それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

別れの時

 <朳差岳>で休憩した後は、いよいよ
帰りに入ります。

 「みんなとも後少しでお別れになる。
 でも、山できっと会える。」
  
 「お花さんにも・・・」

 ナナッチが名残惜しそうに、ヒメサユリと
会話しながら思い出を画像に撮りいれていた。

P1160271_convert_20150618043932.jpg

  「頼母木小屋」の花畑で、岳ちゃんが
「ハクサンイチゲと二王子だったり、二つ峰を
一緒に撮ったるするのが多いんだよ。」

 二週間前なら、きっと重い三脚を担いだ
カメラマンたちがきっと登ってきたに違いない。

 今は、そのハクサンイチゲも終わりを告げ
ようとしている。

 それでも、自分達にとっては良いタイミング
だったのかもしれない。

 こうやって、静かな山を堪能することが
出来るのだから。

P1160279_convert_20150618044022.jpg

 小屋で帰る準備をして、10時に岳ちゃんから
「少し遅れるから竹爺、みんなを連れて先に
行ってくれ。」
 「 了解。」

 登り始めて間もなく、Yamazakiさんを先頭に
ヤスさん達新潟山岳会のメンバーが下りてきた。
 副会長のシンペーちゃんも一緒だ。

 「新潟山岳会 山行記録」

 嬉しかった、飯豊の友人達と会えた事が。

 もうひとつの出会は飯豊のスター、イイデ
リンドウ。
 
 飯豊固有種のデリンちゃんを見る為だけに
登ってくる登山者と出会ったことがある。

 なんだか、悲しいことに非常に少なくなって
いるような感じがするのはオラだけだろうか。

P1160294_convert_20150618044640.jpg

 <地神北峰>を登る参加者も、静かに
黙々と登って行くのでした。
 辛いけど登りが終われば、ようやく仲良く
なれたメンバー達との別れが近づく。

P1160307_convert_20150618044744.jpg

 「たけじい~。」

 おっと、<地神北峰>のピークで声を
かけてくれたのは、新潟山岳会会長の
Abcさんだ。

P1160314_convert_20150618044833.jpg

 Abc会長と、岳ちゃんとしばし雑談し
休憩を取った後は、丸森峰に入る。




 11時18分。
 <地神北峰>直下の残雪がいやらしい。
 
 日々、固くなってきているので安全に
配慮し、全員アイゼンを装着。

 岳ちゃんを先頭に今回の出演者たちが
下りて行く。

 岳ちゃん、Moriさん、ナナッチ、Thicaさん
ペーター、我妻、クララ、Yokotaさんと続く。

P1160320_convert_20150618061527.jpg

 雪渓の下りも楽しい。
 
P1160328_convert_20150618061613.jpg

 「丸森峰」から樹林帯に入ると、風が
途切れ暑くなる。

 丸森尾根は、結構樹林帯の中が多く
見晴らしがイマイチだが、下りるときは
少し開けたところから、<朳差岳>や
麓の小玉川地区が良く見える。

 急降下を続ける。 

P1160332_convert_20150618061704.jpg

 夫婦清水は雪で覆われ、水を取ることが
出来なかった。

 途中休憩しながら、ようやく

『飯豊山荘』 
『天狗平ロッジ』


それぞれの屋根が見えてきた。

P1160343_convert_20150618061750.jpg

 15時35分。

 6月13日梶川尾根登山口を出発し
扇の地紙を経由して「頼母木小屋」泊。
 6月14日「頼母木小屋」~<朳差岳>
戻って<地神北峰>から丸森尾根を
下ってきた、岳ちゃんツアーもようやく
終了となる。 

P1160348_convert_20150618061840.jpg

 ガイドの岳ちゃんの巧みな誘導が
この長丁場を乗りきらせたことに、只
驚かされた。

 食事の提供も含め、プロのガイドに
同行して学ぶことは多々あり勉強に
なりました。

 岳ちゃんツアー、今年は魅力ある
ツアーを沢山計画しています。

 ぜひ、参加してみませんか。

 参加された皆さんお疲れ様でした。
そして、ありがとう 

 み~んなに感謝して、岳ちゃんツアー
同行篇のおしまいです。

 

スポンサーサイト
  1. 2015/06/18(木) 07:42:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3
<<飛び立ちたい。 | ホーム | 飯豊病>>

コメント

美しき山人、美しき飯豊連峰

こんばんは、libertypapaです。

ツアー同行・掲載、お疲れさまでした。
3回に渡り、楽しませて頂きました。
素晴らしい物語に仕上がっていますね。

頼母木や杁差から見る本山・北股方向は、とても綺麗な連なりですよね。
新潟と山形では、傾斜がまったく違いますし、残雪も違います。

今少しずつ、山のお姫さまの名前を覚えようと、努力しています。
山を歩きながら花の名前を言えたら、もっと楽しい山行になると思います。

20日の土曜日は、関川村の大石ダムから、西俣~杁差岳~東俣の一周を予定しています。
今年初の、杁差岳になります。
  1. 2015/06/18(木) 18:08:31 |
  2. URL |
  3. libertypapa #.7qlW8go
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/06/18(木) 20:39:18 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

libertypapa さんへ

おはよっす。

ありがとうございます。
褒められるようなブログではないですけど ^^;

朳差から見る飯豊の山塊は別もんです。
飯豊のいろんなピークや稜線からそれぞれ眺める景色は
ひと味もふた味も違いますからね。
時間や、日々、季節でまったく違った感じは、そこに
行って人間の五感で感じたものしかわからないですからね。

西俣から東俣、良いですねぇ~。
オラはまだ未踏なんです。
西俣、東俣上部は痩せ尾根なんですよね。
気をつけて行ってらっしゃい。

オラも日曜に、友人と西俣を登って朳差を
ピストンするコースや石転ビピストンかを
視野にいれたのですが、かーちゃんも一緒に
行きたいらしく、かーちゃんの意見で(絶対服従)
違う山になるかもしれないです。

  1. 2015/06/19(金) 07:57:30 |
  2. URL |
  3. 竹爺 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogunimachimontefuan.blog47.fc2.com/tb.php/1867-5be13244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1153)
自転車 (71)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (65)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (56)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (185)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード