アップが遅れたけど・・・

 「御西小屋」の小屋番は、我が山岳会の
羽田さんがシーズンのほとんどを担当して
います。

 「羽田さんの慰問に行こう。」

 大したものは持てないが、話をするだけ
でも良いんじゃないか、そう思ってDr.
まっちゃんと大日杉を出発してきました。

 そして、ついに「御西小屋」に到着した
のでした。

 <大日岳>から帰ると、冷たい  が待って
おり、それまで寝ていたDr.まっちゃんも
ようやく起きて3人で乾杯。
 
 色んな話で盛り上がり呑みました。

 翌日は、大日杉に戻る予定だったが
天気があまり悪くないようなので、前日に
梶川峰を下りるミニ縦走とシャレこむ事を
決めていました。

 翌朝、13日5時45分出発です。

P1110069_convert_20140717175106.jpg

 御西小屋が見えなくなる曲がり角で
振り返ると、ずっと羽田さんが見送って
くれていました。

 しかし、その後羽田さんはズ~~と
双眼鏡で見守ってくれていたのです。

 15日夜、『天狗平ロッジ』で小屋番を
した時に、無線で話したらそう言ってた。
 その時は何だか涙が出そうになった。 

P1110074_convert_20140717175540.jpg

 「御西小屋」が見えなくなると直ぐに
現れたシラネアオイ。
 
 この先は雪渓を登ったり下りたりを
繰り返しながら進むことになる。

 自分が先行して、その踏み跡をDr.
まっちゃんがついてくるようにし、写真を
撮るときだけ前に出てもらうようにした。  

P1110080_convert_20140717175731.jpg

 花の百名山としてもトップクラスにある
飯豊連峰は、咲き乱れる花々が訪れる
登山者を楽しませる。

 いずれにしても、ここに来なければ
その感動が伝わらない。

 ピンクがかっているが、アヅマシャクナゲ
だろうか、それとオノエラン。 

P1110087_convert_20140717175907.jpgP1110092_convert_20140717180046.jpg

 天狗の庭を6時25分。 

 そして、御手洗ノ池には7時丁度に
到着。

P1110107_convert_20140717180237.jpg

 同じ「御西小屋」に泊まった男性は
我々より30分程早くに出発して行った
のですが、残雪から夏道への移行で
迷ったりしながら来たようだ。

 飯豊町の『椿駅』から「大日杉小屋」まで
タクシーで一万円だったそうだ。

 我々と同じ梶川峰を下山して『飯豊山荘』
15時30分のバスで『小国駅』に向かい
電車で関東に帰るそうです。

P1110116_convert_20140717182137.jpg

 <烏帽子岳>手前の峰で辿ってきた
稜線を振り返る。
 
 結構残雪を踏む箇所が多かった。
まだ、油断はできない。

P1110119_convert_20140717182311.jpg

 そう思った時でした。
 シナノキンバイが突然目の前にその
姿を現してくれました。

P1110125_convert_20140717180437.jpgP1110127_convert_20140717180620.jpg

 8時28分、<烏帽子岳>手前で最後の
残雪を踏んだ。

P1110140_convert_20140717182453.jpg

「飯豊朝日連峰の登山者情報」  
    ↑ 
 こちらでも御西~梅花皮岳の残雪状況を
ご覧ください。

 アップが遅れたけど、飯豊連峰の稜線
情報として間にあったかな 

 それにしても、師匠のH/Pの威力?は
凄い。
 カウンターが一気に跳ね上がって記録を
作ってしまった。
 最初で最後だろうね 
 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「申し訳ないです。」のコメント直後。

竹爺さん、GOODです!w
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード