しあわせだなぁー

※ 只今金環日食中で、我が町小国からも太陽が
  欠けていくのがみえました。
  

  さて、昨日の続きです。

 雪渓に一歩踏み出した地点は、地竹原でした。

 全体が雪渓に覆われていますが、所々に亀裂が
入っており、ルートを慎重にとりながら、久々の
雪渓歩きを堪能します。

P1060753_convert_20120520161422.jpg

 思いのほか、風が強く向かい風を受けながらの
歩行になりましたが、それでも嬉しいです。

 また、今年も雪渓を歩くことができる喜びと
飯豊連峰から吹き下ろしてくる風を、思い切り
吸い込んで、胸がいっぱいになりました 

P1060755_convert_20120520161545.jpg

 胸はいっぱいでも、さすがにお腹はいっぱいに
ならず、梶川の出合いを過ぎた大石の上で一本
入れます。 

P1060758_convert_20120520161644.jpg

 歩き出してから、2時間45分ほどで「石転ビの
出合」に到着。

 また、今年もやってくることができた「石転ビ」

 今回の山行で、師匠が「俺は幸せだなぁー  」と
ふと洩らした言葉です。

 健康で、楽しい山登りができることは、最高の
幸せです。
 
P1060763_convert_20120520161810.jpg

 上部は、霧に覆われていますが、これからの予報は
マーク、それに とーちゃん 晴れおとこぉー

P1060764_convert_20120520161858.jpg

 右岸から降ってきた石の跡が面白いですが
たぶん、音もしないで転がってくるんでしょうね。

 直撃したら、人間なんてひとたまりもないです 

P1060766_convert_20120520161943.jpg

 デブリは左岸からの跡がクッキリと残って
いました。 

P1060768_convert_20120520162024.jpg

 この石転ビの雪渓を登る場合、安心して休憩
できるところはあまりないのですが、比較的
安心できる休憩ポイントである、本石転ビの沢
向かいで、アイゼンを装着します。

P1060773_convert_20120520162126.jpg

 雪渓は、アイゼンを装着するほどの固さでは
ありませんが、スリップで体力を消耗するのを
防ぐことができるので、楽です。

 さあ、もう少しです。
今年初の「梅花皮小屋」





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日食写しましたよ

こにちは
石転ビ沢 いいですね 
今年は例年になく 雪が多いですねユウスケG樽口峠 泡の湯公会堂から
歩いて行きました 咲いていたんです 二番目に咲く 一本桜嬉しかったです

ユウスケさんへ

ユウスケさんおはようございます。

さすがですね。
写真を撮るのはお手の物ですもんね。
自然の被写体は、時間や天候によってどんどん
変わるので、とーちゃん には難しいです(汗

今の時期野焼きする、樽口のワラビ園も
まだのようでした。
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード