天気が崩れる前に

 ※ 7月5日現在 「石転ビ出合い」までの雪渓は
   激しく崩壊中です。
   比較的安定しているように思える「赤滝付近」も
   これから崩壊が進むでしょう。
   従って、安全ルートの夏道を利用される事を
   お勧めします。
   

 昨年までの「御西小屋」管理人をしていた松葉さん。
 いろんな話を教えてくれました。
 
 「御西小屋」に立ち寄るたびに、「ご苦労さん」と
言いながら、冷たく冷えた貴重な缶ビールを差し出し
てくれました。
 
 登ってきて熱くなった身体に、冷えた  を
一気に流し込むと、それはそれは「この世にこんなに
んまい飲み物があったのか  」などと思った
ものです。

 かーちゃんを連れて、「御西小屋」に行った時は
「ほら食べな」と、ジャガイモをふかしたのを戴き
感激しただけでなく、ブロッケン現象や素晴らしい
星空を眺めることが出来、忘れられない思い出の
ひとつになっています。

 なので、今夜は少しばかりの気持ちで、松葉さんに
飲んで頂こうと思ったのですが、とーちゃん に
気をつかったのか、小食とお酒もそんなに進まない
ようでした。 

P1070704_convert_20120705052436.jpg

 翌朝、蔵王連峰からのご来光に、今日一日の安全を
祈り、宿泊登山者の状況と下山ルートを確認して
「安全下山するように」声をかけます。

 そして、登山客がすべていなくなった小屋を掃除
するのですが、松葉さんも手伝ってくれました。

 「小屋掃除ヨシ、トイレ掃除ヨシ、トイレット
ペーパー補充ヨシ   」

 「御西小屋」と「天狗平ロッジ」それに副会長の
ODDと無線連絡で、小屋状況を報告。

 7時20分、「御西小屋」に向かわれる松葉さんと
お別れして、天気が崩れる前に石転ビを下ります。 

P1070706_convert_20120705052537.jpg

 北股の出合いで、昨日天狗平ロッジに泊まった
3人組の若者とスライドし、そこから一気に
用意してきたビニルシートで、尻セード 

 石転ビの出会いに到着した時は、3人組の登山者は
まだ中の島の真横に張り付いていました。

P1070710_convert_20120705052741.jpg

 雨も降らず、とんとん拍子で「うまい水」に到着
すると、ご夫婦と思われるお二人が、休憩を終えて
下山するところでした。

 休憩して下り始めると、新潟から来られたという
4人組とスライド。
「石転ビまで行きます  」
雪渓の状態を教えて、「気をつけて・・・」と声を
掛けました。 

P1070715_convert_20120705052853.jpg

 堰堤を下り、「温身平」の標柱のあるところから
ズームをかけると、先ほどまでいた「梅花皮小屋」が
遠望できました。

P1070717_convert_20120705052931.jpg

 いつも、ここを帰るときは、この道がどこまでも
続いていてほしいな・・・と思いながら歩きます。

P1070719_convert_20120705053026.jpg

 9時30分にゲート到着。
 「天狗平ロッジ」に顔を出し、管理人のUKXに
状況を報告して、我が家に戻りました。

 もちろん、翌日ケツが痛かったのは言うまでもない 

 感謝して です。 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード