スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浮かぶのは

 7月2日(土)、有志による山開き前登山の
要項が決定ししました。

「飯豊連峰山形県側山開き」
「山開き前有志登山のご案内」
 
 山開きで登山を楽しみにしていた方は
どうぞ、こちらにお申し込みください。
 
 小国山岳会、長井山岳会の有志達が待ってます。





 あつみ温泉は初めてだった。
 海沿いからわずかだが離れる。

 御多分に漏れず、県内の温泉場はひなびた
温泉場という感じがする。

 都会の喧騒とした場所で生活している方々は
こんなところがいいんだろうな、なんて思った。

DSC02996_convert_20160614182405.jpg

 日本の名曲「雪の降る町を」は、この宿で
旅の疲れを温泉につかりながら癒し、わきあがった
イメージを中田喜直が作曲したとある。

DSC02999_convert_20160614182529.jpg

 到着するとすぐお風呂に入り、オラだも日々の
疲れを癒す。

 ひとりお風呂の中で中田喜直のごとく、脳内に
わき上がってくるのを待つ。
 だが、浮かぶのは詩どころかかーちゃんの
小言が浮かんでくる。

 「ほら、準備はできた?タオルは持った。」
 「ほら、何時まで上がってこい!」
 「ほら、夕食は何時からだよ!」
 「ほら・・・・・。」

 それでも、料理を前にするとすこぶる機嫌
良く、山形牛のステーキそして
 
DSC03005_convert_20160614181523.jpg

鮑の踊焼きを見て、「 すて~き ねえ  」
なんて、ひとりで受けて一人喜んでいた 

DSC03010_convert_20160614181631.jpg

 大好きな生ビールを呑んで、食って極楽を
味わい、翌日は早朝から温泉、バイキング朝食
そして朝市、足湯を楽しんで帰ってきた。 

DSC03016_convert_20160615071610.jpg

 我が家のお姉ちゃんありがとう。

 このようなプレゼントはいつでも受け付けるので
またよろしくお願いします 
 
スポンサーサイト

ちょっとそこまで

 7月2日(土)、有志による山開き前登山の
要項が決定ししました。

「飯豊連峰山形県側山開き」
「山開き前有志登山のご案内」

 




 もうすぐ父の日だからってわけでもないのだが
嫁いだ娘から、「両親に。」と戴いた旅行券が
あり、それで「 週末、ちょっと温泉にでも。」
なんてかーちゃんが前から計画してくれた。

 あまり遠くに行くと疲れて逆効果になるので
近場の温泉、それも魚料理を期待して、同じ
山形県の「あつみ温泉」に決めていた。

 ここんところ、オラは毎週のように山に行って
るのだが、かーちゃんは山にも登れず、この日が
来るのを首をなが~くして待っていたようだ。

 オラのところから「あつみ温泉」までは、一度
新潟県に入ってから国道7号を利用するのが
良いのだが、今年はまだ愛チャリと一緒に
走ってない、笹川流れの海沿いを北進する
ことにした。

DSC02977_convert_20160613061220.jpg

 潮風の香りが新鮮で、気持ちの良い海岸線。

 車窓から干物が見えた場所があった。

 ちょっと車を停め、中に入ってみると 
あった、岩牡蠣だ。

 その場で食べられるというのでもちろん注文。
 
 なんとも言えない磯の香りと、口の中は
海のミルクでいっぱいになる。
 「 んま~い  」

DSC02978_convert_20160613061324.jpg

 サザエのつぼ焼きも食べた。

 最高だ。

 「 呑んでもいいよ。」って言って
くれたけど、お楽しみはお風呂の後にする
ことにして我慢した 

DSC02982_convert_20160613061434.jpg

 いいね、イイネェ~。

 海を見ながら、まったりと過ごす人がいる。

 何を話しているんだろう。

 彼のことでもあろうか。

 かーちゃんとその友達なら、こんな場合でも
オラの悪口を言うんだろうなぁ~。

DSC02991_convert_20160613061709.jpg

 それにしても、久しぶりの海。
 心踊るようだ。

DSC02985_convert_20160613061550.jpg

 あっ!
 オラ、泳げねえんだった。
 


NM

 その日は前日の金曜日と違って、朝から
少し小雪がぱらついていた。

 「 土曜日、<経塚山>にでも登りましょう。」

 姉弟子からの連絡で準備をして、待ち合せ
場所である、とある駐車場に向かった。

 オラは合羽の上下を着て、直ぐにも登れる
ような服装だったが、待ち合わせに到着すると
姉弟子のハイジは、どうも山に登るような
雰囲気とそれとは明らかに違っていた。

 「 今日は天気が悪いから止めましょう。」
 「 ・・・
 「 新潟に行きましょう。」
 「 

 天気もさほど悪くないのに、新潟で登山の
買い物をしたいのだと言う。

 夜勤明けだったかーちゃんに連絡。

 「 もー、ハイジったら・・・」
 
 んでもって、新潟の盟友達に連絡を取り
急遽「新潟ミーティング」をすることになった。

 『ICI新潟店』 でハイジが欲しがってた
靴とウエアを購入する間に盟友ササヤン
アキちゃんと合流。

 その後は、『ビストロ DE またのり』 

 いよいよ「新潟ミーティング」の開催。

DSC00920_convert_20160118053130.jpgDSC00924_convert_20160118053322.jpg
DSC00925_convert_20160118053548.jpgDSC00926_convert_20160118053731.jpg
DSC00927_convert_20160118053920.jpgDSC00928_convert_20160118054109.jpg

 んまかったなぁ~

 この5人がアルコール抜きで食事をしながら
話をする事なんて考えられなかった。

 あっ、ハイジは白ビールを飲んだけどね。

 

 
 

滝の湯

 名残惜しいが「愛宕山荘」を後に
小野川温泉に向かった。

 「里山愛好会」のエンドーさん達から
小野川温泉に新しい共同浴場が今年
出来たと言うので、そこに行ってみる
事にしたのでした。

 小野川温泉は、その昔小野小町が
父の消息を尋ね米沢に辿りつき病に
倒れ、薬師の霊夢により「この奥に
いで湯がある。」と教えられ、いで湯に
浸かり身体を休め、病を治したと言い
伝えられているそうだ。

 小野川温泉、湯は「滝湯」と言うとも
書かれている共同浴場『滝の湯』に
到着。

 料金250円は、組合が加入している
近くのお土産屋さん他、商店で入浴券を
購入するシステム。

 その券を、脱衣所にある個々の脱衣箱に
透明のケースがあるので、入浴中はそこに
入れておく。

 湯からあがり着替えが終わった後に
大きな「券回収箱」に入れて退出するのです。

 「私は入浴料を払って湯に浸かっている」と
誰にもわかるようにする為なんですね。

P1140315_convert_20150304211317.jpg

 源泉掛け流し100%の湯は柔らかく
温まり、とっても良い湯でした。

 直ぐ側には「かまくら村」が作られて
おり、この中にはテーブルがあり
 
 ここでは、温泉街の各食堂から出前を
受け食べる事が出来るんです。

P1140316_convert_20150304211406.jpg

 オラ達は、出前を取らずに、近くの
『龍華食堂』でらーめんを食べる事に
した。 

P1140319_convert_20150304211457.jpg

 オラとササヤンは今限定の「豆もやし
らーめん」

P1140321_convert_20150304211546.jpg

 かーちゃんは、たぶん昨夜の孫さんに
繊維質を取れと言われた影響からだと
思うが、メンマらーめん。

P1140322_convert_20150304211636.jpg

 何時でもノリノリのアキちゃんは
 やっぱり、ノリノリらーめんを
注文。

P1140323_convert_20150304211729.jpg

 鶏と煮干し系の昔ながらの味に
満足しての御帰還となりました。

 愛宕篇  です。 感謝。





 

きもちだよ

 三連休二日目も温泉三昧。 
 もちろん泊まりじゃない。

 選んだのは、新潟県阿賀野市にある
『安田温泉やすらぎ』

 ネットで温泉を調べていたら、ここに
何だか惹かれたようだ。

 思い立ったら即実行とばかりに出発。

 新発田市内を通り現地までゆっくり
2時間ほどかけて到着。

P1130348_convert_20141124062707.jpg

 館内は、昔瓦工場だった所と言うので
広いが床暖房が行きとどいている。

 早速、お風呂に直行して毒を抜く。

 泉質はナトリウム-塩化物強塩泉と
謳ってある。

 あったまりの湯で毒を抜いた後は
また毒を注入。

 昼寝して、また風呂に入る風呂三昧。

P1130351_convert_20141124063042.jpg

 温泉を楽しんだ後は、かーちゃんの
運転で近くの『安田ヨーグルト』に行き
ヨーグルトとヨーグルトのお酒を購入。

 満足して、次の目的地村杉温泉へ。

P1130354_convert_20141124063133.jpgP1130363_convert_20141124063905.jpg

 村杉温泉共同浴場『薬師乃湯』に
到着したが、駐車できない。

 人気の温泉で泉質は放射能泉。
 つまりラジウム温泉とも言う。

P1130360_convert_20141124063335.jpg

 ラドンとトロンが一定量以上含有されて
いるのがラジウム温泉と定義されている
と言う。
 
 ラドンは、血管を早く老化させる中性脂肪
コレステロ-ル窒素化合物などは速やかに
体外へ排出され、組織の中では、凝りや
痛みの原因となっている老廃物の化学反応が
急速にすすんで短期間で解消。

 トロンは細胞の隅々まで血液の循環が
促進されて、体の芯から暖まることができると
言うことらしい。

P1130359_convert_20141124063234.jpg

 うんうん、なんだか身体が軽くなった
様な気がする。

  そんなに簡単に?ってですか。
「・・・・・気持ちです、気持ちなんです。」




 
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。