それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

今の飯豊は画、絵の世界

 頼母木小屋からすぐ見える<頼母木山>

 50m程の高さだろぉーか。

 昨日の疲れもあり、20分ほどでかかって
頂上にたどり着いた。

 シンペーちゃんと二人で、「登りはやっぱ
きっついねぇー  」

 LTQはもちろん平気な顔で、グングン
飛ばすが、それについてくアキちゃんは
昨年の骨折でリハビリの為に登ってるなんて
 うそだぁ~。」

 昨日と違い、打って変わっての好天。

 360度に展望が広がる素晴らしい光景に
しばし見とれるほどうっとりしてしまう。

 しかし、稜線の風は自分の身体を吹き
飛ばさんばかりに唸り、小俣沢から吹きあげる
風は猛り狂っているかのようだ。

 まるで酔っぱらいのように真っ直ぐ歩けない。
 ふわっと身体が浮いてしまうほどだ。
  
P1020312_convert_20130509174318.jpg

 梶川尾根の向こうに<飯豊本山>が見える。

 いつも通り、大した画は取れないが
実際に画を目の当たりにし、心の中に入り
込む画はこんなもんじゃない。

 感動もんの自分だけの画である 

P1020317_convert_20130509174513.jpg

 実際に自分達が画の中に入っている。
 不思議な感覚だ。 

P1020321_convert_20130509174626.jpg

 気持ちがイイ。
 とても気持ちがイイ。

P1020327_convert_20130509174742.jpg

 <北股岳><梅花皮岳>が見えてきた。

 4人で歩くが、まったく言葉のいらない
世界だ。
 
 すべてが共感でき、心で話すことが
出来る。
 
 素晴らしい。

P1020334_convert_20130509174859.jpg

 2時間弱8時19分に「門内小屋」に
到着。
 
 今回山行の目的のひとつに、小屋の調査が
ある。

 2階窓ガラスが割られ、そこから入った
雪が室内一杯になっている。
※ 「飯豊朝日連峰の登山者情報」 参照。

P1020335_convert_20130509175020.jpg

 小屋を管轄する山岳会に所属するLTQが
中に入って詳細を調査。

 除雪と窓ガラスを修理しなければ使えない
ことがわかった。


 外では、我々より先行したエーデルワイス
山岳会の3名の方が、門内沢を下る準備を
していた。

 彼らは途中に先週置いたデポ品を回収に
向かうのだと言う。

P1020336_convert_20130509175136.jpg

 彼らに「気をつけて・・」と声をかけ
<北股岳>北側斜面に向かう。

P1020341_convert_20130509175311.jpg

 9時32分<北股岳>山頂に到着。

P1020347_convert_20130509175433.jpg

 <北股岳>から下る。
 梅花皮小屋が視界に飛び込んで来た時。

 男は、一枚の絵の中に中に溶け込むように
違和感なくスーと入って行った。

P1020355_convert_20130509175551.jpg

 素晴らしき飯豊連峰。

 涙が出るほどだ。

 
  
 


 
スポンサーサイト
  1. 2013/05/10(金) 07:02:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<梅花皮小屋 | ホーム | 小屋の夜そして旅立ち>>

コメント

門内小屋ガラス戸

竹爺、調査お疲れ様でした☆
美しい飯豊連峰をあっちからそっちからそれぞれ満喫できましたね

さて門内小屋のガラス戸、わたしが行った3月17日にはまだしっかりついておりましたが、中には雪がどっちゃり入ってて、わたしの技能では割ってしまってオシマイだぁ:(;゙゚'ω゚'):って感じで当たらず触らず(ちょっと触ったけど)おりましたが、あーあ、割られちゃったかぁ。。もっと写真を細かく撮って伝えればよかったと今更反省してますー

登山者として山を好きな者として、みんなが歩きやすいように使いやすいように確認し、情報を発信していく役割がわたしにもあるんだなと感じた出来事でした

門内小屋の被害がそれほどでもないといいんだけど。。
  1. 2013/05/12(日) 01:29:43 |
  2. URL |
  3. ひらっぺ #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

ひらっぺさんへ

お~
ヒラッペおはよう!

ヒラッペの言うとおり、誰でも行ける所じゃない
山の情報は、そこにいるものが調査員となり発信
できるんですね。

欲しい情報が公開されると、登山者は助かると
思います。

調査員として頑張ろう。

門内小屋は、LTQ達や亀山さん達が対策を
練っているようです。


  1. 2013/05/12(日) 07:38:02 |
  2. URL |
  3. パワフル竹爺 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogunimachimontefuan.blog47.fc2.com/tb.php/1332-e2367681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1183)
自転車 (72)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (70)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (57)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (186)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード