残雪が少ない

 オオドミで下山してくる方に会いました。

 その方が持っているストックに3人共 
驚いた。
 ストックの先がピッケルのピックのように
なっているのだ。

 その男性は、これで石転ビも登ると言ってた。

 「 昨日(土曜日)はどうでした。」

 「思ったより風が強かった。夜は  いっぱい
ひっかけてぐっすりさ。」

 頼母木小屋に泊まったのはひとりで、管理人も
入っていたよと教えてくれた。

DSC01934_convert_20160426062349.jpg

 オオドミから三匹穴までの斜面を登って
行くと、やがてもうひとりの下山者が現れた。

 聞けば、頼母木小屋で小屋番をしてきた
方だと言い、我々の後ろから中条山の会
亀山さん達が登ってきていると言う。

DSC01935_convert_20160426181842.jpg

 誰からともなく、「ちょっと立ち休憩。」

 後ろを振り返る。
 登って来たルートが尾根がずっと先まで
見えていた。

DSC01936_convert_20160426182031.jpg

 9時16分、三匹穴に到着。

 ここからが見た目以上に結構キツくなる。

 似非頼母木、頼母木平、そして<頼木山>と
目の前に現れる島が、「まだか、まだか 」
テンションを下げるのだ。

DSC01939_convert_20160426182259.jpg

 それでも、飯豊連峰は我々を癒して励ます。

DSC01941_convert_20160426182446.jpg

 頼母木平に向かうホーリー。

 「いや~、体力不足だ。」と言いながらも
ステップを気持ちよく刻んで行く 

 とーちゃん、そのステップをもらいながら
楽して登るのが得意なのだ 

DSC01942_convert_20160426182614.jpg

 Masa君の後ろに、先週登った<倉手山>が
見えた。

 きっと、今日も沢山の登山客が訪れてここを
肉眼や、望遠鏡で見ているに違いない。

 そして、飯豊に憧れ登って来るって訳さ。

DSC01943_convert_20160426182730.jpg
 
 頼母木平の島に入ったホーリー。

 昨年の今頃は、雪の中だった筈だが
今年はササ藪の中を歩く。

DSC01952_convert_20160426183033.jpg

 ここから、「頼母木小屋」が見えてくる。
 (写真は少し引張ってある)

 その様子から、やはり雪が少ない事が
分かる。

DSC01954_convert_20160426183215.jpg

 10時、頼母木平通過。

 さあ、もう少しで今日の目的地<頼母木山>
 頑張ろう。
 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

竹爺、こんにちは。
今年のGWこそ西俣ノ峰から頼母木に登りたいので、早く続きが見たいなぁ~(^▽^)/
あと偶然ですがそのストックの方、私が大境山から二王子に向かって叫んでた斉藤さんです(笑)

ちいちゃんへ

おはようさんです。

へ~、そうだったんですか。
あの方が斎藤さんでしたか、分かっていれば
カッチンやちいちゃんの話で盛り上がり、もしかすると
オラ達はそこから先に進めなかった可能性がありますね(笑

GW前半は二王子、そして頼母木って言ってたよね。
気になるのは天気だよね。
オラは、前半かーちゃんのお供です。
そして後半は岳ちゃんツアーです。

またご一緒しましょうぜ。
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード