daichangの言うとおり

 本当にdaichangの言うとおりだった。
<朝日連峰>で一番紅葉の綺麗なところだ。

 今年は残暑も続き、最近まで寒暖の差もあまり
無く、紅葉の色づきを心配したほどでした。

 だが、ここではそんな心配もいらないほど  

 山をはじめる前、これほど紅葉を意識したことが
あっただろうか。

 <天狗角力取山>を後に、栗畑へ高度を上げて行く
度に何度も振り返る。

P1090902_convert_20121017184439.jpg

 栗畑の分岐からは、<障子ヶ岳>へ、細尾根を
登って行くのだが、稜線の紅葉や斜面の紅葉が
登山者の目を楽しませてくれる。

P1090925_convert_20121017185711.jpg

 そして、今日歩いてきたルートからは、鋭く
尖った山に見える<障子ヶ岳>の直下に取り着こうと
する後続の二人ですが、ここからは急斜面に
なるので、daichangに前をお願いし、かーちゃんの
後ろを とーちゃん が登る。  

 急斜面の岩場に、赤とオレンジの紅葉を見つけ
ホッと一息いれました。

P1090933_convert_20121017185818.jpg

 先を行くdaichangが、「もうすぐ頂上だ  」
頂上付近も とーちゃん 達を歓迎するように

 尖った頂上上から見える景色に心が躍ります。
 
P1090937_convert_20121018061021.jpg

 <障子ヶ岳1481.5m>に11時38分到着。

 相変わらず撮り方がヘタッピで、標柱の文字が
<障子ヶ岳>ではないのだ。
 それが とーちゃん 流と開き直った。

P1090938_convert_20121017205553.jpg

 しかし、二人がやってくれたのを、ちゃんと
撮ることができた。


 かーちゃんが、「daichang、あれやるべ  」
「あれですか    」

 あうんの呼吸でいきなりのジャンプ。

 元祖「ダ~イジャンプ」を<障子ヶ岳>の頂上で
やって見せたのである。

P1090940_convert_20121017185915.jpg

 今日は、当初二人での登山を考えていたので
大したご馳走もない。
 
P1090942_convert_20121017204546.jpg

 それでも360度の展望が広がる頂上で食べるのは
童心に帰ったようなウキウキ気分になってしまう。

 子供時代にタイムスリップしたように遠足気分を
味わう本当の「大人の遠足」って感じです。

 あの頃も、おにぎりとこんな味噌汁が飲めたら
最高だったんですけどね。

P1090943_convert_20121017204743.jpg

 眩しいほどの紅葉がやがて、童心に帰った
自分達を現実に導いて行くのでした。

P1090945_convert_20121017204949.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード