西俣の峰、その先は東側斜面の雪庇が大きく
せりだしている。

 三匹穴方向および頼母木方面は、少しガスが
張り中々見えにくい状態。

DSC05124_convert_20170402121054.jpg

 「 これから沢山亀裂が出てくるから注意して  」
「は~い  」と全員が
答えて進んで行く。
 
DSC05126_convert_20170402121147.jpg

 だがその直後でした。
「  

 オラの後、二番手のタマチャンが、隠れクレパスに
落っこちた。

 「気をつけろよ。」って言ってるのに・・・

 亀裂を新雪が隠しており、その部分はわずか
色が違っているので良くみればわかる。

 だが、お喋りや他に気を取られて歩くと、その
亀裂個所に気が付かない。

 写真は撮らなかったが、結構深かった 

 <杁差岳>が「気をつけて歩け!」と言ってる。

DSC05128_convert_20170402121208.jpg

 大雪原に出た。

 ここまでくると、亀裂に気を使うことなく
辺りの眺望を楽しむことができるようになり
先頭をタマチャンに譲った。

 あっ、前回のブログでホーリーから先頭を
バトンタッチしてから下山までオラが引っ張った
と言うのは嘘だった 

DSC05131_convert_20170402121227.jpg

 振り返る西俣尾根。
天気はイマイチだが、みんなすこぶる調子が
良い。

 ゆっくり楽しみながら歩いてくるホーリー。
まっ、この位年齢を重ねると先を急がない
ことになるんだろう  オラもだが・・。

DSC05133_convert_20170402121250.jpg

 タマチャン、ペーター、みどりちゃん。
若さゆえ  だろう。グングンピッチを上げ
大雪原に風の悪戯で出来た壁を乗り越えて
行くのであった。

DSC05137_convert_20170405051143.jpg

 12時20分。枯松峰に到着。

 驚いたことに、上空の天候とは裏腹に
我々がいる場所は、まったくの無風状態。

DSC05140_convert_20170405051253.jpg

 そこから少し下がった平らな場所に
テーブルを作り、みどりちゃん持参の
ノンアルでみんな「かんぱ~い。」

 ペーターが持ってきた、ゴボウの燻製
んまかった。「これは に合うぞ。」

 出た~。
タマチャンの嫁さん家のイチゴを使ったジャムと
生クリーム乗せ~。

 オラの作ったなめこ汁。

 ホーリーの蛤焼き。 

DSC05149_convert_20170405051400.jpg

 「  んま~い  」を連発してお喋りを
楽しむこと1時間。

 「 名残尽きないけどそろそろ・・・。」

 みんな無口になる。

DSC05151_convert_20170405051509.jpg

 また来るよ西俣。
 その時も、穏やかであってくれ。

 そうみんなで願いながら下山した筈・・・・・


 

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード