それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

失礼では・・

 目が覚めると、夢ではなかったことに気づかされた。
 
 通常の晩酌以上に呑んでしまうと、翌日はいつもと
違って身体の水分量がほとんどアルコール分で満たされる
そんな感覚に襲われ、あまり気分の良いものではない
のだが、今日はそうではなかった。
きっと昨夜の宴会がとても楽しいものだったからに違いない。

 朝のお化粧を済まし  昨夜の懇親会場に行くと 
すでに、すっかり片付けも終わり代わりにみそ汁の鍋
そして、おにぎりがノベさんの奥さんの手で準備されて
いました。

 ただでさえ、オラたちが押しかけて迷惑なのに朝
早くから朝ごはんを作っていてくれたのでした。
感謝と申し訳ない気持ちで胸いっぱいでしたが、しっかり
腹いっぱいになるまで食べちゃった。

 ノベさんが作り、昨晩食べさせるのを忘れたという
なまこのはらわた(海鼠腸)もしっかり頂きました。
日本酒が欲しくなってどうしようもなかった。

DSC09515_convert_20180427173121.jpg

 ネモフィラのある 『国営ひたち海浜公園』 は、本来
9時30分の開園時間だが、オラたちが訪れた日は7時
30分の開園。

 7時頃到着すると、開園ゲート前はもうすでに数百人
並んでいました。

 ここから先はいつものように、オラの写真はあまり良く
ないので、トモ君の 『なんぱら南原』 でご覧あれ。

DSC09551_convert_20180427173242.jpg

 オラが撮るのはこんなとこばかりさ。

 ユカチン、たっちゃん、あやちゃんの女性陣はこう言う。
「私たちがモデルになってやろうか。」
グンちゃんはじめノベさん、ジョージさん、トモ君はなぜか
黙っていたり、ネモフィラを見たりして知らないふりを
していたのをオラは知っている。
 こんなにきれいな女性陣に対して、「 失礼では・・・」
ただひとり思ったオラでした 
ねぇ~、ユカチン、たっちゃん、あやちゃん。

DSC09550_convert_20180427173158.jpg

 みんなで。

DSC09592_convert_20180427173335.jpg

 それにしてもすごい人出でした。
 
DSC09599_convert_20180427173425.jpg

 ネモフィラを見た後は、広い公園の中を散歩しながら
ゲート前に近づくと、今度はチューリップが咲き乱れ
オラたちを迎えてくれた。

 このチューリップの写真もトモ君ブログでどうぞ。

DSC09614_convert_20180427173533.jpg
DSC09617_convert_20180427173617.jpg

 出口のゲート前では、アンケートを記入するとネモフィラ
ファイルを頂く事が出来、全員しっかり記入してきました。

 ちかくの大型ショッピングセンターで休憩し、ノベさんの
別荘に戻り休憩。
ここでも、ノベさん手作りの珍味イカのワタを利用したと
いうイカサシを頂いた。
また飲みたくなった 

DSC09622_convert_20180427173704.jpg

 そこはなんとか我慢して米沢への帰途に就いたのでした。

 とても楽しい「大人の修学旅行」、たっちゃんたちは別の
呼び方で「社員旅行」と言うらしいが、一生忘れられない
茨城への旅でした。

 茨木軍団のみなさまや里山愛好会の有志達とユカチン
本当にありがとう。
また誘ってください。おしょうしなでした。















スポンサーサイト
  1. 2018/04/28(土) 17:03:38|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おったまげ~

 タイから帰ってきてすぐ、茨城のグンちゃんとノベさんの
所に遊びに行ってきた。

 昨年から、茨木軍団のノベさんが別荘を持ってる話が
オラの耳に聞こえてきていた。
共通の友人たちが、「ノベさんの所に遊びに行こうよ。」と
話が今年に入ってから具体的になり、グンちゃんとノベ
さんから、「どうせならネモフィラが満開の時に来いよ!」
そんな話でまとまった。

 里山愛好会のたっちゃんが音頭を取り、トモ君が予定を
立ててくれ、会費等の詳細はたっちゃんとあやちゃんと
オラで案を練った。

 4月21日(土)朝5時に米沢集合し、運転手はトモ君
助手席にジョージさん、その後ろはユカチンとオラで
更にその後ろはたっちゃんとあやちゃん。

 車内はのっけから、賑やかな「大人の修学旅行」が
始まる。

一足早くトモ君ブログ 『なんぱら南原』 でご覧あれ。

 とりあえずビールじゃなくて、9時40分頃に友部
インターを降りたところで合流した、グンちゃんと案内役の
ヒロちゃんの8人でとりあえず、百名山<筑波山>に連れて
行ってもらった。

 すごい人出で、女体山の頂上には行列ができ、中々
進まない状況であったが何とか狭い頂上にわずかながら
数分滞在。 

DSC09432_convert_20180427094317.jpg

 そしてすぐさま、男体山に向かうが、途中でガマの油売り
口上を見たり、そして昼食の場所ではグンちゃんからの
サプライズ、保冷材で包装し背負ってきた「ところてん」を
ごちそうになる。

 13時05分頃男体山を下山開始。
すでに心ここにあらずのメンバーは、ノベさんたちが準備
している別荘に気持ちが向かっていた。

DSC09451_convert_20180427094356.jpg

 下山後はグンちゃんに案内され、お風呂で汗を流し
いざノベさん待つ別荘へ。

 ノベさん宅に到着。その庭には素晴らしいセッティング
された懇親会場があった。
だが何より先に目に映るは  

DSC09469_convert_20180427094438.jpg

 一気にのどに流し込んだビールの、んまいことったら
何にも代えがたい。

 だが、席に着くなり、出てくるわ出てくるわ  

 生タコ刺身、ホタテ刺身の盛り合わせ。

DSC09474_convert_20180427094527.jpg

 サザエの刺身は肝をつぶしてそれに絡めて食べる。
 カツオのノッケ盛りは皿から溢れんばかり。

DSC09477_convert_20180427095010.jpg  DSC09489_convert_20180427095047.jpg

 アユの塩焼き、蛤焼き。

DSC09496_convert_20180427095134.jpg  DSC09500_convert_20180427095209.jpg

 山形から持参した米沢牛や漬物など、そして茨城の
干物等々。

1524464970795_convert_20180427095848.jpg  1524464978487_convert_20180427095923.jpg

 いや~。これには山形軍団参ってしまいました、と
言うよりおったまげてしまった。

1524464950423_convert_20180427095744.jpg  1524464956279_convert_20180427095809.jpg
DSC09490_convert_20180427100121.jpg  DSC09494_convert_20180427100205.jpg

 ビールに、日本酒、ワイン・・・・・
 おらぁ~おったまげたまま、翌日目が覚めるまで夢だと
思ってた。

 ネモフィラを見に来たはずだが、行けるのだろうか?





 


 
  1. 2018/04/27(金) 17:04:04|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今度はひとりで

 ランチを楽しんだ後は、水上マーケットに行ってきた。
タイでは、ダムヌンサドゥアック水上マーケットが有名だが
メークロン市場を見学した後だったので、方向的に
名ガイド役の弟はあまり、観光客の少ないアンパワー
水上マーケットに連れて行ってくれたのでした。

1524645213132_convert_20180425184053.jpg

 前にタイに観光できた時はダムヌンサドゥアック水上
マーケットだったので、その時とは違い川べりのマーケット
と言う、感じでした。
 
 ちょうどソンクラーンの水かけ祭りで、タイは日本の
お盆休みみたいなものなので、タイ全土からの観光客が
色んな所に集まってきているようだった。 

DSC09249_convert_20180425184401.jpg

 お決まりのボートに乗り観光としゃれこんだのですが
なんと、3時間のツアーでクタクタ。
川べりにある寺院を巡るボートツアーだったのでした。
でも、川べりで生活している民家を眺めるのは、覗き
趣味ではないのですが、面白かったよ。

DSC09261_convert_20180425184623.jpg

 この日は、メークロン市場行の電車に乗ったり、さらに
ボートに乗ったりと疲れましたが、なんと夜は最高の
場所に連れて行ってもらいました。

 中華料理屋さんでフカヒレのスープ等で軽く腹を
満たした後の締めに、ルーフトップバーに連れて行って
もらいました。

 49階の屋上にあるバーは圧巻だった。
『オクターブ』 を予約しておいてくれた弟に大感謝。

1524645443445_convert_20180426060926.jpg

 最上階の席はすべて欧米人で満席。

 49階屋上では、まず考えられないであろう
爽やかで心地よい風が、オラたちの頬をなでて
行ったのでした。

DSC_0374_convert_20180426060956.jpg

 すでに、中華料理店でビール等のアルコールをたっぷり
身体の中にしみこませていたのだが、ここは締めとして 
シャンパン。

DSC_0382_convert_20180425184245.jpg

 久しぶりに再会した兄弟での話は尽きない。
大都会バンコクの夜景のなか、久しぶりに再会した兄弟
での話は尽きない。

DSC09309_convert_20180425184804.jpg

 「明日は、バンコクの寺院巡りで明後日には帰るから
そろそろお開きにしようか。」





続きを読む
  1. 2018/04/26(木) 18:54:21|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電車

 前日は水をかけられ風邪でも引いたらどうしようと
思っていたのですが、全然そんなことはなかった。
正直ホッとしました。

 15日も快調に朝を迎え、前に来たときはプーケットと
バンコク観光だったので、メークロン駅まで来ることは
無かったのですが、今回は弟にお願いして案内してもらう
事にしました。

 メークロン駅まで、バーンレーム駅から電車に乗る予定を
立ててもらい、ホテルから早朝に前日同様アルファードで
移動。
 この移動が楽しい。都会的なバンコクから田舎に向かう
光景が何とも言えず好きだ。

 9時5分にバーンレーム駅着。

DSC09167_convert_20180424142231.jpg

 静かな駅には、駅舎でなく人々が生活する長屋が
線路に沿っている。

 人はまばらだったが、その長屋には土産物を売る
店等があり、また暑いのか家の戸を開けて生活して
いる場(マナー違反なので撮らないけど)が垣間見え
不思議な感じがした。

DSC09172_convert_20180424142309.jpg

 三両編成の電車は、座席がプラスチックそのまま。
決して座り心地の良いものとは言えないが、これから
始まる車窓に流れる景色を期待すると、あまり気に
ならなかった。

 この電車に、乗ってるのはほとんど地元の人であり
外人と言えば我々だけ。とても静かな車内で得した気分。

DSC09178_convert_20180424153919.jpg

 塩田風景が多かったが、それでも驚いたのは道路を
横切るオオトカゲを見たことだった。
写真には撮れなかったが、ワニ?と思うほどの大きな
トカゲだった。

DSC09184_convert_20180424142344.jpg

 沿線に住む人々の生活感を感じることができ、窓から
飛び込んでくる木々にもドキッとしたり(決して顔や手は
危険で出せない。)刺激のあるこの列車の旅は、最高の
旅となった。

DSC09191_convert_20180424142508.jpg

 そして1時間後、メークロン駅に近づいてきた。

 タイに来る前からワクワクしていた場所だ。

DSC09197_convert_20180424142552.jpg

 写真やテレビでは見たことがあるのだが、実際目の
当たりにして驚く。
人と電車の間隔が半端なく近い。

DSC09199_convert_20180424142633.jpg

 電車を下り、さっそく市場散策に出た。
電車が通り過ぎれば、瞬く間に線路はテントで遮られ
市場は活況を増す。

DSC09221_convert_20180424162945.jpg

 オラたちには尋常でない暑さの中、驚くのが市場で
物を売る人の感覚だ。

 この暑さの中で一旦熱くなった鉄ははおそらく手で
触ることはできないであろう。

 その鉄の塊と言える線路のすぐ傍に野菜とはいえ
商品を並べるのだから、日本人には考えられないし
きっと無理だろうね。

DSC09222_convert_20180424163033.jpg

 ゆっくり線路沿いの市場を歩いていると、突然
パ~ンと聞きなれた汽笛。
 
続きを読む
  1. 2018/04/25(水) 17:08:10|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご満足

 4月6日
 
 前日の夜、夕ご飯を食べてる時かーちゃんと娘が「花見に
行こうか!」と話をしていた。

 この時期花を見ると言えば福島の花見山でしょう。と
一度行ったことのある娘が言うので、まだ見たことのない
かーちゃんが、「 行ぐべぇ。」と即決。

 婿殿には、帰りにお土産を買ってくることで了解を得て
孫ちゃんを連れての 
しばしの家族孝行にオラ満足だった。

DSC08774_convert_20180423171840.jpg

 4月12日は成田まで行き、翌日富山に単身赴任して
いる弟と待ち合わせ、これまた単身赴任している一番
下の弟の住むバンコクに飛んだ。

DSC08899_convert_20180424060138.jpg

 弟の嫁さんは、2年前に夫婦で遊びに行ってるので
今回は行かないよと  に言ってきたので3人で
出かけることにしたのである。

 成田10時40分初でバンコク18時着。
弟が車で迎えに来てくれ一度滞在するホテルでTシャツに
着替えて(当日の最高気温は36度だったらしい。)
タイレストランに直行。
冷たい  はまるで「梅花皮大滝」のように、胃の中に
流れ落ちるのであった 

DSC08919_convert_20180424055956.jpg

 翌日も、空港同様に専属の運転手と弟が早朝に
ホテルに迎えに来て、アユタヤ観光に出かけた。

 ビルマがアユタヤに侵略したとき仏像の頭を切り
落とし、その頭が年月を経て菩提樹の茎に絡んだ
仏頭はあまりにも有名で、まずそこにかーちゃんを
案内。

DSC08940_convert_20180424060217.jpg

 アユタヤ王朝が隆盛の頃は、黄金色に輝いていたと
言う仏塔は悲しい歴史を今は刻んでいた。

DSC08990_convert_20180424060307.jpg

 象に乗ったことのない、オラとかーちゃんが象に乗る。
けっこう匂いが・・・。
それに、当たり前だろうが乗り心地が・・・・

DSC09053_convert_20180424060350.jpg

 ビルマの攻撃から逃れた寺院には、お参りできる本堂が
あり、そこで蓮の花、お線香三本、ロウソク一本がセットに
なったものを購入して、タイの方々に交ってお参りしてきた。

 本堂すぐ側には涅槃像もあり、また仏塔の中にも入る
事が出来たので、暑かったけれど良かった。

DSC09008_convert_20180424081828.jpg  DSC09020_convert_20180424081906.jpg
DSC09026_convert_20180424081947.jpg  DSC09045_convert_20180424083702.jpg

 「朝食は食べなくていいよ、ブランチにするから。」
案内の弟に前日の夜言われていたので楽しみにして
いたアユタヤのレストラン『Baan Mai Rim Naam』
川海老では有名な店で、行列ができる。

 川べりの特等席をチョイス。
そこで、トムヤムクンスープと川海老を食べた。

DSC09082_convert_20180424060436.jpg  DSC09089_convert_20180424060515.jpg

 流れる汗は、「白糸の滝」のごとくビールを流し込み
一時的に抑えることができ、その後はゆっくり観光
することができたのは言うまでもない。

DSC09119_convert_20180424060604.jpg

 アユタヤから帰り、バンコクを流れるチャオプラヤー川
の観光船に乗り、川からワット・アルンを眺める。

DSC09148_convert_20180424060647.jpg

 船を下りてからは、弟の住むマンションに行き、近くの
タイマッサージで疲れをとる。
ガイドツアーと違ってゆっくり中身の濃い観光ができ
かーちゃんもご満足の一日だった。









続きを読む
  1. 2018/04/24(火) 17:08:16|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1183)
自転車 (72)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (70)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (57)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (186)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード