpg

 さあ大人の遠足、次の目的地に行こう。



スポンサーサイト
  1. 2018/08/11(土) 09:42:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

オラの知らないところで

 前夜は、「明日があるからいい加減にしろ!」と  に
言われたのと同じような状況でアルコールを止めたので
今朝は気分良く起きれた。

 さすが、トモ君はアルコール少々なのと、夜もぐっすり寝れた
ようで、朝早くから『白馬岳頂上宿舎』近くの稜線を歩いた
ようだった。

 「 オラも稜線に行ってくる。」
前日夕方、サンセットを見ることが出来なかったので稜線から
見える景色を確認したかった。

 「 朝食に間に合うように行ってこれっか?」
 そんなことは朝飯前だ。」

 標識の奥に<旭岳>がどっしりと構えてる。

DSC01937_convert_20180731062717.jpg

 <剱岳>方向もバッチリ。
こちらは、 『岳ちゃんツアー』 で8月に第1弾があり
そして9月には第2弾のツアーが予定されている。

DSC01941_convert_20180731062749.jpg

 朝飯前にすっきりした状態で散歩を楽しみ、5時30分
からの朝食バイキングを平らげて、「さあ下山しよう。」

 準備をしてみんな玄関口に集合したが、トモ君が来ない。
やがて下りてきて、「俺のポールも一緒に持ってきてくれた
のかな?」

 メンバーを見ると全員、ストックは持っているがもちろん
余分なストックは見当たらない。

 オラたちは、ストックをまとめて置いていたのでそこから
自分のを取ってきたが、誰のがあって誰のがないかなんて
全然気にもとめなかった。

 しかし、いるもんだね。
一番新しいストックを持って行くなんて確信犯だ。
ササヤンから聞いたことがあるが、ある場所ではテントを
持って行かれたことがあったそうだ。
まとめてある中から、そのストックだけを抜いてもっていった
から、けっして間違いで持って行ったのではないのだ 

 飯豊連峰でなら、各小屋に連絡して見つけてもらうことも
可能だから、そんなことはないだろうがアルプスは人が多く
探すことも困難だろう。
本当に残念だ。
わざわざ、これだけを盗りに来たのではないだろうから、一応
山行をやってる人に違いないが、人の物に手をかけて、それで
山を楽しむことができるんだろうか、本当に信じられない。

 みんな悔しさを噛みしめながら下山を始めた。

DSC01948_convert_20180731062826.jpg

 少しずつ下がるにつれ、みんなの気持ちも花畑の花々に
癒されるようになってきた。

DSC01957_convert_20180801174231.jpg

 当の本人は、アキちゃんから一本のポールを借りてまったく
気にせず楽しんでる。
後まで引かず、良い性格を持つトモ君に密かに拍手を送る。

DSC01959_convert_20180731062952.jpg

 葱平から下り、小沢にかかる仮橋を渡る。
もちろん落石には要注意だ。
ここさえクリアすれば・・・

DSC01961_convert_20180731063058.jpg

 ・・・もう、雪渓の上に出ることになる。
 
 白馬の雪渓。
もう少し、上に伸びていてくれれば、石転ビの雪渓を
歩いたことのある自分たちは、歩きやすかったかなと
思うのは、ここを登る方々には失礼な言い方かも m(__)m

DSC01963_convert_20180731063137.jpg

 昨夜爆睡して本調子がでたたっちゃんと二人でグングン
高度を下げて、かーちゃんの面倒を見てくれている、トモ君
アキちゃんを待つ。

 これから登って行くと言う小学5年生の男の子とすれ違う
三人。

DSC01974_convert_20180731063231.jpg

 『白馬尻小屋』で、コーラを一気飲みして、記念撮影を
しようとしたら、傍にいた若い男性が「撮ってあげますよ。」
ありがとう。と返事をしてカメラを渡すと驚いたことに
その彼が、「おもいっきり、変顔をして下さい。」

 そして撮った写真がこれ。 
 オラだけ変顔でないってですか。

 性格が出るんですね。
まじめな性格だから、そう言った提案に反応しないんです。
それにしても、みんなすぐ反応したのには逆に驚いた。

DSC01982_convert_20180731063320.jpg

 下山した後は、汗を流して途中で昼食を食べ、そしてさらに
糸魚川で寄り道。

 ここです。

DSC01988_convert_20180731063407.jpg

 いや~ここは凄かった。




 
続きを読む
  1. 2018/08/01(水) 18:43:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

そろそろ・・・

 お花畑を楽しみながら登り続け、ふと稜線に目をやると
 見えたど~。」
何とか、今日泊まる 『白馬岳頂上宿舎』 屋根の一部が
見えた。

DSC01764_convert_20180730111329.jpg

 ようやく見えてきた宿舎に安心したのか、途中で指導?
パトロールする関係者に、今まで撮ってきた写真を見せ
色々花の名前を教えてもらったりする。

 「パネルがありますよ。」

DSC01791_convert_20180730111440.jpg

 それがこれだ。

 「ふんふん、なるほどオオサカモチね。」
トモ君がうなづきながら見ている。
「違うわよ、オオカサモチよ。」
「あら、こんなところにイオンがあるわ。」
「違うよ。キオンだよ。」

 メンバーの中で突っ込みが入る 
それでも、しっかりメモをとったりしながら、一生懸命
覚えようとしていた。

DSC01780_convert_20180730111401.jpg

 パネルだけでは網羅できない程、色んな花が咲いて
おり、目的地も近くなったことから「あーだ、こーだ。」と
お喋りがにぎやかになってきた。

DSC01799_convert_20180730111527.jpg

 ミヤマキンバイ、シナノキンバイ、クルマユリ、ハクサンイチゲ
ハクサンチドリ、ミヤマキンポウゲ等々見てきたが、宿舎近くで
一段と鮮やかなイワギキョウを見ることができた。

 その近くにはトリカブトもあったらしい。
だが、オラは見つけることができなかったけれど、 が
真っ先に見つけたようだ。
常日頃、遅効性のある毒花に興味があることをオラは
知っている 

DSC01807_convert_20180730111633.jpg

 『白馬岳頂上宿舎』には猿倉荘からちょうど6時間で
到着。
 
 受付を済ませ、夕食の時間は5時からと言うことを
確認して、荷物も部屋に置き急いで<白馬岳>頂上に
登ることにした。

 あまり寝ていず、疲れもあることから翌日の朝に登っても
良いのかなと思ったが、台風12号の事もあるので天気が
なんとか良いうちに登ろうと決断したのでした。

DSC01810_convert_20180730111719.jpg

 とりあえず、『白馬山荘』 を目指す。

 『白馬岳頂上宿舎』の上部にあり、<白馬岳>の頂上が近い。
レストランではかき氷や生ビールもあるので、アキちゃんが
「ねぇ~、頂上を踏んだら生ビールを飲んでいこうよ。」
もちろんオラは賛成だが、宿舎の夕食時間が気になる。

DSC01813_convert_20180730111816.jpg

 「とりあえず、生ビール・・・ではなく、頂上を踏もう。」
時折掛かるガスも今はすっかり晴れてくれている。

DSC01818_convert_20180730111900.jpg

 振り返ると、ガスの切れ間に<杓子岳>その奥に<白馬鑓ヶ岳>
当初の予定では、白馬三山を廻る予定だったのですが台風の
影響は避けられず、<白馬岳>ピストンに変更したのです。

DSC01822_convert_20180730111946.jpg

 そして、『白馬山荘』到着。

DSC01836_convert_20180730112045.jpg

 記念写真を撮ったら頂上まではもうすぐだ、頑張ろう。





続きを読む
  1. 2018/07/31(火) 17:05:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

寝不足の中

 本日付の地方紙 『山形新聞』 に、鳥海山の登山ルポが
載っている。
 これは、毎年行われる『山形新聞』登山隊が、県内の色んな
山を縦走した記事を読者にルポするというものです。

 そこで活躍するのが、我らがスーパーガイドの岳ちゃん。
もちろん、今回もガイドとして主を担っている。

DSC02027_convert_20180730173853.jpg

さすがだね。

と感心したところで、いつものくだらないダラダラブログを
始めますか 



 7月27日の金曜日午前2時20分頃だった。
  「 ほら来たぞ、早く出ろ。」
自分のザックや荷物をほとんど外に出して待っていた
かーちゃんが叫んだ。

 ただでさえ声が大きいのに、夜中に静かにすれば良い
ものと思ってしまったが、これからへの期待も大きいから
自然と声も大きくなったのだろう。
そこはオラも大人だから、思わず「静かにしろよ。」と言うべき
所だが、逆襲に合ってもっと大きな声を出されると困るので
何も言わず、黙々とオラの荷物をたっちゃんと一緒に車で
駆け付けてくれたトモ君に手渡した。

 トモ君とは、たっちゃんと同様里山愛好会の仲間である。

 彼の運転する愛車で、先日月山に一緒したアキちゃんと
待ち合わせて到着したのは、長野県白馬村『猿倉荘』近くの
駐車場だ。

DSC01653_convert_20180729140532.jpg

 登山届を提出しいざ出発となったが、オラが引っ張るその
先には不安が渦巻いていた。

 台風12号の接近で、予定を練り直した結果が早朝出発
そして白馬雪渓を登り、<白馬岳>の頂上を踏むと言うもの。

 間もなく、『白馬鑓温泉小屋』方向に行く分岐が現れた。

DSC01656_convert_20180729140611.jpg

 林道を40分ほど歩くとやがて木道が現れ登山道らしく
狭くなってきた。

 途中の冷たい水でタオルマフラーを湿らせ首に巻く。
熱中症予防の一つでもある。

DSC01665_convert_20180729140651.jpg

 出発から1時間程で『白馬尻小屋』着。

 金曜日で台風接近。
オラたちみたいな物好きは、少ないと思っていたがやはり
日本でも有数の人気ある<白馬岳>登山。
明らかに、白馬の雪渓を見にここまでやってきたと思われる
方々も見受けられたが、かなりの人々がいる。

DSC01667_convert_20180729140730.jpg

 これから登る、白馬の雪渓をバックに 

DSC01670_convert_20180729140846.jpg

 アイゼン装着場所。
 次々と出発していく登山者。

DSC01673_convert_20180729142817.jpg

 我々も雪渓を登り始めてすぐだった。
関西弁を話すお母さんと、その少し後ろを小さな女の子が
下りてくる。
 女の子を励ましながら、お母さんが少し離れて下りるが
親子の愛情は近くでやり取りを聞いていてわかる 
オラも常々、女性の関西弁は柔らかいと思っている。
標準語の女性は、なんだか言葉が強く感じる。
もっと強く感じるのは・・・ねっ、言わずともわかるでしょ 
このブログの最初に出てくる言葉ですよ。

DSC01688_convert_20180729142858.jpg

 前日に登ってきたと言う女の子は小学2年生と言う。

 お母さんと一緒にこんな経験をしたら、将来はどんな
風に育つんだろうなんて、余計なことだが勝手に思ってしまう。
 オラも孫と一緒に登れたらこれ以上の幸せはないだろうが
しかし、その頃オラは病院か施設に入所か、なんて思わざるを
得ない悲しい性格に涙が出てしまう 

DSC01689_convert_20180729171532.jpg

 みんな可愛い女の子に癒されながら登ると、やがて
三大雪渓も終わり夏道に乗る。
 猿倉で救助隊の方は、秋道が出たと言ってたが、きっと
本来なら秋頃まである筈の雪渓が早く壊れてしまったので
あろう。

DSC01698_convert_20180729143116.jpg

 落石の危険がある個所を、気を付けながら素早く渡る。

DSC01709_convert_20180729143230.jpg

 そこを無事に通過すると、夏道は御花畑の様相を呈してる。

 題 「花と小雪渓と青空と登山者」 なぁ~んちゃって。

DSC01729_convert_20180729144140.jpg

 雪渓を登る時は、ガスが張っていた上部も青空が広がり
花はもちろんだが、アルプス特有の山肌を眺めながら
気持ちよく登れるのが最高だ。


続きを読む
  1. 2018/07/30(月) 09:00:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ひっぱられた?

 「明日は頑張ろう!」って、岳ちゃんから勧められた
日本酒も呑まず、ブルーシートの下で野宿に近い状況で
早めの就寝を図ったのでした。

 いつものように、寝れましたが途中で「岳ちゃん、何かに
刺されたようだ。激痛が走る。」とタクちゃんの声がする
ので起きた。
 左耳を何かに刺され、痛みが波を打つように走ると言う。

 そして一晩眠れずに過ごしたとの事。

 朝、元気のない状態だったが朝食を食べ、シートをたたみ
後片付けをするタクちゃん。

DSC01624_convert_20180726085153.jpg

 三人でどうするか色々話し合った結果、タクちゃん本人は
大事をとって「医者に行きたい。」と言う。
 
 タクちゃん一人で帰るか、それともいったんオラが下まで
送ってもう一度登り返して、岳ちゃんの後を追いかけるか。

 林道歩きも含め4時間ほど歩かなければならず、そこを
タクちゃんが痛がるのを一人で返すのもなんだし・・・
かと言って、登山口まで下ろしてオラが登り返す力もないし
・・・。

 そこで、タクちゃんと一緒に下山してオラがタクちゃんの
車で新潟まで行き、そこから電車で帰る方法の結論に
至ったのである。

DSC01625_convert_20180726085238.jpg

 タクちゃん、身体も疲れているだろうが精神的にも
参っている。

 「明日は、<大日岳>まで行って来いよ。」岳ちゃんにそう
言われ  オラも喜んでいたのだが、彼もまた残念と
思ったに違いない。

 何とか励ましながら下山を続けた。

DSC01627_convert_20180726085329.jpg

 登山道をふさぐブナの大木の枝を切り落とし、スムーズに
登れるようにしたり、また支障木を処理しながら下りた。

DSC01628_convert_20180726085412.jpg

 両足を川に浸しながらタクちゃん不得意の渡渉部をクリア。

 ここまで来て、飛び石をジャンプして転んだりしたら更に
とんでもないことになってしまうので、これが一番安全な
方法だ 

DSC01633_convert_20180726085502.jpg

 岳ちゃん車に到着。
 ホッとするタクちゃん。

DSC01635_convert_20180726085553.jpg

 「帰りに、湯ノ島小屋を偵察して行ってくれよ。」
岳ちゃんに依頼されたお願いでした。

 ふんふん  外観は良いようだ。

DSC01636_convert_20180726085649.jpg

 中もまずまずだ。

 岳ちゃんがここを使うから、調べておいてくれよと言う
から、少しは痛みの和らいだタクちゃんと二人でよく見る。

DSC01637_convert_20180726085742.jpg

 水場も良好だが、冷たさはあまり感じない。
トイレは、トイレットペーパーがもちろんない。

 それでも、野宿よりははるかに断然良い。
タクちゃんに言わせたら、高級ホテル並みだらしい。 

DSC01638_convert_20180726085835.jpg

 来るとき、トンネルから登山口まではすぐと感じていたが
実際に歩くと結構な距離。

 そして長くて真っ暗なトンネルを二人でヘッデンをつけて
歩いた。

 トンネルを出てからタクちゃんが面白いことを言ってきた。

DSC01640_convert_20180726085930.jpg

 「竹爺、トンネルの中でザックを誰かに引っ張られたような
気がしなかったか?」
 そう言えば確かに、引っ張られる感じはあった。」
 ザックが横に揺さぶられる感覚のようなものを感じていたのは
間違いなかった。

 タクちゃんは、「やっぱり・・・。」
それ以上の事を後は話してこなかった。

 岳ちゃん車から歩いて1時間ほどで実川発電所前を通過。

DSC01642_convert_20180726090017.jpg

 2時間で最後のゲートを通過しようとしたところ、工事関係の
車が5台ほど、ゲートまえで待機していた。

 関係者がゲートを開けて車が中に入って行った。

DSC01644_convert_20180726090114.jpg

 それから30分、重要文化財の五十嵐家住宅を通過して
タクちゃんの車まで戻れた。

DSC01645_convert_20180726090205.jpg

 林道歩きは、山を歩くのと違って大変だったが岳ちゃんも
よく頑張って歩いて戻ってきた。

 歩いているうちに痛みも和らぎ、オラの車を置いてきた岳谷を
通って新潟に帰ってくれるとタクちゃんが言ってくれた。
正直ありがたかった。

 大丈夫かと念を押したが、「大丈夫!」と言ってくれたので
感謝してお言葉に甘えた。

 タクちゃんはその後医者に行って処理してもらい、大事に
至らなかったが、オラは夜右目を何かに刺されたのか
大きく腫れてしまい、翌日もお化け状態。

 いずれにしても、おんべ松はワイルドだ。
次回来るときは、湯ノ島小屋に泊まっておんべ松に取りつく。
その時は荷物を最小限に抑え、軽く登るように心掛けなければ
ならない。

タクちゃんブログ 「弥彦日和」
 

 



  1. 2018/07/29(日) 09:15:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1206)
自転車 (72)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (73)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (58)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (188)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。