隣村の名峰

 国道113号線が通る小国町。
 その国道を新潟県に向かって走ると、5分で
県境。
 更に15分程走ると、新潟県関川村の
中心部。
 国指定重要文化財の『渡邉邸』が構える
所でもある。

 オラが住む小国町は山形県だが、関川
村は隣町(村?)でもある。

 かーちゃんが、「 日曜、関川村の名峰
<光兎山>に行きた~い。」

 <月山>を登って以来、3ヶ月ぶりで登った
<経塚山>で、体力の衰えを感じたらしい。

 前日は、我が山岳会木内会員の「100名山
登頂達成記念講演会」が行われ、その後の
芋煮会で少々お疲れモードのオラには
かーちゃんの歩行ペースが丁度良かった。

 朝、9時10分に関川村の中束(なかまるけ)
登山口からノンビリ歩きだし、頂上に12時を
少し回った3時間ほどで到着。

DSC00222_convert_20151103070828.jpg

 頂上には誰もいなかったが、途中で2名
ずつのグループ3組の方々とスライド。

 聞けば、1組は「途中で引き返して来た。」
もう1組は「ガスで全然見えなかった。」
最後にスライドした組は、おじいちゃんと
まだ小学生の孫らしき登山者に頂上直下で
出会った。

 966,3mの頂上、快晴とは行かなかったが
日本海の海岸線が見えた。

DSC00238_convert_20151103071005.jpg

 頂上は無風状態だったが、気温が低く
軽めの昼食をして下山。

 登って来た、観音峰、雷峰が良く見えて
いた。

DSC00240_convert_20151103071148.jpg

 頂上直下の駒返しでは、岩の上が滑り
苦労していたかーちゃん。

DSC00242_convert_20151103071346.jpg

 一段下りて<光兎山>を見上げ、「 なんとか
登れたね

DSC00244_convert_20151103071525.jpg

 だが、登山口近くまで下りてくると
 やっぱり膝の調子がおもわしくない。」 

 そりゃーそうだろう。
 なんせ何もせず、ただ体力低下に
つとめてきたんだから。

 でも、満足感一杯だったようだ 

  なんで、今回は頂上から始まった
ってですか 

 カメラにSDカードが入っていないのに
気付かず、空シャッターを切っていた
アホな とーちゃん だったのさ 





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

竹爺さん、おはようございます。
光兎山の後ろの山(山形寄り)は、雪化粧を始めましたね。
この山は、6月初めの石転び沢の雨天・ガス中止で、祝瓶山の山開きに出合い、やはり雨天であきらめて新潟に戻り、登った山です。
山頂の風景は、鷲ヶ巣山なども良く見えたわけですね。
カメラに収められなかった画像の中には、観音峰の祠もあったと思います。
あの祠の傾き、笑えますよね。
建設データ偽造で、積雪に耐えられなかった?
なんて位、可笑しいです。

966.3mですが、この山も良い山ですよ。
SDカードは、とても残念でしたね。
私は、充電し忘れでガッカリがありましたね。

libertypapa さんへ

こんちは~。

<光兎山>は良いですよね。晴天なら頂上からは
大パノラマが広がり素晴らしい景色です。

生憎曇りだったんですが、朝日連峰の冠雪や
<鷲ヶ巣山>も当然ながら見えました。
ですが、残念ながら飯豊方面は雲が低く<エブリ
差岳>は見えませんでした。

観音峰にある祠は、新しく建て替えられていましたよ。
今度は偽造データはないと思います(大笑

アホなんですねオラは・・・。
途中でかーちゃんに「SD大丈夫?」と聞かれ
「心配してんな!」なんて、言ってたのに頂上で
入ってないことを言ったら怒られて、それはそれは
怖かったです。
雨が降ることを考え、画質が劣る防水カメラを持って
行ったので、そこからSDを抜き取っての撮影でした。
本当にあってよかったです ^^;

きのこ学校

ご無沙汰しています。
また行動を再開されたこと、お元気でなによりです。
関川村の名峰登ったんですね。わたしも冬前の雑用が落ち着き、15日のツアーに参加予定で参考になりました。ありがとうございます。
 先週、ここ掘れ主催のきのこ学校に出席し修了証をいただきました。風邪を引いてしまってあまり会話はできませんでしたが、かなりのきのこの知識を習得しました。これでわが米沢藩に伝わる糧物集と小国の山菜、きのこ学校の修了証で、これからのサバイバル時代を乗り越えられそうですw。
 また、急遽キャンセル発生のため、黒伏山ツアーも運よく参加させていただきました。
いやぁ、結構な山でしたよ。
小枝を掴みながらの急登り、鍾乳洞探索、2時間の藪漕ぎ、参加者のポールが半分になってたり、時計バンドが切れたり皆満身創痍でしたw。普通の登山道が天国に見えたぐらいです。
いろんな山があるんもんだなとよい経験をさせてもらいました。
 今年経験を積みましたんで、来年はいよいよソロデビューできそうですw。
竹田さん、なんとかついていけると思いますw、いつもでゴーです、よろしくお願いします。




米沢のWさんへ

Wさんありがとう。

それに、先日は色々送っていただき重ねてありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

Wさんはもうソロでどこでも登れますよ。
隣村の名峰は、中束から登ると思うのですが、少々アップダウンは
あるけど、快適に登れると思います。
Wさんには少し、物足りないかも(笑

頂上からは天気が良ければ、素晴らしい眺望が開けますので
是非そうなることを願ってます。

オラもこっそり後をついて言ったりして・・・アハハハ。

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード