小屋への空輸

 6月17日朝3時に、師匠と弥輔さんそれに
渡部さんと4人で新潟県の奥胎内第一ダムに
行ってきました。

 5時から、飯豊連峰「御西小屋」「梅花皮小屋」
「門内小屋」「頼母木小屋」の合同空輸が
ヘリコプターによって始まります。

 最初は、小国山岳会が委託され運営する
「梅花皮小屋」そして「御西小屋」からです。

 「 そろそろ始めるか。」

 ヘルメットを装着して、計器類をチェック。
 いよいよエンジンをスタートさせて
弥輔さんが乗りこむのを待つ・・・・・なんて
夢を見てしまった  

P1100280_convert_20140619181618.jpg

 5時17分に飛び上がったヘリコプターは
最初に「梅花皮小屋」の荷物を運び、小屋で
待つ関さん達にホバリングしながら荷を
下ろす。

 そして、そのまま「御西小屋」までテスト
フライトを行い、戻って来て「梅花皮小屋」の
不用品等を持ちかえるんです。 

P1100286_convert_20140619181750.jpg

 ヘリコプターが戻ってくる間、暇だったので
弥輔さんが熊に関することを話してくれた。

 「最近の熊は強いものが山奥で、弱い熊は
人間の住む近くにいる。そして人間の食べた
ものや、捨てたペットボトルの甘い汁の味を
覚え、人間を見るとご馳走を持ってると
学習するらしい。やがて人間に向かってくる
ようになる。」

 先日『天狗平ロッジ』で、八幡山岳会との
交流会で出た話題らしい。

 うーん。
 それを聞いたオラも、納得するような話だ。

 山を愛する登山者にはそんな方々は
いないと思うが、近頃山菜採りや釣りで山に
入る方々は、食べ残しを平気で捨て、挙句
ペットボトルまで捨てる不届きものがいる事も
確かだ。

 やがて、熊達が登山口や登山道で人間を
待ちうけることになるのだろうか。
 
 そんな話をしていると。

P1100291_convert_20140619190442.jpg

 プロペラの音がする

 1回目のフライトが終わり、次の「御西小屋」へ
荷物を運ぶ。

 その間に、「中条山の会」亀山さん達や
胎内市の関係者が集まり始めてきました。

P1100300_convert_20140619181948.jpg
 
 我が山岳会、両方の小屋から持ちかえった
荷をトラックに積みこんで、6時過ぎには
ヘリポートを離れた。

 そして、会社に行く時間に間に合い出勤と
なったのでした。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

気になる、熊の出没注意!の表示。

こんばんは、libertypapaです。
なんだか、忙しない一週間でした。
とても疲れました。

でも、いきなりヘリコプターの操縦席が現れて、少し興奮気味です。(ワクワク!)
先日の日曜日、門内小屋の前を通過した時も、
小屋の資材らしいパレット積みの塊が、3~4個放置されていたの覚えています。
写真と言えども、現実感が伺えます。

熊の話ですが、そのようですね。
新潟県魚沼でも、熊の生態をGPSを取り付けた熊で調査したところ、
熊と人間の境界線のある一点の隙間から出入りして、
人間界に姿を現していると言う行動範囲の調査結果が、テレビで報道されていました。
これからも、さらに細かい調査が行われる様です。

確かに、自然界に人間の落し物を見つけた熊が美味しい物を覚えて、
下山する人間の後を辿って、食べ物の宝庫の世界を学習してしまう。
嗅覚も鋭いですものね。
こうなると、熊が悪い訳でもないのですが、人間界で遭遇するのはかなり厄介です。
新潟でも、凶暴熊に襲われた事例が、いくつも出ています。
お婆さんの変死が、熊に襲われたと言った事件もありましたからね。
とにかく、入山する時は複数の人との行動、熊鈴やラジオは必帯ですね。
地元でいろいろ話を聞くと、直接ご対面してしまったら、あとは時の運みたいですけど。(汗)

ゴミは勿論、匂いもなるべく持ち帰る?様に、努力したいと思います。
なるべく、足跡を残さない様にするって事もでしょうか?

今日は、長くなってしまいました。
すみません。
来週の土曜日は、弥平四郎から飯豊本山を計画しています。

美しき飯豊連峰。
人の手(観光)が入らない、自然の世界。
私の大好きな、山の神です。

次回も楽しみにしています。

libertypapa さんへ

こんちは!

そうですね。
動物は学習能力があって、カラスなんかは
クルミを車に轢かせて、中身を食べる事や電車のレールに
上げることなんて平気でやりますからね。

どんな動物だって学習能力があってやがては取り返しの
つかないことになる。
そのことを人は学ぶべきなんですね。
人間だって学習能力があるんだから・・・・ですね。

また飯豊の稜線でお会いしましょう。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード