おどろいた

 「にっぽん百名山」
 言わずと知れた、NHKの人気番組のひとつ
です。

 その番組が10月21日、BSプレミアムで
放送される予定だとスタッフから聞きました。

 もちろん、この飯豊が主役の話です。

 今回は、この「梅花皮小屋」を拠点に撮影
された模様だ。

P1040707_convert_20130820181142.jpg

 蔵王連峰の方角から昇る御来光をどのように
撮って魅せるのか、いまから楽しみです。

P1040708_convert_20130820185910.jpg

 信仰の山として知られた飯豊連峰。
 日出ずる国にふさわしい御来光でもある。

 明と暗、陰と陽・・・が織りなす飯豊連峰。

 時に厳しくもある飯豊だが、優しく魅せる飯豊の
山肌に、やわらかくあたたかい陽ざしが降り注ぐ。
 
P1040718_convert_20130821055616.jpg

 時間が来ると、山旅は始まる。

 更に飯豊の魅力の一つ、なだらかな稜線を
思う存分味わう縦走に出かける者。

 ある者は同じ道を辿りながらも、昨日見つけ
られなかった花々を探し、喘いで登る登山道で
見過ごした、素晴らしい飯豊の景色を求めて
下りる。

 飯豊を見ながら住んでる俺たちでさえ、何度も
登りたくなる大好きな山と、泊まりたくなる
「梅花皮小屋」なんだから、ここを訪れた山人達は
感激して帰って行く。

 「 またお出で。」
 「   は~い  」 

P1040720_convert_20130820181425.jpg

 6時25分頃から、「にっぽん百名山」の撮影が
始まった。
 どうやら、我らが岳ちゃんが飯豊を案内すると
いう設定のようだ。
 
 つまり、10月21日の放送では飯豊が主役で
準主役は岳ちゃんになる。

 後で岳ちゃんにサインもらっとこ  

P1040728_convert_20130820181703.jpg

 「 おらだも主役になんべ。」

 「御西小屋」の小屋番にはいる松葉さんと
一緒に、加トちゃんと3人で<北股岳>バックに 
やっちゃった 

P1040732_convert_20130820182008.jpg

 それにしても・・・

 どうやら、赤いテントでビバークした模様だ。
 時折り、双眼鏡で覗いてみるが動きがない。

P1040722_convert_20130820181542.jpg

 泊まり客が全員帰ったので、小屋の掃除や
屋外用のスリッパを洗って干したりの作業に
入る。

P1040737_convert_20130820182204.jpg

 それに、盆前はずっと天気が良くなかったので
毛布も湿っている状態。

 今日は、思いっきり陽を当ててやるぜ。

 毛布も気持ちよさそうだった。

P1040741_convert_20130820182357.jpg

 作業をしながらビバーク組の動向を注視して
いたが、10時15分にテントを撤収して動き
だしたのを確認していた。

 そして、NHKのスタッフが撮影を終えて
小屋に戻って昼食。
 その後、石転ビを岳ちゃんの案内で下りて
言ったのが12時10分だった。

 毛布を片づけたりしているその時だった。
加トちゃんが、「竹爺、草付きの上に誰か休んで
いるぜ。」

 なんと13時20分だった。
 つまり、落石の多い場所で3時間も過ごして
いたことになる。

 山岳会の井上会長に電話で報告すると、「体調が
すぐれないようだから、小屋に来たら体温計で
測定して、体調に気遣ってくれ。」 

P1040742_convert_20130820182514.jpg

 彼らが小屋に辿りついたのは14時30分だった。

 そして、自分と加トちゃんに、黒滝の上の目印が
暗くて見えず、北股に続く小沢を間違って登り、
小屋のみんなに迷惑をかけてしまったことを謝って
くれた。

 体調を訪ねると、「大丈夫です。山と一体になる為に
遅くなりました。


 驚いたと言うより、たまげた 

 そして、「門内に行きます・・・」

 呆気に取られて何にも言えなかった 

P1040743_convert_20130820182638.jpg

 夜は、訪ねてきた加トちゃんの友人、Fさんと
Tさん4人で鍋を囲んで 

P1040745_convert_20130820182756.jpg

 だが、あまり呑んでもいられない。

 石転ビを双眼鏡で覗き偵察していたが、登る途中
あきらめて下りて行った6人が気になる。

 その後、ロッジに到着した岳ちゃんからの情報に
よると、「この時間に石転ビを登るのは危ないから
戻った方が良い!」と、岳ちゃんが石転ビノ出合い
まで、撤退させたようだった。
 
 そして、石転ビノ出合いでビバークした模様。

 明朝早く登ってくる可能性があるからだ。

 それにしても比較的安全なところでのビバーク
だから良いが、もし登って来ていたら・・・
 ゾッとする。

 これで二日連続でビバークだ 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード