下りたくはないが

 30分ほど梅花皮小屋で休んだ。
小屋の辺りは花畑の様相を呈している。
 
 弥輔副会長の小屋番は8日までで、9日は下山予定。
一人寂しく・・・なんて思ってるととんでもない。
5日は、なんと岳女達が沢山慰問に訪れるという。

 彼のフェイスブックは有名だ。
写真もきれいで人気がある。そこで情報も公開して
いるので、「慰問に来てください。」と言えば、もちろん
飯豊大好き人間なら、「おっ。」と思うはずである。
 ただ、言えるのはなぜか女たちばかりである 

 まっ、これから賑わう小屋の事など想像すると
面白くなくなるから、「 ホーリー、早く帰っぺ。」 

 10時17分出発。 

DSC06626_convert_20170808122511.jpg

 東京から、トレランで飯豊に来たという方に写真を
撮ってもらった。

 その方と話をすると、朝3時30分に梶川尾根を
登ってきたという。
駐車場で準備しているとき声をかけたグループの
ようだった。
 どこから登るの?」
「いいとよ山って言うんですか?名前が分からないん
です 
「・・・・・ 登山届は出しましたか。」
「はい、出しました。」
 気を付けて登れよ。」と言って送り出した人
たちのひとりでした。

 弥輔さんにお礼を言って<北股岳>に登る。

DSC06636_convert_20170808122645.jpg

 梅花皮小屋から<北股岳>そして門内小屋までは
イイデリンドウをはじめ、オヤマノエンドウ、タカネ
マツムシソウ、ツリガネソウ、チシマギキョウ、タカネ
ナデシコ等々花盛り。

DSC06632_convert_20170808122603.jpg

 10時36分、<北股岳>到着。
ここには、亡くなったオラの友人の写真を埋めた
場所がある。彼に話しかけホーリーとここでまったり
時間を取った。

 途中、弥輔さんと今日登ってくる山岳会の仲間が
喋っている無線機に、ブレイクをかけたところ、弥輔
さんが「お前、まだそんなところにいるのか  」

 今年新しくなった鳥居の前で手を合わせて下り
始めたのは11時でした。

DSC06644_convert_20170808122740.jpg

 いや、綺麗だった。
何度も飯豊に登っているが、晴れの日は格別に
ご褒美を山の神は惜しみなく登山者に与える。

 「 下りたくないな。」
 「 んだな。」

 ここにいる人でなければならないだろう。
身体に感じる風、見渡す風景、そして匂いまでも
感じられる飯豊の稜線は登山者の憧れでもある。

DSC06652_convert_20170808122856.jpg

 だが、いつもこのような景色に出会えるとは
限らない。
 時には荒々しく、一旦荒れてしまえばこれから
通過するギルダ原は、歩く者を飛ばしてしまうような
風が通過する時もあるのだ。

 今日は穏やかだ。
タカネマツムシソウの向こうに、二つ峰と<二王子岳>が
見える。

DSC06655_convert_20170808122916.jpg

 11時50分に門内小屋到着。
 今日の小屋番は長谷川さんでした。ササヤンと交代
する9日までいるとの事。

 休憩していると、我が山岳会の新入会員大内田君が
やってきた。

 みんなで少し談笑。

DSC06662_convert_20170808123051.jpg

 さて、そろそろ下りようか。
 そういえば、我が山岳会のDr.まっちゃんが良く
言ってた。
「日帰りで梶川を登ってきた時、下山の目安時間は
いくら遅くても12時を回ってはいけない。」

 ホーリー、そろそろ帰らねばなんねぇーぞ。

いくら下りるのが嫌でも帰らねばなんねぇ~。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード