100は?

 本山小屋を11時42分後にしたオラとホーリー
そして、<飯豊本山>が今回の99座名となる
百名山ハンターのカンベさんがオラたちの後を
ついてくる。

 愛知県岡崎市のカンベさんが最後に狙うのは
<水晶岳>なんだそうです。

 登ってきた、大日杉から切合小屋ルートを離れ
帰りは、三国小屋経由のルートを下りる。

DSC03626_convert_20160723172410.jpg

 13時27分 <種蒔山>通過。

 ホーリーは、なるべくなら同じルートを使わず
帰りたいと常々言っている。
 学生時代、ワンゲル部に所属し鍛えてきた
のだから、その血がそうさせるのだろう。

 13時44分、七森通過。

DSC03628_convert_20160723172431.jpg

 14時15分に三国小屋到着。

 かなりの数の登山者がたむろしていた。
 休憩している間にも、福島の高校生たちが
大勢登ってきた。

 三連休の初日(7月16土)と言うこともあり
この日出会った登山者は、百名山ならぬ百名
に近いほどの登山者と出会った気がする。

 単独もいましたが、なんといってもグループ
登山が多かった。
 
DSC03630_convert_20160723172452.jpg

 三国小屋管理人の金子さんにご挨拶して
剣ヶ峰を下る。

 剣ヶ峰の途中から、エンジン音が聞こえてきた。
 剣ヶ峰の岩場が終わるところまで下りると、 若い
男性が、登山道の草刈りを行っていた。

 岩場で後ろを振り返ると、百名山ハンターの
カンベさんの身のこなしに 
 なんと、オラたちが四苦八苦しながら下りる
岩場をひょいひょいと軽々下りてくるのだ。
 
 「この靴、グリップ力があるから。まっ、あまり
過信してもいけないけどね。」

 オラたちの後ろをついてきてはいるが、前に
でればスイスイ行く人なんだろうな、そう思った。

DSC03632_convert_20160723172545.jpg

 川入からのルートと<五段山>方面からのルート
分岐には15時11分。

 この辺りは登山道の草刈りがなされてなく
足下もぬかるむ場所が<五段山>までの間、結構
ありました。
 天気が続けば大丈夫だろうが・・・。

 そして、途中にはクマが食い散らかしたと
見られる笹竹があり、ホーリーが慌てて声を
張り上げ、オラは慌てて呼子を吹いた。

DSC03635_convert_20160723172605.jpg

 16時14分。
 クマの気配に怯えながらようやく<五段山>の
分岐。

 ここから大日杉小屋まで急登を下る。

DSC03639_convert_20160723172627.jpg

 最後のつり橋を渡って、大日杉に戻ったのは
17時45分だった。

DSC03642_convert_20160723172651.jpg

 ホーリーありがとう。
 オラが考えもしなかったあんな計画を直前に
オラに渡し、そして百名山ハンターのカンベ
さんも驚くようなコースを、日帰りさせるとは・・
とにかく感謝です。

 また、とんでもないことをやりましょう。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード