案内人

 おっと・・・。
 今回の案内人のご紹介を忘れていた 

 この方もブロガーで、山が大好きなんだ。

 「奥さんの晴歩雨読」

 ブログ名からもわかるように、遠い先人を
思い歴史を辿り古道を歩く奥さんが、我らが
ガイド岳ちゃんと一緒に案内してくれる。

 スタート前に、奥さんが作成した「西山新道
(絹の道・塩の道)探訪軌跡地図」を参加
した方々に配り、その古道の歴史を添書き
し、事前の知識を参加者に与えてくれました。

P1140849_convert_20150428043301.jpg

 奥さんはその古道の要所で、みんなに
説明しながら先頭を歩いて行くのでした。

 休憩の場所では、ツアー参加者の方々と
触れ合う岳ちゃん。

 オラはガイドじゃないけど、岳ちゃんや
奥さんを見て勉強する。
 
P1140852_convert_20150428043437.jpg

 「さあ、これから登りだよ。」
 
 その昔、飯豊町の萩生地区では水が
不足し、長井市つまり現在の百秋湖
上流部から水を引いたという、堰があった
地点で説明休憩をとり、参加者に声を
かけてくれた。

P1140853_convert_20150428043553.jpg

 優しい口ぶりの奥さんだが、古道を
歩くの大好きと言うだけあって、相当の
健脚。

 最後尾を任されたオラの直ぐ前を
行くリッキーとちづちゃん  「山楽番」

 「なんだか、俺達のペースじゃないな。」
 少し、早い感じがしたのか呟く。

 そんな呟きが20m程前の先頭を行く
岳ちゃんに届いたのか、無線で「どうだい
ペースは少し早いかな。」
 迷わず、オラはこう答えた。
 「 うん、大丈夫だ。」

 別にリッキー達を苛める訳じゃないけど
ツアーの参加者達は、全員の足並みが
揃うわけではない。

 しかし、参加された方々は目的地まで
連れて行ってくれると期待している事実が
あるのです。

 だから、出発前に岳ちゃんから言われた。
「竹爺、途中で脱落者がでたら頼む。」

P1140855_convert_20150428043705.jpg

 途中で<三体山>方面を引っ張った。
 
 ここから見た限りでは、緩やかに見える
稜線に期待した。

P1140858_convert_20150428043813.jpg

 「少年・・・みたい・・・?」

 参加している、カッチンとちいちゃんの
ブログ名であるが、本当に少年や少女の
遠足と言った感じで、綺麗な隊列を組み
ながら登るのでした。

P1140859_convert_20150428043929.jpg

 そして、良い景色に出会うと童心の
ようなにこやかな笑顔でカメラを取り出す。

 一時隊列途切れるようになるが、また
子供の遠足のように元の隊列に戻る。




 さあ、最初の急登になるブナ林に突入。

P1140863_convert_20150428044326.jpg

 どうです。
 真っ白な雪の上をカラフルなウエアや
ザックを背負った山人が如何にも大人の
遠足を楽しんでいるって感じだよね。

P1140866_convert_20150428053806.jpg

 ほらほら 

 カッチンやちいちゃん、それにまーちゃん
前日から来て疲れている筈なんだけど
急登のブナ林も、心地よい風と辺りの
雰囲気にすっかり溶け込んでいる。

P1140867_convert_20150428053923.jpg

 そしてようやくブナ林が途切れた。

 瞬間  みんなが声を上げる。

P1140874_convert_20150428054034.jpg

 それが、この景色だ。

 <大朝日岳> 左に東北のマッター
ホルン<祝瓶山>

P1140876_convert_20150428054213.jpg

 案内人の見せたかった景色がまるで
マジックのように息をつかせず飛び込んでくる。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

絶景に魅せられて

キツい登りを終えたとき、この絶景に(わおーー)ワンダフル・ビューティーフル。これですよ、だから辛くても登っちゃうんですよね。
奥さん、茨城に住んでいたことが・・と、気さくに声をかけていただき、興味のある歴史的なお話も含め素晴らしい出会いでした。
山形の味わいリンゴの漬物、う~美味でごじゃる。またまた味噌餅作っちゃいました。好評なんですよ(^o^)
次のステップにトレーニングしときます。(筋肉痛は無かったよ)

竹爺、こんばんは。
みんな休憩の度に「速いよねぇ~」なんて言ってるくせに、平気でついて行ってるから、まーチャンと「だまされた~w」って言ってました。
いつもはゆっくりペースでこんなに速く歩いた事ないのでもう必死でした(゜-Å)
でもご褒美にあの景色ぢゃあ、また行っちゃうんだろうなぁ(笑)

感謝します

竹爺、どうもお疲れ様でした。

この山は朝もう1時間早いと良いのですが遠い人もいますからね。ペースはやはり速いですか。
でも夕方は予定時間通りに着きました。

一日中、役割に徹した行動の竹爺に感謝します。次回は三体に立ちましょう。おしょうしな。

まーちゃんへ

コメ返遅れてすまんです。

良いですね~。
登った人しか見れない景色がそこにあるってのは
オラ達だけの特権です。
「なんでこんなに辛いのに登る?」って理由の
答えが明確にあるから頑張れるんですね。

んだべ~。
オラの住む山形には、いっぱいんまいもんがあり
これからの季節ドンドン出てくるよ。
また来て食ってケロ。

今度まーちゃんが作った味噌餅食ってみたいです。




ちいちゃんへ

遅くなってごめん。

ツアーは、時間が決まってるから人によっては
早いと感じたりすることがあります。
でも、健脚向けってなると退いてしまいがちに
なりますが、それだけ魅力が詰まっている所を
行くわけですから、達成した暁には絶景の
ごちそうが待ってるわけですね。

家に帰った時のホッとしたカッチンが
グビグビ、んまそうにビールを喉に流し込む
顔が思い浮かびましたよ。

また、んまいもんや絶景に出会える山形で
待ってるよ。


okusan へ

こちらこそお世話になりました。

良かったです。
ペースが速いと感じたのは、最初の方だけじゃ
なかったでしょうか。

やはり、計画がありますから最初はしょうがないですね。
そして、しっかりと予定通りの時間に帰れた事は何より
だったと思います。

オラは遊び半分と岳ちゃん支援を申し出ているので
当たり前の事でしたよ(笑

今度は是非、okusan と一緒に<三体山>に立ちたいです。
宜しくお願いします。

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード