届いた花

 21日(土)午後からは、続々石転ビを登って
くる登山客が出演する「石転ビ登山劇場」を、特別席
からDr.まっちゃんが、まったり眺めています。

 我が山友バーボンが、75歳で飯豊山行の最後を
ここで迎えたいと、顔に似つかずロマンチックな
事を思うほどの特別席なんです。

是非、「酔いどれ日記」 をクリックしてごらんあれ。

P1080034_convert_20120726054739.jpg

 草付きの広場まで来た、登山客は「梅花皮小屋」を
見てホッとします。

 あとは、ここを登り切っていよいよ稜線に立ち
それぞれ自分の世界に入り、感慨に浸るのです。

P1080035_convert_20120726054842.jpg

 「梅花皮小屋」の横、冶二清水のある広場では
登山客がいろんなパフォーマンスを繰り広げる。

P1080040_convert_20120726054932.jpg

 まるで、ここも劇場と化してしまったかのように
写真を撮る、声を上げ感嘆するする、右往左往して
どう表現したら良いのかわからない方々等居て
実に見ていると楽しく飽きない。

P1080041_convert_20120726055034.jpg
 
「梅花皮小屋」に泊まる登山客は、石転ビを登って
来るだけじゃありません。
<飯豊本山>方向から、そして<門内岳>方向から
やってくるのです。

 午後から、この「梅花皮小屋」を目指して、稜線が
パッと明るくなるような、綺麗な花が届きました。

 それも  テントを担いでの登場です。
 送り主は、「天狗平ロッジ」でKosekiさんと一緒に
管理人をしている、前会長のタカケンさん。

 途中、Tomoちゃんとすれ違った弥輔さんが無線で
「俺も戻って、梅花皮小屋にもう一泊したいなぁー」
相当、羨ましがっていた  

 この日は、団体さんも含めて24名の小屋泊まり。
そして、山ガールのTomoちゃんを含めテント泊は
8名でした。

 ひとりテン泊のTomoちゃんを招いて、夕食会を
開催。
 Dr.まっちゃんと3人でのお食事会 

 とーちゃん が、持参したワインで優雅なひと時。

 団体さんが とーちゃん に、「予約はしてましたか」
って言われ、団体のみんながその一言で凍りついた話や
その団体さんのひとりが、管理人の とーちゃん に
「あのー、着替えをする部屋はないのですか・・・
って言われ、とーちゃん や、Dr.まっちゃんそれに
Tomoちゃんまで  ビックリした話で盛り上がった。

P1080047_convert_20120726055224.jpg

 Dr.まっちゃんも、持参した菊水をグビグビっと
あおりながら、山のうんちくをTomoちゃんに聞かせた。

 美人を前に、どうやら「飯豊病」の具合も良くなって
きたのか  も入りいい調子。 

P1080048_convert_20120726055318.jpg 

 稜線に咲いた花は、夜も輝いていた 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

みんなが主役。

一人ひとり違っているようで同じ、でも同じようでいて違う様々な表情を劇場に見立てて観覧、
・・・竹爺さんもまっちゃんも、そこに自分自身を投影しておられるのでしょう、きっと。
山に登るという行為は、ほんと、不思議な振る舞いですね。

koizumi さんへ

おはようございます。
コメ返遅れてスイマセン ^^;

理由は・・・そうなんです。
土曜朝、ゆっくりと思っていたら、突然師匠が・・・
1時間時間を間違えて連絡していたので、それからはバタバタ。
すっかり、返信もできなくなってしまいました。

まさにkoizumiさんが言われる通りですね。
自分に置き換えて見てるんですよ(笑
だから、いつまでもいつまでも見ているんです。

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード