去り難いが・・

 頂上直下、スノボを背負った若者に出会う。

 2時30分に梅花皮荘駐車場を出発してきた
とのことだ。
 「<朳差岳>まで行ってくる予定だったが、諦め
頼母木小屋でマッタリしてきました。」

 オラだのように訛ってない言葉で話し、下りて
行くその姿は、残雪が思ったより少なく、ボーダー
にとって期待外れだったよう悔しさが滲んでいた。

DSC01959_convert_20160428052223.jpg

 10時15分、<頼母木山>到着。

 途中休憩を何度も繰り返しながら、麓にある
『民宿 奥川入』を5時に出発して、5時間15分。

 オラの足はバンバン張っていた 

 ホーリー、Masa君と共に先ずは  

DSC01970_convert_20160428052730.jpg

 <朳差岳>方面

DSC01963_convert_20160428052431.jpg

 <地神北峰><地神山>方面

DSC01964_convert_20160428052555.jpg

 雲を被った<二王子岳>方面

DSC01973_convert_20160428052905.jpg

 「こんな日は、稜線歩きが楽しいだろうな。」

 風もない穏やかな頼母木で、早目の昼食をし
ていると、ご夫婦が1組登ってこられた。

 「竹爺さん???」そうたずねてきたのは、
石転ビや昨年は梅花皮荘の駐車場で出会った
新潟のむっちゃんご夫妻だった。

 絶景を眺めていると去り難い。
 あんなに苦労して登って来たのに・・・。
 
 1時間ほどまったり過ごし、11時15分に頂上を
離れ下山する。
 
 おっと、その前に、かーちゃんの好きな「頼母木
小屋」をしっかり 

DSC01985_convert_20160428053206.jpg

 頼母木平で、登って来た1組のカップルと会う。

 そして、三匹穴で3人の方と会い、オオドミから
三匹穴の斜面で、亀山さん達3名と会った。

 この日、我々の他14名が頼母木を楽しんだ。

DSC01992_convert_20160428053329.jpg

 14時に『民宿 奥川入』に下山。

 『梅花皮荘』側の桜が、満開で見頃だった。

DSC02018_convert_20160428053512.jpg

 『梅花皮荘』のお風呂で疲れを癒して
帰りました。

 一緒に山行してくれた、ホーリー、Masa君に感謝。
 飯豊の神に感謝。
 出会った山友達に感謝。
 そして、ご覧になった皆さんに感謝して 
 








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

穏やかな良い日でしたね。

こんなに良い日はそうそう有りませんよね。
風が強くて、ホッカムリした日も有りましたし。
皆様方、地元なのに引き際が早すぎ~
でも、一時間はいらしたんですよね。
山々を眺めていると、あっと言う間に時間が過ぎてしまいますね。

帰り、石楠花が咲いているのを見つけました。
(登り気が付きませんでした)

むっちゃんへ

おはようございます。

コメ返遅れてスイマセンでした。

素晴らしい登山日和でしたね。
オラも久々に満足満喫した頼母木だったです。

連休の前半、かーちゃんと頼母木小屋泊で行こうと
話していたのですが、月末作業や悪天予想で断念し
実家での作業等に追われ実現できず残念だったです。

後半も天候が悪く、北アルプスでの遭難騒ぎで
どうなるかと思いましたが、岳ちゃんからの続行
宣言で、2日に小国に帰って準備そして今回の
<蝶ヶ岳>登山となりました。

また、飯豊の山でお会いしましょう。



プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード