色々あったが・・

 東北のマッターホルンと言えば<祝瓶山>

 見る角度、特に米沢方面や川西町からの
眺めは、まるでピラミッドのようにそびえる
その山姿は、見る者を魅了する。

 だが、小国町から良く見える<祝瓶山>は
イチノトがその山姿を変えて見せる。

 川西側から見える旧急峻な山姿とは違い
優しくなだらかにさえ魅せてくれるのです。

P1020863_convert_20130604175404.jpg

 そして、<祝瓶山>稜線の奥につつましく
我が飯豊連峰がうっすらと姿を現し、その姿は
感動ものである。

 あらためて、自分の住む町が飯豊と朝日の
間にあることを、山にのめり込んだ とーちゃん
幸せと思わずにいられない   

P1020864_convert_20130604175619.jpg

 途中休憩から、スペースが落ちてきたが
8時32分、蛇引の清水に到着。

 ブヨの攻撃がひどく閉口する。

 どの山でも、そうだと思うが虫よけスプレー
そして蚊取り線香は、山行に欠かせないの
です。

 それと、熊撃退スプレーも・・
 
P1020870_convert_20130604175741.jpg

 蛇引の清水で休憩し、稜線を登り始めるが
とーちゃん の前を歩く男性の様子が少し
おかしい。
 身体で息をするかのように肩が上下する。

 水分を摂ってる  何か食べてる  」

 「大丈夫だ。」と答えるのですが、気に
なるので、しきりに水分の補給を進める。

 そして稜線に出た時、その男性が言った。
「ここで止めます。」

 師匠が「俺が付くから、竹爺はそのまま行け。」

 どうやら、心配していた熱中症のようです。

P1020881_convert_20130604175907.jpg

 風通しの良い日陰で、師匠が男性を休ませ
様子を見ることにして、先頭の関さんに
連絡。

 残りのメンバーはそのまま<平岩山>を
目指します。


 稜線から<祝瓶山>そして飯豊連峰

P1020890_convert_20130604180319.jpg

 稜線歩きは、登山客に心地よい風と共に
最高のおもてなしをしてくれます。

 とーちゃん そろそろこの辺の雪をチャラ袋に
缶ビールと一緒に入れて頂上での楽しみに
備えました。

 すると関さんが無線で、「頂上直下でも雪が
取れるぜ。」
 でもね、そこに行ってから冷やしたのでは
ビール党にとって、好ましくないんです 

P1020892_convert_20130604180604.jpg

 稜線から見えていた<大朝日岳>がいよいよ
間近に見えてくると、気持ちが昂る。

 師匠に「 行って来い・・」
そう言われたが、<平岩山>からだと往復2時間
位は見なければならない 

 今の時間ならまず無理だろう。

P1020900_convert_20130605070356.jpg

 <平岩山>手前で男女の登山客2名が
リタイヤ、そして列もすっかり縦長になり
時間差が出たけど、最後尾の とーちゃん
11時03分に<平岩山>山頂に到着。

P1020905_convert_20130604180737.jpg

 <大朝日岳>山頂も肉眼で見え、人の姿が
見えたのでズームして見た。

P1020906_convert_20130604180905.jpg

 山頂で丁度よい昼食タイム/を迎える。

 無線で「竹爺、今日のメニューは何
弥輔さんから問われたが・・・




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

天気にも恵まれ楽しい朝日連峰山開ではお世話になりました。かっこいい祝瓶山に登れて最高でした。スタッフとして大変だった事でしょう。色々とありがとうございました。今度は飯豊でお会いしたいですね。母ちゃん体調大丈夫ですか?元気なカチャンと一緒にお山に登りたいです。よろしくお伝え下さい。

tamoさんへ

tamoさん、お土産までいただきありがとう。

<平岩山>、自分も十分楽しんで登ってくることが出来ました。
これも師匠がリタイヤ組のサポートをしっかりして
くれたおかげと感謝しています。

かーちゃんは、まだ本調子ではありませんが
ここ数日、朝の散歩も付き合うようになりましたので
調子が戻って来ているようです。

是非、飯豊の山開きでお会いしましょう。




プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード