すたーと

 7月初めの山開きで、春先に知り合った
新潟のプリンスに「石転ビノ雪渓を一緒に
登ってほしい」と依頼された。

 7月末の予定を依頼され、石転ビの
状況を窺いながら待っていました。

 そしてついに、27日(土)に我が
山岳会の運営する『天狗平ロッジ』4時30分
集合。

 今月14日、『飯豊山荘』の風呂に入り
帰りに『天狗平ロッジ』に寄って、管理人
小関さんに挨拶し「 27日石転ビを登る」
連絡したら、丸森を下山したハイジもおり
 私も一緒に行く  」

P1040040_convert_20130728172510.jpg

 結局、3人で一緒に行くことになり準備
して4時50分ロッジを出発。

 前日までの天気予報では、90%の降水
確立だが、幸いまだ降らず梶川峰のカンバが
確認できる。

P1040041_convert_20130728172629.jpg

 登山届所のあるところには、管理人の
小関さんはじめ、元会長の高橋さんそれに
警察の方と役場の方がいて、登山指導を
行っていました。

 梶川を登るのは、今の所自分達だけらしい
他に3人が、「石転ビは危険だからやめた方が
良い」と指導してくれた、指導員達を振り切り
「行きます」と出掛けて行ったらしい。

 皆さんにご挨拶をして、湯沢ゲート近くから
梶川尾根に取りつきました。

P1040042_convert_20130728173639.jpg

 ここは、最初から急登が続く。
 隣の丸森ルートもそうであるが、飯豊稜線へは
簡単に上げさせてくれない。

 登山開きの時依頼2度目と言うプリンスこと
タクちゃんが、ハイジを追いかける。

P1040045_convert_20130728172750.jpg

 雨が降ると、滑りやすい岩場を先行する
ハイジのルートをしっかり頭に叩き込む
タクちゃんであった。

P1040046_convert_20130728172917.jpg

 このルートは、下山時の事故が多い所でも
あるんです。

 残念ながら、『飯豊山荘』近くでの死亡
事故が数件、それも滑落や熱中症といった
事故なのです。



 登り始めて30分ほどで「楢の木曲がり」

 ここで、噴き出す汗を拭いこれから続く
急登に備え、口からエネルギーを補給。

 大木が登山道に覆いかぶさるように塞ぐ
場所を、背の高いタクちゃんが窮屈そうに
潜り抜ける。 

P1040049_convert_20130728173058.jpg

 そして、両手両足を使って急場を登って
行きます。

P1040051_convert_20130728173221.jpg

 6時23分、湯沢峰到着。

 「 バナナ食べようね。」
 「 ハイ!」

 タクちゃんのザックからバナナが飛び出した。

 何のことはない。ハイジがタクちゃんに
持たせていたのだ 

P1040058_convert_20130728173344.jpg

 「 あそこが今日行く小屋だ。」

 前回は、「梅花皮小屋」が見えなかったという
タクちゃんが喜んでいた。

P1040061_convert_20130729043841.jpg

 梶川を下山中と言う弥輔さんと無線で
連絡、アイボール地点を予想しあいながら
登り始めた。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード