出てくる・・・

 新潟県の『奥胎内ヒュッテ』まで車が入れるのは
6月9日になると、中条山の会 亀山さんから教えて
もらいました。
 
 当初、6日に入れる予定でしたが猛禽類の子育て
が終わるまでとしていた県の意向もあり、その場合
でも、奥胎内のヒュッテからは、人の出入りを禁止
するようだったと言います。

 それでも、車が入れば必ず人は入ってしまうと
亀山さんたちが働きかけ、なんとか9日にダム
からのゲートをオープンし、『奥胎内ヒュッテ』まで
車が入れるようにし、人も入れるようになるとの
事でした。

 さて、我々は今回一足先にハクサンイチゲを見て
きましたが、どうやら小国側からの登山のみ<地神北峰>
付近や<頼母木小屋>~<大石山>~<杁差岳>に咲く
イチゲちゃん達と会えないようですね。


 27日、6時30分に登山口を出発して丸森をゆっくり
登りつめると、10時55分に丸森峰到着です。 

DSC06108_convert_20170531050105.jpg

 ここからは、先が全く見えずGPSとコンパスを
駆使しながら方向を決めて登ります。

 ハクサンイチゲ鑑賞会グループの後ろからは
後で知ったのですが、頼母木小屋を管理する
中条山の会、高橋さんが一人で登ってきました。

 丸森峰からは、共にアイゼンを装着して少し
遅れて我々の後をついてきます。

DSC06109_convert_20170531050207.jpg

 12時20分、谷へ切れ込む急斜面をトラバース
そして直登が続く雪原を、一歩ずつゆっくりと
登って、ピンポイントで<地神北峰>到着。

 ようやく安堵した笑顔を見せる。

 オラとホーリー。
 小屋まで1時間はかからないよ。」
 ほだな。そうなりゃ、飲むしかねーべ。」

DSC06115_convert_20170531050316.jpg

 <地神北峰>から斜面を<頼母木山>方面に下る
途中、ハクサンイチゲが早速出迎えてくれ、これに
感激した女性陣が歓声を上げた。

 あった。ありました。
 山友達からは、「今年はまだ咲いてねーよ。」
そういわれることが多かったが、そんなことは
ありませんでした 

DSC06119_convert_20170531050444.jpg

 13時18分、小屋前にて。

 一足早く小屋に入ったホーリーと写真嫌いの
ペーターを除いて 

DSC06130_convert_20170531050555.jpg

 さて、ちと早いけど明日の天気祭りをやろう。

 「 オラ、何にも出来ねーよ。」
メンバーにそう言っていたが、そんなことは十分
承知していたようで、みんなのザックからは、出て
くるわ出てくるわの、食材オンパレード。

DSC06131_convert_20170531050712.jpg

 サラダ、漬物、アヒージョ、お好み焼きそして

DSC06133_convert_20170531050837.jpg

仙台牛。
 いったい何枚ステーキを持ってきたんだろう。
これだけで、お腹いっぱいになってしまった。

DSC06134_convert_20170531050951.jpg

 ビール、ワイン、そしてウイスキー。

 いくらこれが楽しみと言っても、量が半端ない。

 「 明日の予定は、5時に<杁差岳>に出発。」

 しかし、そんなことも意に介さず、「 楽しー。」

  あんたもだろうって・・・ 

 二階に陣取った我々の他、一階にひとり山行の方
仙台からは6名の方の計13名の「頼母木小屋」
 なんだか、風が強くなってきた気がする。

 そろそろ寝よう。






 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード