色紙を・・?

 湯沢ゲートから出発して、地竹原の上流側付近で
ようやく雪渓に乗る。

 途中、花見等で2時間ほどかけながら、ゆっくり
ペースで登ってきました。 

 初石転ビ登山になるOhsawa君は、さすがに嬉しそう。

 もちろん、アキチもお初でバンザイ。
人は感激した時、言葉や態度にすぐ出るもんね。

P6090025_convert_20120611180451.jpg P6090026_convert_20120611180545.jpg

 5月に師匠に連れて行ってもらった「梅花皮大滝」の
分岐、滝沢の出合いはまだ崩壊していない。

※ 師匠のH/P 「飯豊朝日連峰の登山者情報」 
こちらを見て頂くと、小国山岳会、山形山岳会、それに
八幡山岳会で、同日「梅花皮大滝」に山行した記録が
載ってます。

 梶川の出合いも、まだ雪渓が安定している。 

P6090029_convert_20120611180617.jpg P6090030_convert_20120611180720.jpg

 赤滝付近を歩いていると、4人ほど下山してきた。
我々が湯沢ゲート前で準備しているときに、先行した
方々のようだ。
 どうやら、石転ビまでの登山だったらしい。

 石転ビの出合直前で、またもや登山客に出会う。
バーボンを見るなり、「あっあっあー・・・ 」
バーボンのH/P 「酔待草」を見ている方のようだ。

 バーボンは、色紙を取り出しサインでもするかの
ごとき勢いと、顔面は大きく崩れ、滑舌良く早口で
捲し立てていた。

 福島から来たという彼らも、石転ビを少し登って
帰るとのことだった。
 
 バーボンすっかり自分を見失い、いつの間にか先頭で
Yayoiちゃんとかーちゃんを置いて、チャッチャと進み
10時に石転ビの出合い到着。

P6090034_convert_20120611182006.jpg P6090037_convert_20120611180817.jpg

 本石転ビの下を行く、新潟山岳会のメンバー13名が
視界に入ってきた。

 その中には、我らが山岳会のシミケンさんも同行して
いる。

P6090038_convert_20120611180929.jpg

 石転ビの出合い左岸で、休憩をとってる間、我に
帰ったバーボンの指示は「竹爺、本石転ビ左岸まで
引っ張れ  」
大人な とーちゃん 「ハイッ  」 

P6090041_convert_20120611182716.jpg

 晴れた石転ビを、Ohsawa君とアキチに見せたかったが
それでも二人は、1000m続く石転ビに圧倒され
「なんでここが三大雪渓の一つじゃないんだろう  」

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード