FC2ブログ

それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

楽しく登って・・・

 土曜日にオラが愛宕山荘でちりめんじゃこを作っている
時、かーちゃんと山友アキちゃんはサクランボ狩りを楽しんで
いた。

 そのアキちゃん達と愛宕山荘に泊まって、翌日の日曜日に
近くの山に登る計画を立てたようだった。
山には、アキちゃんの他に里山愛好会のたっちゃんも一緒に
同行しオラも参加することになった。

 だが、かーちゃんの体調がイマイチ良くないらしく一緒に登る
ことはかなわなくなってしまいました。

 そこで、急遽オラが先週に御西小屋から大日杉に下りてきた
時に、御坪から<地蔵岳>までヒメサユリが最高だったので
大日杉から、切合小屋を目指すルートに変更した。

DSC01197_convert_20180704062319.jpg

 日曜の朝、我が家に泊まったアキちゃんと、その朝駆け付けた
たっちゃんの三人で5時に出発。

 大日杉小屋6時出発予定で準備。
小屋に挨拶に行くと、飯豊山岳会のきっちゃんや山友のリョウ
ちゃん達が朝食を食べていた。

 きっちゃんに見送られ、予定時刻で出発。
6時25分にザンゲ坂を登り切った時、なんかいつもと違い
半端なく汗が噴き出すことに驚いた。

 前日呑んだからなのではなく、朝から日差しが強く前日の
夕方に降った雨で地面で濡れ、それが蒸発するときの
熱を身体に感じるのか、ムンムンするので不快感が湧いて
くるのです。

DSC01198_convert_20180704062401.jpg

 噴き出す汗にてこずりながらも、1時間ほどで長之助清水
到着。

 長之助清水では、今までのほぼ平行移動の登山道が崩れ
新たに少し下りてから横移動する新道が作られていた。
ロープを伝っていくのだが、地面が濡れておりたっちゃんは
行くのをためらったほどだった。 
 それでも身体は冷たい水を欲しがり、さすがのたっちゃん
汲みに行かずにはいられなかった。

DSC01201_convert_20180704062439.jpg

 清水を飲んで元気を出したあきちゃんとたっちゃん。
10分ほど休憩して出発。 

DSC01202_convert_20180704062536.jpg

 途中で立ち休憩する。
汗が噴き出す手に、たっちゃんが渡してくれたものは
凍らせたこんにゃくゼリー。

 これから夏にかけてのおやつにはもってこいの
塩レモン。
冷たくて んま~い。

DSC01204_convert_20180704062747.jpg

 8時45分に<地蔵岳>到着。
その少し前から、先週にはなかった姫様がお出迎えしてくれた。

 ほら、たっちゃんが指さす方向にも姫君。

 さあ、ここで休憩した後は狂喜乱舞する姫君たちが現れる
ところに突入だ  

DSC01205_convert_20180704062832.jpg

 ついに姫君たちの中へ突入。

 ?・・・だが、先週と少し違う雰囲気。

DSC01208_convert_20180704062909.jpg

 若く濃い色の姫様がいないのだ。
それに、画には撮らないがかなりしぼんでる。

 つぼみもいくつかあったのですが、なんだか今週の
山開きの時に、魅力的な姫様が現れてくれるのか
気になりました。

 下山後、 『白川荘』 のお風呂でリョウちゃんと
会ったときその話をしたら、「結構暑い日が続いたからその
影響があるのじゃないかな。」って話していた。

 変わったところで、先週にはほんの少ししか咲いてなかった
ニッコウキスゲが所々でヒメサユリとコラボしていたのは
良かった。

DSC01210_convert_20180704062959.jpg

 「 なんか先週より、少ないような気がするな。」
「十分だよ。結構咲いてるじゃない。」

 御坪手前でようやく、狂喜乱舞にふさわしい姫君達の
出迎えを受けた。

DSC01218_convert_20180705173048.jpg

 でも、雲行きが怪しくなってきてそれまで見えていた
<飯豊本山>が隠れ始める。

DSC01220_convert_20180705173154.jpg

 10時30分、御坪到着。

 「 御坪で撤退しようか?」
そう提案すると、二人とも「良いよ~。」
 楽しく登って楽しく下りるが基本の我々。

 同じく日帰りで御坪から帰ると言う、登山客に頼んで
シャッターを押してもらいました。

DSC01221_convert_20180704063043.jpg

 かなり暑かった。
水分補給にもかなり気を使って歩いてきたが、相当の
エネルギーを消費した感覚を覚えた。

 帰りの事を考え、栄養も補給ししっかり休憩。
 
DSC01224_convert_20180704063126.jpg

 「 さあ、姫様達を見ながら帰ろう。」

 帰りに御坪のすぐ近くで、女性の登山者が我々に声を
かけ、「稜線まで行って来られましたか?アイゼンを持って
来てないのですが、雪渓の状態はどうですか?」
 みるからに、かなり疲れた様子。

 聞けば、神奈川県から来たようで、途中道に迷ったり
しながら朝大日杉に着いたようで、我々が出発する時を
見ていたらしかったが、あまりに疲れ出発が遅れたらしい。

 途中で雪渓をトラバースしなければならない箇所がある
ので、十分気を付けるようにと言ったが、調べて来なかった
のか、あるいは重くて車に置いてきたのか、それにしても
考え方が甘い。

 気を付けて行くようにと声をかけ、その後に出会った
二人連れの男性の登山客に事情を話し、サポートして
切合小屋まで連れてってほしいとお願いしました。

 雪渓をはじめ登山道、水場の情報はもちろんですが
熱中病対策なども含めしっかり準備をして登ることが
より求められる季節になりました。

 楽しい登山を心掛けましょう。









 




スポンサーサイト
  1. 2018/07/05(木) 18:20:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1206)
自転車 (72)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (73)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (58)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (188)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。