♪梶川節♪

 13日の日曜日、朝4時半に起きた。

 お弁当を作りながら、「 今日どーすんの?」
 もちろん、行くつもりなので準備を始める。
 
 5時頃、高橋副会長から 
「山は雪かも知れない、登るならウールの帽子と
手袋は必需だぞ。」

 師匠の井上会長と、高橋副会長に  で返信。
「天狗平ロッジに行き、一足早く御西小屋の
冬仕舞をしている、羽田事務局長と無線で連絡を
取り、状況判断して登る。」

 5時15分に家を出る時、外は土砂降り状態。
 ところが、 を走らせて小玉川に向かうと
町中心部と違って、明るい。

 「天気予報はこれから良くなる。ヨシ!登ろう。」
そう決めて、ロッジに寄らず湯沢ゲート前まで
車を乗り付けた。

P1060626_convert_20131014203933.jpg

 するとどうだろう。
 以外に数名の登山客が梶川峰に取りつくのを
見て、「今日は登山客が居ないのでは・・・」
そう思っていたのが良い方向で裏切られた。

 無線でロッジの管理人小関さんを呼び、登る
事を連絡して、井上会長と高橋副会長に6時過ぎ
登ったことを連絡してほしいと伝言を依頼。

 楢の木曲がりまでに、3人の単独登山客を
追い抜いて休憩。

P1060632_convert_20131014205839.jpg

 雨が降る中、湯沢峰に到着すると数名の
登山客が休憩中だが、とーちゃん が着くと
出発して行った。

 「 今日中に着けばいいゆっくり行こう。」

P1060635_convert_20131014204155.jpg

 風が唸りを上げてきている。梶川節だ。
 一人で歩いていると、木々に当たり風の音が
変化するのを楽しめる。
 こうしないと、不安にさえなってしまうような
今日の天気だ。 

 ゆっくりのんびりと8時30分滝見場着。

P1060641_convert_20131014204402.jpg

 石転ビを覗いた。
 中ノ島から上は、ガスに覆われている  

P1060642_convert_20131014204607.jpg

 五郎清水に到着すると、先行していた方々が
休んでいた。

P1060645_convert_20131014205044.jpg

 高橋副会長から無線がタイミング良く入り
「五郎清水辺りか・・。」
  ピッタリ予想があっていた。さすがだ。
そして「飯豊本山と御西にも、雪が降った。」

 電話にメールの着信有。
 この五郎清水では、ドコモの携帯なら繋がる。

 
 井上会長からの 

 5時55分の着信で、山友リョウちゃんから
送られた<飯豊本山>小屋前に積もった雪の画像を
転送してくれたのでした。

 五郎清水で休んでいた登山客に、上は雪が残ってる
可能性もあると教えて登り始めた。

 三本カンバに到着すると石転ビが見えるのだが
やはり上部はガスに覆われている。

P1060650_convert_20131014210048.jpg

 三本カンバを過ぎると直ぐ雪の降った形跡が
出始めた。

P1060651_convert_20131015055216.jpg
P1060655_convert_20131015055444.jpg

 ゆっくり10時30分に梶川峰到着。

P1060657_convert_20131015055645.jpg

 風が相当強い。
 こうなると、梶川節のような訳にはいかない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード