末尾に吉報

 昨日21日(月)曜日は、山岳会の企画委員会で
顔合わせ。つい飲みすぎ酔っぱらって、ブログを
捜査し写真だけ公開という、お粗末な結果になって
しまった  

 さて、気を取り直してあらためて更新しなおしだ。

 

 石転ビ沢は、高度を上げるにつれて、急坂登りと
なっていく。

 「石転ビの出合」から見ると、晴れた日などは
とても美しく小屋も見えて、そんなに高度差も
感じられない。

 しかし、体調が思わしくないなどと言いながら
登れる雪渓ではないことが、ここに足を踏み入れると
すぐわかる。

P1060778_convert_20120521204947.jpg

 以前、こんな事実があったという。
登山客から、小国の警察署に「白馬の雪渓を登る前に
石転ビの雪渓で練習をしたいので・・・・」と
状況を問い合わせてきたことがあったそうだ。

 山を知る小国警察署の方が 「・・・逆だろう  」と
しばし絶句して返事をしたと言います。

 北俣の出合に到着。

 通常ここで1本取るのですが、師匠はどうやら
スルーして、一気に登りつめるようだ。

 それにしても今日の風は強く、休憩で羽織った
ヤッケのままでも、汗をかかない状況。

P1060780_convert_20120521205138.jpg

 師匠がこの時期選ぶコースは、北股側からの
落石のリスクを減らすために、黒滝の右岸から
登る。

 しかし、ここはかなり急であり、石転ビ沢一の
急登になる。

P1060781_convert_20120521205227.jpg

 日頃の不摂生からくる、だらしなく緩んだ
両足のふくらはぎや、ハムストリングが悲鳴を
上げてくる。

P1060783_convert_20120521205423.jpg

 油断すれば即滑落するだろう 
 
P1060785_convert_20120521205503.jpg

 本石転ビの対岸から休憩なしなので、時折
 を出して、立ちどまって休憩する 

そしてついに、小屋の屋根がチョビッとだけ
姿を見せ始めた 

 同時に風もなくなった。

P1060787_convert_20120521205547.jpg

 「石転ビの出合」から3時間ほどで小屋に
到着しました。 

P1060788_convert_20120521205631.jpg

 今までのガスも一気に晴れ、<北股岳2024,9m>が
その雄姿を見せてくれた 

P1060789_convert_20120521205712.jpg

 管理人室に入って腰を下ろすと、ドアの外は
まるでドラえもんの「どこでもドア」のような
別世界に見えた。

P1060790_convert_20120521205759.jpg

 「飯豊朝日連峰の登山者情報」  師匠のH/Pで
この様子と山行時間や記録が見れます。

  吉報です。飯豊町役場で聞いてきました。
   飯豊町の大日杉小屋まで21日から   
   一般車が入れる事になりました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

梅花皮小屋

おはようございます
石転ビ今なら 登れる気がします しかし ピッケルとアイゼンどこかに
あると思いますが 分かりません 登山靴も・・・

ワラビ園 樽口峠の山頂付近は 小玉川ワラビ園で 泡の湯方面
樽口ワラビ園は 反対の樽口集落 ですね 谷間にあるワラビ園 そちらからも
樽口峠に出られますよね 

泡の湯からのコースは道が崩れていて 5月8日に行ったとき 土木作業員の方々が
数人来ておられました その前に 道路の状態を調査しに 一人で樽口峠まで登られた方がいて
カモシカ2頭がケンカして 凄かったと いっていました 
私より 早く樽口峠の一本桜を写しに来た方は 峰伝いに登ったと調査の人が言っていました
私には 出来ません 雪で覆われて 崩れた道を1時間かけて 歩きました
そうして 一本桜の一寸下 にその方がおられました 新潟市から来たとか・・・
へいー 新潟から・・・ そいう私も にいがたからww

こんにちは。

待ちに待ったレポ、ワクワクしながら拝見してます。
やはりHZU師匠はじめ、小国山岳会の皆さんの情報が無いと、
怖くて入れない場所ですもんね。

ようやく滑り納めに向かう気持ちの準備が出来ます。

機会があれば山で一献したいですね。

ユウスケさんへ

おはようございます。

樽口峠に行く道路は、かなり壊れているみたいで
「通行止め」ですね。
それにしても、そんな状況で桜を撮れたのは
良かったですね。

せいださんへ

おひさしぶりです。

この間、かーちゃんと二王子に登った時、もしかすると
せいださんが、スキーで現れるのではと思ったのですが
空振りでした(笑

スキーで石転ビや門内を滑るのは、ゲレンデスキーしか
やらない自分には、あまりに急すぎて怖いです。

こちらこそ、「梅花皮小屋」で一献といきたいですね。
今年はできそうな気がします。

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード