イチゲ鑑賞会へ

 新潟県の『奥胎内ヒュッテ』まで車が入れるのは
6月9日になると、亀山さんから教えてもらいました。
 本日(5月30日)県から、亀山さんに連絡が
あったそうです。

 彼は、昨日頼母木小屋に行って泊まり今日の
下山だったようですが、ハクサンイチゲは昨日
そして今日の天気で満開になったと言ってました。




 さて、我々がハクサンイチゲ鑑賞会と称して
登山を決行したのは5月27日の土曜日です。

 『国民宿舎 梅花皮荘』の駐車場に集合して
車に乗り合わせ、まだオープンしていない『飯豊
山荘』に駆け付けると  なんとそこには
かっちん、ちいちゃん、リッキーやちづちゃん
フカ君達がいました。

 ひさしぶりに会った山友達は、別ルートでの
山行のようだったみたい。

DSC06067_convert_20170530045850.jpg

 不思議なもんですね。

 飯豊に憑りつかれた者は、毎回のように
こういったところで出会うもんだと感心する。

 ご挨拶もそこそこに、我々は丸森尾根に取りつく。

DSC06074_convert_20170530050157.jpg

 身体が温まる前に、いきなりの急な岩場に
取りつくのだから、登山の入り方に気を使って
しまうのが、丸森尾根のそばにある梶川コースと
並び、小国側からの登山口の特徴とも言える。

 ここをクリアしなければならないのだから、ただ
ひたすら登るしかない。

DSC06079_convert_20170530050315.jpg

 そして、岩場を過ぎれば一息つくって訳さ 
 
  メンバーは誰ってですか。

 みんな恥ずかしそうにしてるけど、先頭は我が
友ホーリー、そしてペーターと糸ちゃんにみどり
ちゃん、チカちゃん、そしておいらさ 

DSC06081_convert_20170530200943.jpg

 天気が気になる週末の予報だが、そこは晴れ男を
自称する 竹爺こと それゆけとーちゃん 。

 まっ、何とかなるさ 

 ほら、下界もはっきりしてきたぜ。

DSC06091_convert_20170530050428.jpg

 夫婦清水の辺りから残雪を踏むがとても気持ち
良く、アイゼンはこの時点でまったく必要ない。

 青空が出てきたので自然と心も高揚する。

DSC06093_convert_20170530201126.jpg

 「さあ登って来い、お前達がどの位飯豊が
好きなのかを試してやるよ。」

 飯豊の雄姿が我々に声をかけ奮い立たせる。

DSC06094_convert_20170530202839.jpg

 仲間たちから言われていた、「ハクサンイチゲ
まだ咲いてないよ。」

 我々の目指すイチゲの鑑賞会は、果たして
成功するのだろうか・・・ 。







 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード