いやぁー

 孫さんの挨拶でいよいよ「蕎麦祭り」の
開会宣言が行われた「愛宕山荘」

 人々の賑やかな熱気とストーブの暖かさが
部屋を包んでいる。

 「里山愛好会」フリークライミングの
名手カトーさんの音頭で乾杯が始まった。

P1070079_convert_20131112183250.jpg

 飲み放題とのセットなので、飲む 
飲む  男も女も・・・

 数年前まで、この蕎麦祭りは自分達で
蕎麦粉を捏ねて、伸ばして作っていたが
場所や道具の都合と、客人達との交流が
出来ないという理由で今は、蕎麦店で作って
「愛宕山荘」で茹でる事にしていると聞き
ました。

 練習からの飲み方が半端じゃない米沢人。

 会員の蕎麦店を営むOchiaiさんが立ち
上がり、「飲み過ぎては折角の蕎麦がんまく
なくなる。」

 茹ではじめてくれました。

P1070080_convert_20131112183458.jpg

 十割蕎麦だ。

 蕎麦粉のんまさが混じりけのない状態で
味わうことができる 

 蕎麦は最初に何もつけずに、口の中で
蕎麦の香りや蕎麦のコシを楽しむらしい。

 その後は、ツユに蕎麦の先端3分の1位
付けてズルズルとすすって喉越しを楽しんで
食べるのが蕎麦の食べ方だと言います。

 蕎麦その味を確かめる為にそのまま
食べてみた。

P1070081_convert_20131112183741.jpg

 「  あま~い  んま~い  」

 「 蕎麦ってこんなに甘かった?」
 蕎麦の香りと甘さが口の中に広がる。

 その後は とーちゃん どっぷりとツユに
浸けてずるずるすすった。
 
『いきいき手打ち蕎麦 しげ』 を営む店主の
Ochiaiさんは、物理の先生だったらしい。

 その為蕎麦づくりも研究熱心で、んまい
蕎麦をお客に提供してくれるとの事。 

P1070082_convert_20131112184802.jpg

 宴も終わりに近づき、帰る方々や
台所で片づけを手伝ってくれる方々を
しりめにひたすら呑んだ。

P1070092_convert_20131112210031.jpg

 異人さんも、「蕎麦も良いが、こっちの方が
もっと良い。」と、孫さんから特別カルピスを
もらって笑顔で帰って行きました。
 
P1070094_convert_20131112211801.jpgP1070101_convert_20131112210945.jpg

 いやぁー、楽しかったです。
 いやぁー、呑みました。
 いやぁー、最後は日が変わっていた。

 「人生を楽しみながら生きるコツ」・・・
 少しは、分かったような気がした。


 すべての方々に感謝しておしまいです。

 
 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード