それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

「・・・開演」終了

 昨年の同時期は、この沢の入り口の雪渓が壊れており
入ることができなかった。

 今回は、雪渓が付いており楽に入ることができた。

 しばらくあたりの景色を堪能しながら登ると、迫力
ある轟音が聞こえ始めた。

 ズームをかけて一番上の滝を覗く。
師匠に聞くと、滝の近くでは全景を見るのが難しい
そうです。 

P1060855_convert_20120524221324.jpg

 なるほど、近くまで寄ると下2枚の写真のように
上の滝が見えなくなる。

P1060857_convert_20120525055023.jpg
P1060860_convert_20120525055157.jpg

 なので、右岸の岩場に上がる。

 「すんご~い  」
爆音とともに梅花皮大滝が全景を魅せてくれた。

P1060862_convert_20120525055311.jpg

 圧倒されて声も出ない。
師匠と二人しばらく無言で滝を見つめていた。

 神になる為に滝に打たれて修行する、我が山友
ホーリーに、「ここで修業したらいいんじゃないかと
教えたら・・・」師匠がそう言う。
しかしそのあとすぐ「でも、本当の神になってしまう」
「・・・  」

P1060871_convert_20120525055425.jpg

 いつもは、梶川峰の「滝見場」からここを眺めて
いるしかなかったので、とても感激しました。

 いつも、「ここに来た者だけが見れる特権だ」と
呟くが、この場所は本当にそう感じさせてくれる。

 ここに来た者にしか伝わらない。
人間の五感がフルに反応して、身体の中に訴えて
くるのだ。

 去りがたかったが、ここまで連れてきてくれた
師匠に感謝し、梶川峰を眺めながら下った。
 
P1060872_convert_20120525055514.jpg

 地竹原をチョット巻いて、雪渓の端から婆マクレに
上がって夏道を下ってきました。

P1060888_convert_20120525055551.jpg

 「天狗平ロッジ」の外観を点検したが、少し屋根に
傷みがあるようだ。
ほかに損傷しているところはなかった。

P1060903_convert_20120525055632.jpg

 16時50分過ぎに、大渕まで無事帰って来た。

P1060910_convert_20120525055712.jpg

 いつもながら、引っ張られてきた皆さんに感謝
そして、今回も一緒に遊んでくれた師匠にも感謝し
今回の「2012年石転ビ登山劇場開演」終了です。

 ありがとうございました  


「飯豊朝日連峰の登山者情報」  師匠のH/Pで
この様子と山行時間や記録が見れます。

  吉報です。
   飯豊町の大日杉小屋まで21日から   
   一般車が入れる事になりました。 




スポンサーサイト
  1. 2012/05/25(金) 06:45:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<はやい | ホーム | ああ いしころび・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogunimachimontefuan.blog47.fc2.com/tb.php/1066-069ead32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1153)
自転車 (71)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (65)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (56)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (185)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード