他人にやさしく・・・

 「白鷹町営スキー場」から、車で15~20分位
移動した所は、<白鷹山>の麓にありながらも
山形市の大平地区。

 この<白鷹山>の麓は山形市、南陽市、白鷹町
山辺町が接している所でもあります。

 その大平地区は、「ユキツバキ」が自然のまま
生息している場所で、昨年は5月中旬頃に「ミズ
バショウ」と「ユキツバキ」が見ごろになるのに合
わせて、大平雪椿まつりが開催されたようです。

 大平からの<白鷹山>登山口近くに車の駐車
できる場所を探し、その前で岳ちゃん主導でスト
レッチを行った。

DSC01233_convert_20160222060227.jpg

 身体も暖かくなりいよいよトレッキングの開始。

 歩きだしてすぐ、岳ちゃんが「本ウルシの木
だよ。」と皆に教えてくれた。

 ウルシの樹液を採取した後が見事に残り
まるで、オラのような傷だらけの様相を呈し
枯れていた。

 オラの行く末が見えたようで、チョット直視
出来なかった 

DSC01236_convert_20160222060359.jpg

 それでも、そのウルシの近くにある木々に
シジュウカラを見ることが出来、もうすぐ近い
春を感じ取ることが出来て良かった。

 結構、このルートを登られる方がいるのか
しっかりしたトレースがついており歩き易い。 

DSC01239_convert_20160222061255.jpg

 一流のガイドである岳ちゃんのペースの
作り方は、一般参加者も歩きやすくみんな
隊列を崩すことなく、これぞ「大人の遠足」
って感じだ。

DSC01241_convert_20160222061443.jpg

 ちょっとした、段差がある急坂では絶えず
後ろに気を使い声をかけながら、みんなを
引張ってくれる優しいガイドさん。

 「日頃、オラ達にもこういう優しさで接して
くれたらいいのになぁ~。」とついつい思って
しまった。

 他人には優しく、山岳会の身内には厳しい
技術部長の岳ちゃんなんです 

DSC01242_convert_20160222061634.jpg

 急登を登りきると、鉄塔のある場所に緩い
斜面が現れた。

 汗をかくようなペースではなかったが、思った
より暖かく、みんな上着を脱いだりして体温を
調節。

DSC01243_convert_20160222061747.jpg

 そしてこの男も脱いだ。

 山形大好き人間のカッチン。

 先週の<長井葉山>もそうだったが、5時間
運転してきて、山に登るのだからスゴイ。 

DSC01244_convert_20160222184806.jpg

 「 ここを下りたら呑もうぜ。」と約束している。

 んまい酒を飲むには、汗をかくことも必要
だが、楽しい登山をすることが一番なんだ。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード