それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

自然消滅

 2月に「<長井葉山>の小屋に泊まろうよ。」
「うん、良いよね  」 正月山行に参加した山友達が
一斉に頷いた。

 ホーリーが日程調整して、2月24~25日に決行する
案内を出してくれたのですが、中々仕事の都合等で皆が
揃うという事が出来なかった。

 残念だったが他に参加可能の山友達を募り、道の駅に
集合。
白兎尾根と勧進代尾根両方から近い蔵京十文字の除雪
最終地点まで乗り合わせて移動し出発。

DSC08070_convert_20180405182447.jpg

 ホーリーと岳人長井のウツギさん、ササヤン、アキちゃん
みどりちゃん、タマちゃん、たっちゃん、フカ君それに
かーちゃんも参加して全部で10名。

DSC08073_convert_20180405182532.jpg

 泊まりの気楽さ故、のんびりと登る予定だったが、正月
同様にスタート時は快調な滑り出しだったものの、上部に
行くにつれ、やはり冬山の厳しさを葉山の神は我々に
否応なしに与える。

 こうなると、気持ちは早く小屋に辿り着きたくなってしまう。

 初参加のたっちゃんは、緊張からか普段はパワフルな
登りで先頭をグングン行くのだが、なんと足が攣るという
初めての経験。やはり葉山の神の洗礼か・・・ 
かーちゃんに至っては、久しぶりの登山に呆れられたのか
稜線で強風に煽られ飛ばされた。稜線の淵を歩いていれば
きっと滑落したかも知れない程だった。 

 小屋に到着すると、屋根から迫り出した雪庇がストーブの
煙突を包み込み、容易に暖を取らせてはくれない。
急いで男性陣はスコップ片手に、分厚くなった雪の塊を掘り
下げ、ホーリーが秋のうちに準備してくれていた薪に火を
与えてストーブに命を吹き込んだ。

 ここまで来れば、皆にも余裕が生まれそれぞれのザックから
いろんな食材が湧き出てくる 

DSC08076_convert_20180405182619.jpg

 メインは肉料理。
そして、森伊蔵。

 前日に、北アルプスに行って帰ってきたばかりで疲れて
いる筈のササヤンも、なんとか笑顔が戻ってきた。

 そして、日中から始まった夜会は延々と続き、しまいには
燥ぎすぎたオラは、「 そろそろいい加減にして寝ろ。」と
一喝され、その様子をまざまざと見せつけられた山友達は
まるで自分が怒られたのでは?と勘違い。這う這うの体で
シュラフに潜り込み、夜会は自然消滅 
いつの間にか強風も自然消滅していた。
葉山の神も、かーちゃんに一喝されたか。

DSC08079_convert_20180405182703.jpg

 おかげで翌日は皆体調万全。
 
 朝食後は、トレッキングを楽しんだ。
生憎眺望はイマイチだったが、それでも山歩きが大好きな
男と女。 

DSC08095_convert_20180406160026.jpg

 遊んだ。楽しめた。思う存分。

DSC08098_convert_20180406160102.jpg

 イザベラ・バードが「東洋のアルカディア」と称した
置賜平野を皆が見る。

 この景色、この気持ち。ここに立つ者しかわからない。

DSC08121_convert_20180406160150.jpg

 「また会おう。」
 約束はするのだが、登山口が近づいてくると自ずと
口数が少なくなる。

 楽しみを共有できた分だけ、別れが惜しくなる。

DSC08150_convert_20180406160246.jpg




スポンサーサイト
  1. 2018/04/06(金) 17:40:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1197)
自転車 (72)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (70)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (58)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (188)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード