誰?

 <北股岳>と<梅花皮岳>の鞍部にある梅花小屋
には、まだ朝日が届かない。

 ツアー客は早い。
だが、今日のツアー客はまだ良い方だ。

 下山だけというのに、ヘッデンで足下を照らし
ながら朝の4時じ出発するグループもいるほどだ。

 ツアーには、色んな年齢層が参加するから
遅い人の事を考えながら行く、というのもわかるが
これでは、せっかくの飯豊連峰の良さがあまり
わかってもらえないような気がする。

 でも、今日は朝日を背に受けながらも、<北股岳>に
登り、頂上から眺める絶景に感嘆するに違いない。

 曲がりくねった登山道を行く登山者を見て
とーちゃん あることに気付いた。

P1090494_convert_20121012060248.jpg

 小屋に戻って急いで持ってきた。

 ダイエットさんから頂いた登り龍の手ぬぐい。

 「とーちゃん も、この登り龍のように上昇して
行きたい  」

P1090498_convert_20121012060337.jpg

 まだ、鞍部に届かない朝日を求めて<北股岳>に
向かって途中まで登り、<梅花皮岳>から登る
朝日にそう願った。

P1090517_convert_20121012060417.jpg

 そして、昨夜の客人Koyasuさん達もテントを
収納して準備も終わり、下山して行く。
 
P1090529_convert_20121012060536.jpg

 誰もいなくなった梅花皮小屋で、朝食を済ませた
3人で冬支度を始めた。
 
 二階の扉のカギを開け、冬の出入り口を確保する
とーちゃん 。

P1090581_convert_20121012061026.jpg

 下では、副会長が1階の扉除雪用のシャベルを
階段に括りつける。

P1090584_convert_20121012061118.jpg

 いよいよ本格的な冬を迎える飯豊連峰




 二階の入り口から石転ビを眺めた。

 「今年は安全で楽しく登ってこれました。
来年もここから登ってくるので宜しく  」
なんだか、汗が頬を伝って落ちた。

P1090618_convert_20121012061212.jpg

 シーズン中は快適な小屋の水洗トイレ。
タンクの水を抜き、水洗トイレの水をすべて抜いて
凍らないようにもした。

 「足に  を抱えてるから  」
右ひざの調子が良くないかーちゃんは一足先に
<北股岳>を登って行った。

 とーちゃん と、副会長はゆっくり後を追いかけた。

P1090626_convert_20121012061511.jpg

 「あれれ  」
早足で駈け下りてくる誰かとすれ違った。 

P1090629_convert_20121012061607.jpg

 気配を感じさせないように、一瞬でスーと
とーちゃん の側をすり抜けて行った。

 もしかして・・・・
 ま・ま・まさかぁ~???

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード