つづきですが

 ふふっ 
どこまで進んだかわからなくなっちゃった。

 湯沢峰の辺りを通過したのは覚えているのですが
アッ  思い出しました  

 8時10分に滝見場到着。
出発前にはロッジの管理人、小関さんとこんなやり取りが
あった。
「いつも竹爺の来るときは雨だ。そうだ、お前が雨男なんだ。」
 ち、違う。オラは絶対晴れ男だ。」 
「いや、お前が雨男だ。」
・・・・・・」

 直前の天気予報は午後から雨となっているが
その前までは、ずっと雨の予報だったので、きっと
オラのせいで良くなってきてるんだと思わざるを
得なかったのです。

 そう言えば、ハイジも晴れ女を自称している。
彼女の力もあったのだろうか?いずれにしても
まだ雨は降らない。

DSC06411_convert_20170725185746.jpg

 滝見場から見る石転びは、両岸に渡って亀裂が
3本位走っている。
先日、帰ってから用があって副会長の弥輔さん宅に
お邪魔して、話ついでに「 週末29日は友人を
連れ石転ビを登ろうかと思っている。」と言ってきた。
 それから二日後に弥輔さんから電話があり
 本石転ビの下の亀裂が両岸まで1mを
超えたようだ。石転ビを登るのは無理だ。」 
そう言われた。

 だが、オラ達が登った時はそんなことを感じず
この日に登った我が山岳会のシミケンさんたち
だろうか、この滝見場から登って行くのを確認
することができた。

 「 五郎清水まで頑張ろう。」
ホーリーにみんな励まされながら、途中で登山道
両脇にあるノウゴウイチゴを摘み、「んま~い
「こんな時、甘みと酸味のこれは最高ね  」
そう言いながら、梶川の急登を登る。 

DSC06412_convert_20170725185807.jpg

 9時を過ぎたあたりだろうか、五郎清水到着。

 大石の裏にある、岩の間から流れ落ちる冷たい
水を口に含むと、熱を帯びた身体が一気に冷える。
梶川を登り下りする登山者を癒してくれる水でも
あるのです。

 ホーリーから、今年のリンゴのお裾分けが。
シャリっとした歯ごたえとあま~い感覚がとても
良い。

DSC06416_convert_20170727205810.jpg

 力をもらってまた急登に挑む。

 みどりちゃんといつも登るとき言ってたことが
ある。
 靴の底の減りが限度を超えているよ。」
 え~まだ溝はあるし大丈夫だよ。」
そう言ってたのだが、どうやら今回の登山で新靴の
デビューを果たした。

DSC06418_convert_20170727205831.jpg

 10時5分、カンバに到着。
ここから見る梅花皮大滝。

DSC06422_convert_20170727205901.jpg

 10時56分、梶川峰到着。

DSC06425_convert_20170727210005.jpg

 わりわりぃ~。
また時間切れだ。
月末の作業でどうにも時間が取れない 

 お詫びに、続きにこの時みた写真を貼っておきます。








DSC06426_convert_20170727210531.jpg
DSC06427_convert_20170727210551.jpg
DSC06428_convert_20170727210612.jpg
DSC06429_convert_20170727210634.jpg
DSC06430_convert_20170727210659.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード