倉手に・・・

 ゴールデンウィーク最終日の6日は
かーちゃんが出勤。
 ご苦労様だが半分出勤日だった。

 「 倉手に行ってくる。」
 「 あー、気をつけろ。」
 「 わがってだず。」

 天気がよいので、ひとり<倉手山>を
訪れる事に決め、9時頃『梅花皮荘』
到着。

 吊り橋を渡ると、林道はまだ除雪して
いないので、雪崩の跡が残っている。

P1150214_convert_20150508062300.jpg

 登山口に向かって歩いて行くと、スキーを
担いだ登山者とすれ違った。

 川崎から来たと言う方は、大日杉から飯豊
連峰を歩いて、今朝石転ビを滑ってきた
そうだ。

 聞いた話によると、上ツブテ石の辺りまで
雪渓歩きをしてきたとの事。
 
 「12時くらいのバスで駅まで行く。」と
言ってわかれた。

P1150216_convert_20150508062350.jpg

 <倉手山>登山口9時23分。

 自分より早く出発した単独の登山者が
いた事を確認できたが、残雪の跡を
見ると、結構登っているようでした。

P1150217_convert_20150508062440.jpg

 登り始めの急登では、ユキツバキや
ミツバツツジが結構咲いており、そちらに
気を取られながら、快適に登ることが
できました。

P1150218_convert_20150508062527.jpgP1150219_convert_20150508062617.jpg

 ご夫婦連れ2組ほど抜いて、行くと上から
賑やかな声が聞こえてきた。

 追いついて抜く途中、「どちらから・・・?」
尋ねると、「新潟県・・・から。」

 やっぱり、先ほど声をかけた方2組も
新潟県の方だった。

 それに、この方々はいつも小国山岳会の
諸行事に参加してくれ、先日の岳ちゃん
ツアーで、「西俣ノ峰ツアー」にも来てくれた
村上Yamadaさんの所属するグループでした。

 『山賊会』

 今回の<倉手山>山行も記載されてます。

P1150226_convert_20150508062800.jpg

 皆さんと少しお話をして、「お先に失礼」と
また黙々登り始めます。

 急登を登り終えて、一段緩くなる頃
残雪を踏みます。
 
 ここまでも2か所位大したことは無かった
けど、残雪が残っておりそこから溶けだした
水が登山道を汚しているので、長くつを
履いてきて正解だったなと思った。

P1150228_convert_20150508072221.jpg

 また賑やかな声が聞こえてきた。

 立ち止まって何やらワイワイキャーキャー。

 近づいてみると。

P1150229_convert_20150508072307.jpg

 みんなを歓喜させていたのは、これだった。

P1150231_convert_20150508072359.jpg

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

倉手山

一人山歩きでも賑やかな連休の倉手山は寂しくないですね!
シャクナゲですか?いいですね。
あっ!そう、そう
今回の日曜日と月曜日連休にした!とバーボンが一人で葉山に帰ってくるそうです。
私たちと逆のルートで登るとのことで山荘辺りで会うかもです。

ウタマルマンへ

お疲れさんです。

連休の最終日なんで、あまり人はいないかな?と
思いながら登ったのですが、倉手から眺める飯豊の
パノラマに惹かれ、沢山の方々が訪れていました。

バーボンも、今春のみんなの山行を羨ましく思って
いたと思います。
オラが心配するのは、二日間福沢さん達に会えなくて
途中で「や~めた。」って、引き返してこないかって
ことだけです。
バーボンに、もしお会いしたらそのようにお伝え下さい。


プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード