思い

 「 できたよー。」

 作業を終えた頃、「葉山山荘」の
二階から声が聞こえてきた。

 駈け上がると、「 おっ、米沢牛。」
 
 ホーリーが準備したのだ。

 運転する人はノンアル。
 とーちゃん は、かーちゃんが運転する
ので  エビスだよ~ん。 

P1130101_convert_20141022174212.jpg

 ホストのホーリーが牛肉を焼いて
振る舞う。

 柔らかくて「  んま~い  」 

P1130106_convert_20141022174431.jpg

 ひっぱりうどんの昼食予定だったが
きのこが採れたので、半分はきのこ
入りうどんと、残りは真っ白なまるで
オラの心のようにきれいな、うどんを
ひっぱる。

P1130104_convert_20141022174020.jpg

  サバ缶と納豆、薬味にネギと唐辛子。
 
 「  んま~い  」を連発する。

 新潟県民のアキちゃんは、今回これが
初めて。
 「 なんだかハマりそうだわ 

 刺身もある。
 ハイジの持ってきた葡萄もある。

 本当に動けなくなるほどお腹いっぱい
だった。 

P1130111_convert_20141022174815.jpg

 楽しくお喋りしながら過ごした時間は
あっという間に終わる。

 ホーリーに見送られ、「葉山山荘」を
後にした。

P1130115_convert_20141022174952.jpg

   
ホーリーは帰らないんですかって・・・?




 彼は、自分の家のように御客様を
送りだした後、「葉山山荘」の中を
掃除して、更に神社の前まで掃き
清めてから、帰るのだ。

 それほど、彼のここに対する思いは
凄いものと感心せざるを得ない。

 もちろん、追いついてくる脚力を
もっている。

 ノンビリしたひと時から現実の
世界が近づいてくる。

P1130118_convert_20141022175106.jpg

 先行したバーボンが姥石で待って
おり、「オイ、竹爺遅かったじゃねーか。」

 この男 逃げ足 帰り足は速い。

  バーボンのザックから何が
出てきたの、ってですか。

 彼のザックは、いつも空なんです。

 でもね、見かけの重い彼のザックからは
いつも沢山の「思い」を頂いているんです。

P1130120_convert_20141022175439.jpg

 そして、登山口まで無事戻ってきて
鳥居のその先にある葉山に御礼の
頭を下げる。

P1130126_convert_20141022175628.jpg

 楽しかった。
 次回の冬合宿が楽しみだ。

 すべての方々に感謝し「長井葉山篇」
オシマイです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード