死ぬまで勉強

 山頂を後にしたのは12時10分過ぎ。

 隣でマッタリしていた新潟のハイキング
クラブの皆さんも、ほぼ同時に下りはじめ
ました。

 大玉山への分岐の辺りを過ぎたあたりで
二人の参加者に付き添って下山し、再度
登ってきた添乗員のHさんと合流。

 それを待っていたかのように登山者の
ひとりに異変が・・・。

 足が攣りそうになったと後ろから伝わって
きたので様子を見に行くと、「攣りそうになった
から薬を飲んだ。」と言うことだった。 

 いつ何が起きるかわからない 
添乗員のHさんが側にいたから一安心だが
事無きを得てすぐ回復したから良かった。

P1100369_convert_20140624180910.jpg

 良くなってきた頃を見計らって下りるころに
今度は雨が降ってきました。

 だが、樹林帯に突入するので、雨具の
着用は必要無かったが、足下が滑りやすく
なる。
 オラも含めて、転んで怪我をしやすい
年齢の方々が多いので、絶えず声をかけて
注意を促しながら下って行きました。

 参加者が、「よくこんなところ、登ってきた
もんだ。」と言うほどの急坂を慎重に下りる。

P1100374_convert_20140624181115.jpg

 そして、最後の吊り橋を慎重に渡りきると
今回の旅は終わりを告げる。

P1100381_convert_20140624181308.jpg

 それまで緊張してきた筋肉をストレッチで
のばし、最後に御挨拶をしました。
 
 至らない点は沢山あったろうと思うのに
皆さんから、嬉しい拍手を頂き感激しました。

 はじめての引率でしたが、普段の登山と
違い色々な経験が出来たように思います。

 色んな事を覚えなければならない。
 まして、ずっと山をやるなら人間死ぬまで
勉強ですな。

 そう思った、今回の引率でした。

 師匠はじめ、fatfatyo さん、ササヤンありがとう。
 これからも色々ご指導よろしくお願いします。
 感謝しておしまいです m(_ _)m

 
  
 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

他人のペースで歩くというのは・・・苦痛ですね。
引率する方も、される方も・・・・
お疲れさまでした。

ボクも時々色々なペースで歩いてみます。
二王子をユックリだけど休憩なしで歩くとか
出来るだけ早く、ハアハアしながら、五頭、焼峰登るとか・・・・

色々なペースで歩くというのは、とても難しい
けれど、案外楽しい・・・かも(笑・・・・i-239

LTQ さんへ

おはようさんです。

いろいろありがとう。
まったくそのとおりです。
ましてや、オラはペース取りが難しくいつも
かーちゃんを先にやって、その後をついて行くと
いうことを心がけていますが、かーちゃん曰く
後ろで、「ハイハイ」と追い立てているんだそうな。

ソロで歩く方は、やっぱり自分のペースが好きなんでしょうね。

でも、おらもやっぱりにぎやかに歩くのは好きです。
明日は、かーちゃんペースでゆっくり楽しんできます。

「御西小屋」にはGPNが明日から常住します。
今度遊びに行きましょう。



やっぱ、奥様に感謝ですね。
今年の春山訓練は何回も受けたら新しい人の
参加枠を減らすから遠慮しました。
行けばよかったなあ。
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード