本当の空

 隆起した<安達太良山>山頂へは、登山道が細く
なっており列を作って登らなければならない。

 自分達はタイミング良く、登れそうだ。

 途中で、『安達太良エクスプレス』方向を
見降ろすと、登山道が良く見えた 

 後方下界には、二本松市が見えている。

 それにしても、登山道の登山客は列が絶え間
なく、蟻のようにぞろぞろ上がってくる。

P1100229_convert_20121024184619.jpg

 これから、この頂上を求めて今よりもスゴイ
行列になりそうだ 

P1100230_convert_20121024184725.jpg

 そして、登山口からゆっくり紅葉を堪能してきて
ついに9時50分、<安達太良山>山頂に登頂。

 「 智恵子は東京に空がないと言ふ
   ほんとの空が見たいと言ふ・・・
   
・・・阿多多羅山の上に
   毎日出てゐる青い空が
   智恵子のほんとの空だと言ふ 」

 有名な高村光太郎の詩。

 ふるさとに対する思いが強い千恵子の心の中に
見えていたのは、いつも見ていた安達太良の空。

 とーちゃん も、安達太良の空に一番近い
ここで、本当の空を見たかった・・・

 「ひとりブツブツ言ってないで撮ってぇー  」

P1100238_convert_20121025055347.jpg
 
 感慨に浸る間もなく、頂上に祀ってある祠に
手を合わせ、続々頂上を目指してくる登山者の
邪魔になると思い、早目に頂上を去ります。 

P1100248_convert_20121024184906.jpg

 すこし早いけど、岩陰で風を避けながら弁当を
広げました。

 今日の弁当は、「散らし寿司だよ  」と
かーちゃんから聞いていたのですが  
イクラを持ってきていた。 

P1100252_convert_20121024185010.jpg

 ちらし寿司がいくらご飯に、「へんし~ん  」
「  んま~い   」

 

 山頂でもっとゆっくりしたかったのですが
風が冷たく、登山客もぞろぞろ増えてきたので
早々に下りることにしました。

 「安達太良山頂」の標柱のところで 
そばには、頂上を目指す人々が列を作って並んで
いる 

P1100259_convert_20121025183703.jpg

 風の強い、「牛の背」から下がると、そこには
風を避けるように、あちらこちらでグループが
お弁当を広げて楽しそうに、食べていた。 

P1100283_convert_20121025055457.jpg

 『安達太良エクスプレス』でやってきた登山客の
一部は、周回ルートを求めて、列を作り とーちゃん 
達と同じルートを途中まで下りてきます。

P1100287_convert_20121025055703.jpg

 『くろがね小屋』に近づくと、「やっぱり凄い  」
この小屋辺りの紅葉が一番綺麗でした。

P1100305_convert_20121024185456.jpg

 『くろがね小屋』近くで休憩し、お弁当を広げる
登山客のほとんどが、林道を下りて「安達太良高原
スキー場」に戻って行くのです。

P1100308_convert_20121025060604.jpg

 とーちゃん 達の登ってきた湯川渓谷沿いの
ルートを下りるのは、ほとんどいません。

 すばらしいルートなのに・・・

 


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード