不調

 一度に乗りきれないので、バスは2回に分けて
分乗。
 そして、登山口である地区の公民館に到着。

 会長が、雪上にいる参加者の写真を撮るために
全員を待っていました。

 Konchangが支度を終え、会長の前を通って
雪上に上がるのですが、どうです・・・
Konchang、キマッテいるでしょう。 

 菅笠には、ビニルが張ってあり雨の浸入を防ぐので
合羽の帽子より蒸れないので、汗かきにはイイかも。

 彼は、若いマタギでもあるのでこういった場所に
自然に溶け込んでしまうのだ 

P1110533_convert_20130203182500.jpg
 
 かんじきやスノーシューを履いて雪上に上がり
準備が出来た参加者たちは、それぞれ集合写真の
号令が出るのを待ちますが、それはそれは
「ワイワイガヤガヤ」

 本当の大人の遠足です  

 こうなると、何をするにも収集がつかなく
なるってもんです。
 
P1110535_convert_20130203182556.jpg

 だが、道先案内人の弥輔さんの号令一発 
一気に一本の矢のように、大勢のトレッカー達は
これから登る<風倉山>に思いを馳せながら
一列行進の体制を作りました。

 さすが副会長弥輔親分、格が違う。

P1110540_convert_20130203182721.jpg

 とーちゃん だらしなく最後尾をようやく
歩き出したが、イマイチ調子が良くない。

 山岳会が主催する行事に積極的に参加して
くれている金子ちゃんが、「どうした竹爺  」

 山岳会の関さんが作って販売しているかんじきを
履いた彼は とーちゃん と違って、真逆に調子が
良い。

 彼は、「熊の手ラーメン1杯10万円」で有名な
『越後屋』さんに前泊し、今の時期 地元TV局に
良く出てくる「かまくら」で最高の音楽を聞いてきた
らしい。 

P1110545_convert_20130203182855.jpg

 まるで、マラソンの第一集団、第二集団のように
別れた隊列が、春には「わらび園」となる真っ白な
雪原を、色とりどりの合羽やザックカバーで
カラフルに染めて行きました。

 とーちゃん 風邪のひき始めなのか体調が
上がらず大きく離され最後尾を一人旅 

P1110550_convert_20130203183001.jpg

 それでもなんとか、みんなが既に到着している
「樽口峠」の見晴らしに辿り着きました。

 すると・・・






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード