幸せ満喫~

 時折、登って来たところを振り返る。

 カメラの液晶画面が、眩しくて感覚で撮る事しか
できないほどの好天だ。

 今まで歩いてきた道が見える。

 今、こうして自分の足で歩いて振り返る事できる
幸せを、思い切り感じとる事が出来る。

 師匠が急斜面で振り返り、自分達を撮ってくれる。
 
 師匠にも、歩いてきた道がハッキリ見えている。

 きっと、とーちゃん よりも、ずっとハッキリと・・ 

P1050349_convert_20120331173046.jpg

 そして、前を向けばこれから登る急登が待っている。

 「とーちゃん の人生もこんなもんか  ・・・・
なぁーんちゃって 

 それにしても、「西俣の峰」の手前の急登は
45度位の急傾斜がある。

 正面からは、壁となって見え残雪期の「石転ビ
草付き」を彷彿させる。 

P1050352_convert_20120331182744.jpg
P1050353_convert_20120331173214.jpg

 クリア、そして「西俣の峰」へと上がる師匠。

P1050356_convert_20120331173302.jpg

 昨年、4月3日に「西俣の峰」に登った時の
事が思い出される場所に到着しました。
  「西俣の峰城」   懐かしいです。

 とにかく素晴らしい天気に、師匠とハイジも  

P1050358_convert_20120331173353.jpg

 <朳差岳><鉾立峰>が青空に映える。

 とーちゃん 花粉症なので目から涙が出てしまう。
右袖で素早く目頭を吹いて、静かで思ったことを
あまり口に出さないのだが、言ってみた。
「来てよかった・・  」

P1050362_convert_20120331173446.jpg

 涙を拭くのに手間取るその間に、師匠達は次の
ポイント「大ドミ」に向けて足を運ぶ。
 
P1050363_convert_20120331173533.jpg

 <朳差岳><鉾立峰>が優しく見守ってくれる所を
登るというより歩くのだが・・・

 しばらく行くと、<朳差岳>の麓である
新潟県関川村の「大石ダム」に流れる「東俣川上流」
の谷に大きく流れ込む斜面が出てくる。

 思いのほか急斜面でピッケルを出し慎重に
歩いて行くのですが風の影響を受けているので
斜面が思いのほか固く滑りやすくなっている。

P1050368_convert_20120331173715.jpg

 その場所の反対方向にある雪屁部は、もっと危険な
状態であり、亀裂が薄い氷と雪で覆い隠されている。

 写真の左下から中央にかけて色の変わっている
部分は亀裂を隠している所だ。

 現に、ソロの女性が落ちたと思われる痕があり
師匠が「まさか、ここにいるのでは・・・」と穴を
覗きこみ本気で心配したが、足跡を発見して安堵する。

P1050369_convert_20120331173806.jpg

 普段なら、黄砂で汚れている雪なのだろうが
前日天候が悪く雪が降ったようで、とーちゃん の
心と同じで  真っ白な世界を醸し出してくれている。

 風もない状態での絶好のロケーションに 

 おいしい空気を腹一杯吸い込んで「幸せ気分満喫~」
そう叫びたくなりました。 

P1050378_convert_20120331173851.jpg

  ※ 師匠のH/P 「飯豊朝日連峰の登山者情報」 ご覧ください。
どうやら一足先に、<頼母木山>に到着したようです 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード