ひがえり

 いつもオラばっかり山に登っているからではない
のだが、「 泊まり山行禁止。」とのお触れが
家族の前で出された。

 最近美女たちと登るので、年甲斐もなく今更
ヤキモチでもないだろうに・・・・・などと要らぬ
おせっかいをやいてる諸君、そんなんで禁止令
となったのではありませんよ。言っとくけど 

 まっ、とにかくしばらくはお泊り禁止なので
日帰り登山で我慢するしかない。

 そこで、我が友ホーリーに日帰り山行を提案。
 「 <飯豊本山>を日帰りで。」と餌もつけずに
ホーリーに向かって投げてみた。
 すぐ釣れた 
 さすが大物ホーリー、引きが良い 
 
DSC03536_convert_20160719173613.jpg

 7月16日土曜日、朝2時を回ったところで
起床。準備して3時に小国を出発し、先日山開き
前の有志登山でにぎわった、大日杉小屋に
向かった。

 三連休の初日でもあるので、駐車場には沢山の
県外ナンバーがあった。

 3時55分、出発。

 4時41分、長之助清水到着。
 「1ヵ月ぶりだ。」と言うホーリーは途中から
減速気味になり、「竹爺、俺が前を行く。」と
代わってしまった。

 休憩して4時52分、御田の杉。
 信心深いホーリーは、手を合わせて拝む。
彼は、祝詞も上げるほど神を大事にする男だ。 

DSC03539_convert_20160719173852.jpg

 天候は曇り。
 前回の有志登山の時とあまり変わらない。

 高度を上げるにつれ雲海がとてもきれいに
見えて来たころ、我々より遅く出発してきた
愛知の男性に追いつかれた。

 「良いスピードですね。できれば後ろを一緒に
歩いてもかまいませんか?」
 「 別に良いですよ。」

 だが、この男性はホーリーが長井警察署に提出
してきた日帰り計画の内容をまだ知らなかった。

DSC03545_convert_20160719174132.jpg

 磐梯山が遠くに、おぼろげながらにも見え
ホーリーが男性に教えながら、一緒に歩き
<地蔵岳>に6時20分到着。

DSC03547_convert_20160719174311.jpg

 愛知県岡崎市から来た男性、カンベさん。
 彼は、本日百名山の99名座に<飯豊山>を
選んだそうだ。

 北海道の山々を制覇して、新潟までフェリーで
そして、飯豊の大日杉から日帰りで<飯豊山>を
狙うということらしい。

DSC03548_convert_20160719174539.jpg

 我々も日帰りと言うことを聞いたから、どうやら
一緒に行動することに決めたようだった。

 休憩した後は、ヒメサユリ街道を歩くが、姫様は
もう見えなかった。

 姫様に代わりニッコウキスゲがまだ、残ってく
れていた。

DSC03549_convert_20160719174715.jpg

 御坪近くになると、もう秋の気配すら漂う。

DSC03554_convert_20160719175032.jpg

 そして、8月から9月に咲くはずのタカネマツムシソウ。
 もはや秋?を感じさせる。

DSC03552_convert_20160719180143.jpg

 同じように、アズマシャクナゲにとって代わり
ハクサンシャクナゲ。
 こちらは7月から8月上旬に咲くのだから当然
ですが、本当に何やら秋の気配が漂う花々に
驚きながら登った。

DSC03551_convert_20160719175955.jpg

 御坪を過ぎた御沢の入り口で、宮城の学生が
「雪渓を登れないからあきらめてきた。」と言って
我々に道を譲った。

 聞けば、大学の山岳部らしいが十分な下調べも
行なわずに登ってきたことに、ホーリーも驚いていた。

 飯豊に登るには、「飯豊朝日連峰の登山者情報」 で
情報を取るのが一番なのに、そんなことも行なって
いない様子だった。

DSC03559_convert_20160719175217.jpg

 8時27分、水場に到着。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

北岳ツアー

お久しぶりです。
相変わらずのご活躍で感心いたします。
私も3連休に吉田氏の南アルプス北岳登山ツアーに参加してきました。参加理由は、以前D氏と富士山登頂をはたしたので、次は2、3番と深く考えず単純な発想と、昔、営業途中のさぼりで見たマークスの山という映画でした。この身の程をわきまえない軽い態度と日ごろの運動不足がたたり、初日からかなりハードで苦労し、皆に迷惑をかけてしまいましたね。
 また、吉田岳氏の山岳ガイド史で語り継がれるような世にも不思議な(恐怖?)体験もしました。キーポイントは視界不良と農取小屋の親父、落ちていたリップクリーム、北岳山荘近くのケルンにいたうつむいていた母子です。これは必見ですよ。あとからぞくぞくときますね。
ここでは長くなるのでお会いしたときコーヒー一杯おごってくれたらお話ししたいと思いますW。それではまた。

米沢のWさんへ

おつかれ~。

岳ちゃんのブログ見ました。
その話興味ありますね。
今度是非聞かせて下さい。コーヒー一杯なんていわず
いっっぱ~い、おごりますよ。

中々忙しいようで、会えませんがそのうちまた
一緒に登りましょうぜ。
プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード