それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

電車

 前日は水をかけられ風邪でも引いたらどうしようと
思っていたのですが、全然そんなことはなかった。
正直ホッとしました。

 15日も快調に朝を迎え、前に来たときはプーケットと
バンコク観光だったので、メークロン駅まで来ることは
無かったのですが、今回は弟にお願いして案内してもらう
事にしました。

 メークロン駅まで、バーンレーム駅から電車に乗る予定を
立ててもらい、ホテルから早朝に前日同様アルファードで
移動。
 この移動が楽しい。都会的なバンコクから田舎に向かう
光景が何とも言えず好きだ。

 9時5分にバーンレーム駅着。

DSC09167_convert_20180424142231.jpg

 静かな駅には、駅舎でなく人々が生活する長屋が
線路に沿っている。

 人はまばらだったが、その長屋には土産物を売る
店等があり、また暑いのか家の戸を開けて生活して
いる場(マナー違反なので撮らないけど)が垣間見え
不思議な感じがした。

DSC09172_convert_20180424142309.jpg

 三両編成の電車は、座席がプラスチックそのまま。
決して座り心地の良いものとは言えないが、これから
始まる車窓に流れる景色を期待すると、あまり気に
ならなかった。

 この電車に、乗ってるのはほとんど地元の人であり
外人と言えば我々だけ。とても静かな車内で得した気分。

DSC09178_convert_20180424153919.jpg

 塩田風景が多かったが、それでも驚いたのは道路を
横切るオオトカゲを見たことだった。
写真には撮れなかったが、ワニ?と思うほどの大きな
トカゲだった。

DSC09184_convert_20180424142344.jpg

 沿線に住む人々の生活感を感じることができ、窓から
飛び込んでくる木々にもドキッとしたり(決して顔や手は
危険で出せない。)刺激のあるこの列車の旅は、最高の
旅となった。

DSC09191_convert_20180424142508.jpg

 そして1時間後、メークロン駅に近づいてきた。

 タイに来る前からワクワクしていた場所だ。

DSC09197_convert_20180424142552.jpg

 写真やテレビでは見たことがあるのだが、実際目の
当たりにして驚く。
人と電車の間隔が半端なく近い。

DSC09199_convert_20180424142633.jpg

 電車を下り、さっそく市場散策に出た。
電車が通り過ぎれば、瞬く間に線路はテントで遮られ
市場は活況を増す。

DSC09221_convert_20180424162945.jpg

 オラたちには尋常でない暑さの中、驚くのが市場で
物を売る人の感覚だ。

 この暑さの中で一旦熱くなった鉄ははおそらく手で
触ることはできないであろう。

 その鉄の塊と言える線路のすぐ傍に野菜とはいえ
商品を並べるのだから、日本人には考えられないし
きっと無理だろうね。

DSC09222_convert_20180424163033.jpg

 ゆっくり線路沿いの市場を歩いていると、突然
パ~ンと聞きなれた汽笛。
 
続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/04/25(水) 17:08:10|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご満足

 4月6日
 
 前日の夜、夕ご飯を食べてる時かーちゃんと娘が「花見に
行こうか!」と話をしていた。

 この時期花を見ると言えば福島の花見山でしょう。と
一度行ったことのある娘が言うので、まだ見たことのない
かーちゃんが、「 行ぐべぇ。」と即決。

 婿殿には、帰りにお土産を買ってくることで了解を得て
孫ちゃんを連れての 
しばしの家族孝行にオラ満足だった。

DSC08774_convert_20180423171840.jpg

 4月12日は成田まで行き、翌日富山に単身赴任して
いる弟と待ち合わせ、これまた単身赴任している一番
下の弟の住むバンコクに飛んだ。

DSC08899_convert_20180424060138.jpg

 弟の嫁さんは、2年前に夫婦で遊びに行ってるので
今回は行かないよと  に言ってきたので3人で
出かけることにしたのである。

 成田10時40分初でバンコク18時着。
弟が車で迎えに来てくれ一度滞在するホテルでTシャツに
着替えて(当日の最高気温は36度だったらしい。)
タイレストランに直行。
冷たい  はまるで「梅花皮大滝」のように、胃の中に
流れ落ちるのであった 

DSC08919_convert_20180424055956.jpg

 翌日も、空港同様に専属の運転手と弟が早朝に
ホテルに迎えに来て、アユタヤ観光に出かけた。

 ビルマがアユタヤに侵略したとき仏像の頭を切り
落とし、その頭が年月を経て菩提樹の茎に絡んだ
仏頭はあまりにも有名で、まずそこにかーちゃんを
案内。

DSC08940_convert_20180424060217.jpg

 アユタヤ王朝が隆盛の頃は、黄金色に輝いていたと
言う仏塔は悲しい歴史を今は刻んでいた。

DSC08990_convert_20180424060307.jpg

 象に乗ったことのない、オラとかーちゃんが象に乗る。
けっこう匂いが・・・。
それに、当たり前だろうが乗り心地が・・・・

DSC09053_convert_20180424060350.jpg

 ビルマの攻撃から逃れた寺院には、お参りできる本堂が
あり、そこで蓮の花、お線香三本、ロウソク一本がセットに
なったものを購入して、タイの方々に交ってお参りしてきた。

 本堂すぐ側には涅槃像もあり、また仏塔の中にも入る
事が出来たので、暑かったけれど良かった。

DSC09008_convert_20180424081828.jpg  DSC09020_convert_20180424081906.jpg
DSC09026_convert_20180424081947.jpg  DSC09045_convert_20180424083702.jpg

 「朝食は食べなくていいよ、ブランチにするから。」
案内の弟に前日の夜言われていたので楽しみにして
いたアユタヤのレストラン『Baan Mai Rim Naam』
川海老では有名な店で、行列ができる。

 川べりの特等席をチョイス。
そこで、トムヤムクンスープと川海老を食べた。

DSC09082_convert_20180424060436.jpg  DSC09089_convert_20180424060515.jpg

 流れる汗は、「白糸の滝」のごとくビールを流し込み
一時的に抑えることができ、その後はゆっくり観光
することができたのは言うまでもない。

DSC09119_convert_20180424060604.jpg

 アユタヤから帰り、バンコクを流れるチャオプラヤー川
の観光船に乗り、川からワット・アルンを眺める。

DSC09148_convert_20180424060647.jpg

 船を下りてからは、弟の住むマンションに行き、近くの
タイマッサージで疲れをとる。
ガイドツアーと違ってゆっくり中身の濃い観光ができ
かーちゃんもご満足の一日だった。









続きを読む
  1. 2018/04/24(火) 17:08:16|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浮かぶのは

 7月2日(土)、有志による山開き前登山の
要項が決定ししました。

「飯豊連峰山形県側山開き」
「山開き前有志登山のご案内」
 
 山開きで登山を楽しみにしていた方は
どうぞ、こちらにお申し込みください。
 
 小国山岳会、長井山岳会の有志達が待ってます。





 あつみ温泉は初めてだった。
 海沿いからわずかだが離れる。

 御多分に漏れず、県内の温泉場はひなびた
温泉場という感じがする。

 都会の喧騒とした場所で生活している方々は
こんなところがいいんだろうな、なんて思った。

DSC02996_convert_20160614182405.jpg

 日本の名曲「雪の降る町を」は、この宿で
旅の疲れを温泉につかりながら癒し、わきあがった
イメージを中田喜直が作曲したとある。

DSC02999_convert_20160614182529.jpg

 到着するとすぐお風呂に入り、オラだも日々の
疲れを癒す。

 ひとりお風呂の中で中田喜直のごとく、脳内に
わき上がってくるのを待つ。
 だが、浮かぶのは詩どころかかーちゃんの
小言が浮かんでくる。

 「ほら、準備はできた?タオルは持った。」
 「ほら、何時まで上がってこい!」
 「ほら、夕食は何時からだよ!」
 「ほら・・・・・。」

 それでも、料理を前にするとすこぶる機嫌
良く、山形牛のステーキそして
 
DSC03005_convert_20160614181523.jpg

鮑の踊焼きを見て、「 すて~き ねえ  」
なんて、ひとりで受けて一人喜んでいた 

DSC03010_convert_20160614181631.jpg

 大好きな生ビールを呑んで、食って極楽を
味わい、翌日は早朝から温泉、バイキング朝食
そして朝市、足湯を楽しんで帰ってきた。 

DSC03016_convert_20160615071610.jpg

 我が家のお姉ちゃんありがとう。

 このようなプレゼントはいつでも受け付けるので
またよろしくお願いします 
 
  1. 2016/06/15(水) 07:32:54|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ちょっとそこまで

 7月2日(土)、有志による山開き前登山の
要項が決定ししました。

「飯豊連峰山形県側山開き」
「山開き前有志登山のご案内」

 




 もうすぐ父の日だからってわけでもないのだが
嫁いだ娘から、「両親に。」と戴いた旅行券が
あり、それで「 週末、ちょっと温泉にでも。」
なんてかーちゃんが前から計画してくれた。

 あまり遠くに行くと疲れて逆効果になるので
近場の温泉、それも魚料理を期待して、同じ
山形県の「あつみ温泉」に決めていた。

 ここんところ、オラは毎週のように山に行って
るのだが、かーちゃんは山にも登れず、この日が
来るのを首をなが~くして待っていたようだ。

 オラのところから「あつみ温泉」までは、一度
新潟県に入ってから国道7号を利用するのが
良いのだが、今年はまだ愛チャリと一緒に
走ってない、笹川流れの海沿いを北進する
ことにした。

DSC02977_convert_20160613061220.jpg

 潮風の香りが新鮮で、気持ちの良い海岸線。

 車窓から干物が見えた場所があった。

 ちょっと車を停め、中に入ってみると 
あった、岩牡蠣だ。

 その場で食べられるというのでもちろん注文。
 
 なんとも言えない磯の香りと、口の中は
海のミルクでいっぱいになる。
 「 んま~い  」

DSC02978_convert_20160613061324.jpg

 サザエのつぼ焼きも食べた。

 最高だ。

 「 呑んでもいいよ。」って言って
くれたけど、お楽しみはお風呂の後にする
ことにして我慢した 

DSC02982_convert_20160613061434.jpg

 いいね、イイネェ~。

 海を見ながら、まったりと過ごす人がいる。

 何を話しているんだろう。

 彼のことでもあろうか。

 かーちゃんとその友達なら、こんな場合でも
オラの悪口を言うんだろうなぁ~。

DSC02991_convert_20160613061709.jpg

 それにしても、久しぶりの海。
 心踊るようだ。

DSC02985_convert_20160613061550.jpg

 あっ!
 オラ、泳げねえんだった。
 


  1. 2016/06/14(火) 07:12:06|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NM

 その日は前日の金曜日と違って、朝から
少し小雪がぱらついていた。

 「 土曜日、<経塚山>にでも登りましょう。」

 姉弟子からの連絡で準備をして、待ち合せ
場所である、とある駐車場に向かった。

 オラは合羽の上下を着て、直ぐにも登れる
ような服装だったが、待ち合わせに到着すると
姉弟子のハイジは、どうも山に登るような
雰囲気とそれとは明らかに違っていた。

 「 今日は天気が悪いから止めましょう。」
 「 ・・・
 「 新潟に行きましょう。」
 「 

 天気もさほど悪くないのに、新潟で登山の
買い物をしたいのだと言う。

 夜勤明けだったかーちゃんに連絡。

 「 もー、ハイジったら・・・」
 
 んでもって、新潟の盟友達に連絡を取り
急遽「新潟ミーティング」をすることになった。

 『ICI新潟店』 でハイジが欲しがってた
靴とウエアを購入する間に盟友ササヤン
アキちゃんと合流。

 その後は、『ビストロ DE またのり』 

 いよいよ「新潟ミーティング」の開催。

DSC00920_convert_20160118053130.jpgDSC00924_convert_20160118053322.jpg
DSC00925_convert_20160118053548.jpgDSC00926_convert_20160118053731.jpg
DSC00927_convert_20160118053920.jpgDSC00928_convert_20160118054109.jpg

 んまかったなぁ~

 この5人がアルコール抜きで食事をしながら
話をする事なんて考えられなかった。

 あっ、ハイジは白ビールを飲んだけどね。

 

 
 
  1. 2016/01/18(月) 06:56:50|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1163)
自転車 (71)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (67)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (56)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (185)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード