御前坂の手前で下山してくる登山客とすれ違う。

 我々が泊まった『切合小屋』は貸し切り状態
でしたが、どうやらみんな「本山小屋」に泊まった
ようです。

 素晴らしい天気に魅せられ、<飯豊本山>を
目指した方々が結構いたようでした。

DSC05946_convert_20170526085008.jpg

 細かいつづら折りの続く御前坂を、ゆっくり
ゆっくり時間をかけながら登るメンバー。

 静かに登るのです。・・・と言いたいのだが
前を行くいっちゃんたちの楽しい話し声が
登ってるはずなのに、最後尾のオラたちまで
言葉が下りてくるから不思議だ 

 「ねえ、ここには有名な場所があるんだよ。
それはねっ、御前カフェっていうところなんだ。」

 みんなに自慢げに話してる。

DSC05953_convert_20170526085026.jpg

 その場所に到着すると、ほら  
いました、いっちゃんが。

 「ねえねえ、みんなおいでよ。ほらここに
座ってごらんよ。ほら~ゆかちん早く~。」

 順番にみんなを座らせ、「ほら、撮ってやるよ。」

 「さすがいっちゃん。」初めて知り合った人も
すっかりいっちゃんの虜になってしまったようだ。

DSC05954_convert_20170526085541.jpg

 「本山小屋」が見えてきた。

 シーズンになると、この辺りからイイデリンドウが
現れ始める。

 右側のアンテナ(避雷針?)が見える建物は
トイレですが、中に雪がドッサリ入り込んでいま
したが、一番奥のトイレが使用できる状態でした。

 小屋前で休憩している時に、まだ開いてはいない
神社の前で、昨年の孫誕生のお礼と、今年夏に
生まれる下の娘の安産を祈願してきました。

DSC05960_convert_20170526085603.jpg

 5時23分に『切合小屋』を出発して、7時52分
ついに最終目的地の<飯豊本山>に到着。

 穏やかな天気に恵まれ、最高の瞬間を迎え
み~んな 大満足、大感激、岳ちゃんはじめ
仲間たちに大感謝。

 顔がおかしくなるんじゃないのかな?って
思うほどみんなずっと笑顔がいつまでも続く。 

DSC05978_convert_20170526085628.jpg
 
 名残惜しかったが、ここで40分ほど過ごして
泣く泣く下山 

 「また来るからね~。」

DSC05985_convert_20170526085646.jpg

 帰りもほら、いっちゃんの周りでこんな
ポーズが突然始まったりと、とても賑やかな
二日間だった。

 そして、地蔵岳では我が山岳会のシミケン
さんとみっちゃんと会い、一緒に下山し
とても楽しさも増え、最後まで素晴らしい
ツアー登山になりました。
 
DSC06060_convert_20170526091545.jpg

 16時でした。

 内容の濃い充実した二日間もこの「大日杉小屋」で
終わりです。

DSC06065_convert_20170526091601.jpg

 またの再開を約束してそれぞれ帰途に。

 良い思い出を頂いた岳ちゃんはじめ一緒に
付き合ってくださった皆さんに感謝、そして
いつもどおり、くだらないブログを忍耐強く
ご覧になった皆さんに感謝して おしまい です。

                          



 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード