「いやー・・・・。」

 登山口からワンステップ上がり、朝日連峰を
見渡せる場所で、チョット休憩。

 残念ながら、朝日連峰は雲に隠れていた。

 きっちゃんが「画にならならないけど撮って
見るか。」そう言いながら高級な  を
向けていた。

  と言うより、草花が大好きなきっちゃんは
「飯豊朝日連峰の登山者情報」 に、会員の
山行として、きれいな画を提供している。

 遊んできたので腹が減った。

 今日は、「変わり者の とーちゃん に。」と
かーちゃんが、変わりご飯でおにぎりを作り
持たせてくれた。

P1070155_convert_20131125180223.jpg

 アルミの袋で覆った弁当は、温かくて
とてもんまかった。

 新潟県境の近くは、つぼ足で歩くのが
困難な状況だった。
 
 今年初のワカンを装着し、稜線側に向かい
ながら、沢に下り水場に向かう。
 そして水場からまた登って稜線に出る。

 雪が多ければ、水場に下りず尾根沿いでも
行けることが、<大境山>からの下り時に
わかる。 

P1070158_convert_20131125180356.jpg

 稜線に出ると、雲に覆われそうな感じで
<枯松山>が飛び込んできた。

 晴れ予報は見事に外れ、なんだか雲行きが
あやしくなってきた。 

P1070162_convert_20131125180804.jpg

 ザックをデポして、空身で山頂を目指す
事に決定。

 ここまでラッセルしてきたので、シミケン
さんに、目の前の急斜面をラッセルして
もらう事にして、いちばんケツについた。

P1070163_convert_20131125180934.jpg

 きっちゃんもラッセルに参加したが
「ラッセルは大股でやるのが良い。」

 短足の とーちゃん は歩幅が合わず
小股でチマチマ付いて行った。

P1070164_convert_20131125181044.jpg

 多い所で膝近くまでの雪でしたが重い。
 とにかく重い雪で、足こずる 

 それでも交代しながら、久しぶりの
ラッセルは気持ちよかった。

P1070165_convert_20131125181223.jpg

 こんな時、山に登ったことのない人は
「あんたらバカじゃないのか・・」と
言うだろう。
 だが、気持ちいいのだ 

 急登を凌ぐとシミケンさんが吠えた。
 いやー・・・いいなぁー。」

 この言葉が、今日の山行のすべてを
表している。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード