あれって・・・

 久々の登山だ。

 前日から興奮して眠れなかったんです。

 岳ちゃんツアーにサポート役として誘われて
いるのですが、今月の 『焼峰山ツアー』 は
岳ちゃんから、「少人数なので大丈夫だよ!」
そう言われたので参加しなかったから、今回は
楽しみでした。

 リピーターの多い岳ちゃんツアー。
今回は誰がどの程度参加するのか、直前まで
わからない。

 直前にわかった小国町から参加する、「小国の
母」こと、みわさんそして今年入会した小国山岳
会員のキヨちゃん(今回のツアーに参加した
新潟市黒崎山の会の有名人である いっちゃん が
愛称をつけた ) 二人を乗せて登山口に現着。  

 途端にすさまじいほどの羽虫の出迎え。
エンジンをかけているとその匂いに寄って来る。

DSC05731_convert_20170523052403.jpg

 大日杉小屋前の広場で、挨拶他準備運動を行い
岳ちゃん以下、オラとキヨちゃんのほか、16名の
ツアー、8時5分にいよいよ出発です  

 歩き始めて30分ほどで、目の前に現れたザンゲ
坂は、3分の2ほどが残雪で覆われ上部の残りは
岩肌が露出した状態だった。

 岳ちゃんがロープを出さずに、なんとか全員
無事に登りきることができた  

DSC05739_convert_20170523052530.jpg

 長之助清水はクリアし、9時40分に御田杉
到着。

 岳ちゃんツアーは相変わらず、ゆっくりペース。
最近歳のせいか、オラにも心地よい、ピッタリの
ペースと感じてきたのは気のせいだろうか。

DSC05758_convert_20170523052702.jpg

 登山道の両端は、今見ごろのイワウチワが乱舞
するかの如く、我々の足下にまとわりつくようだ。

 気温は高くなる予報だが、新緑の中を歩くこの
時点では、とても清々しい気分で登れてとても
気持ち良い。

DSC05760_convert_20170523052847.jpg

 木々の間、開けたところからは向こう側の稜線
上に、三国小屋が見える。

DSC05764_convert_20170523053834.jpg

 「弥彦日和」で素晴らしい写真を魅せてくれる
岳ちゃんツアー専属カメラマン兼広報担当 
新潟の貴公子、我らがタクちゃんもオラの
前で、シャッターチャンスを伺いながら登る
のでした。

DSC05774_convert_20170523053142.jpg

 そして視界が開け、だまし地蔵まで登ると
地蔵から続く尾根の向こうに<飯豊本山>が
見えてきた。

 「あれって、飯豊山?」

 今の残雪期に登ったことがない人は、ずっと
近くに感じてるようだった。

DSC05793_convert_20170523054114.jpg

 それにしても気持ちが良い。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード