みえた

 すごく歩きやすい登りだった。

 かんじきの軽さと、登りやすくなっていた
足下の固い雪のせいだけだったんだろうか。

 週末の天気が久しぶりに荒れなかったので
きっと心も晴れ、気持ち良く登れたせいも
あるのだろう。

 かーちゃんも一緒で2時間で<白太郎山1003m>
頂上まで来ることが出来た。

 目の前に現れた<祝瓶山>に声をあげた。

P1000975_convert_20130312215534.jpg
 
 「 ほら、見えるぞ。」
 「 うわぁ~・・・」

 かーちゃんは、一度頂上に立ったことがあるが
その時は吹雪で、この景色を眺めた事がなく
初めての<祝瓶山>遠望である。

 かーちゃんも、<祝瓶山>に何度か登った事が
あるので、感激もひとしおだった。

 これが、青空も出てスカッとした晴れなら・・
いやいや、贅沢は言うまい。

P1000956_convert_20130312215246.jpg

 朝日連峰の<大玉山>や<平岩山>も見えて
いるのだ。

 贅沢を言ったらキリがないってもんです。

P1000970_convert_20130313055645.jpg

 あのうるさい しばし、かーちゃん
うっとりしながら何も言わず景色に見入っていた。 

P1000977_convert_20130312215649.jpg

 とーちゃん も、見入っていた。

 その時、かすかに<大朝日岳>がうっすらと
見えてきた。

 感動もんだった。

P1110677_convert_20130312220000.jpg

 飽きることのない景色だが、風が強い。

 「頂上で昼ごはん  」とも思って準備したが
まだ、11時になっていないので、お昼は
下山後にすることにしました。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード