大丈夫よ。

 梅花皮小屋が見えてきた。

 <北股岳>は、石転びから上がってくるガスと
新潟県側から上がってくるガスがぶつかり合い
時折見えなくなったりしている。

DSC06997_convert_20170930060848.jpg

 梅花皮小屋で水を補給、休憩をとる。

 もうすでに、昨夜の小屋番はいない。
予想通りだった。と言うのも、御西小屋を出る時
博士とシミケンさんに「 梅花皮小屋で小屋番を
しているハイジに、竹爺たちが今出て行った。」と
無線で連絡を入れてくださいとお願いしていた。
すると彼は「でも、ハイジは竹爺たちが梅花皮小屋
に到着するまえには出発して、いないかも・・・。」

 実は、ハイジと縦走前に連絡を取り、梅花皮小屋で
合流して、「一泊で下山するペーターと一緒に
帰ってよ。」と話してあったのだ。

 その話をシミケンさんに言ったら、「ハイジはきっと
いないだろう。」と予測したが、オラもそんな感じが
していた。
 
 そして、<梅花皮岳>でもうすぐ到着するよと無線をで
ハイジを呼んだ。
「梅花皮小屋〇〇7〇〇〇、こちらは〇〇7〇〇〇」
「は~い〇〇7〇〇〇、私はもう梅花皮小屋を
5分前に出ました~。」
「  やっぱり・・・・。」

 タマちゃんが言った。
「ハイジさんは、きっと5分前よりもっと早くでたと
思うよ  」
 
DSC06999_convert_20170930060906.jpg

 石転ビ沢の雪渓は、ガスが湧いておりあまり
見えなかったが、本石転ビから北股の出合い
付近辺りまでわずか、残っているように見えた。

DSC07000_convert_20170930060923.jpg

 <北股岳>を通過し、本山方向を振り返ると
もうすでにガスが張っていた。

 ペーターと別れる時が近づいてくるが、下山
時間の都合もあるので歩を進めていく。
 
DSC07003_convert_20170930060946.jpg

 <門内岳>付近でトレランの方とすれ違ったが
その前にも数人見かけた。
前日も雨の中男女のトレラン方に抜かれ、下山
してくるその彼らとスライドもした。
結構のトレラン愛好者が飯豊を駆け回っている
ようだ。

 軽装で足下を見ると、我々の登山靴と違って
足首がもろに露出しているスニーカータイプの
靴なんで、小石で躓いたりこねったりしないかと
他人事ながら心配になったりする。

DSC07008_convert_20170930061025.jpg

 門内小屋に到着し、しばし休憩したのちいよいよ
ここでペーターと別れる。
寂しかったが仕方がない。
どうしても、翌日の仕事に出なければならないのだ。

 これから下山してお風呂で汗を流し、先に天狗平に
回しておいた愛車で福島に帰る。

 「気を付けて~。」
11時20分に見送ったが、その後メールで15時30
分に無事下山しましたと連絡が届いたのでした。

DSC07012_convert_20170930061043.jpg

 二日目は少し体調がすぐれなかったという
みどりちゃんのペースに合わせ、ゆっくりと
頼母木小屋を目指した。

 扇の地紙で  を向けると、少し良くなって
きたのか笑顔でポーズ。

 看板はタマちゃんの知り合いが作製した
ものらしく、上手く書けないと言って裏は
失敗だったらしく、門内の字が逆さになってる。
こちらを表にしたかったんだろうね 

DSC07023_convert_20170930061101.jpg

 それにしても、気持ちの良い稜線歩きだ。
 
 いつ歩いても違う景色が目の前に現れる
のだから飽きが来ない。
 べ、別に飽きと秋をかけた洒落じゃないよ。

DSC07028_convert_20170930061121.jpg

 良いね、良いね~。
 良いで、飯豊~。

DSC07037_convert_20170930061202.jpg

 <地神山>を通過すると、<頼母木山>が
ガスの合間から見えてきた。

 草紅葉と他の木々の紅葉の色のバランスが
良く綺麗だった。

 素敵なこの画を眺めながら、ふと頭によぎる
ことが・・・
このまま進み、みどりちゃんの体調も考えて
予定通り頼母木小屋に泊まるか、それともその
先、杁差小屋まで進むか、足りない頭がクルクル
回転して答えを探そうとしている。

 すると、そんな考えは無用とばかりみどりちゃん
 頼母木でゆっくり休んで杁差小屋まで
行きましょう。」

 オラとタマちゃんが口をそろえ「大丈夫?」
 大丈夫よ。」

DSC07043_convert_20170930061221.jpg

 12時58分、地神北峰を通過。

DSC07044_convert_20170930061241.jpg


 
スポンサーサイト
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード