良いねぇ~

 7月22~23日の梶川、<杁差岳>そして大石ダムへ
下山したとき、ホーリーとオラで 「  8月、天気の
良い日に石転ビに登りたいね。」って話したのでした。

 その翌週の月末は、実家の用事を行いながら過ごし
30日の夕方から、孫さんたちが主催するビール祭りに
参加して、愛宕山荘から米沢の花火で納涼の楽しい
夜を過ごした。

 その翌日から、8月5日の天気予報が気になっており
雨がひどくならなければ、<飯豊本山>のピストンを
行おうかと思い、山岳会の新人タマちゃんとキヨ君に
声をかけたが、それぞれ都合があり断られた。
 こりゃー一人旅か・・・。」そう思ってた。

 だが、3日に我が山岳会副会長の弥輔さんが
既に「梅花皮小屋」小屋番として入っている
関さんと交代することになり、石転ビを登ると言う
情報が入ってきた。

 最近の天気は前日までよくわからないが、どうやら
これで石転ビの最新の状況が見えてくる。

 8月3日、石転ビを登ってる弥輔さん、そして下山
してくる関さんと電話。
 
 それによると、亀裂は広がっているがどうやら
ピッケルワークとカッティングの技術があれば
何と乗り越えれるらしい。

 それから、ホーリーにすぐ電話して、状況を説明し
彼から「 良いねぇ~ 」と快諾をもらい二人で
5日に登ることにしました。 

 この時石転ビの今回の核心部である、本石転ビ
出合の亀裂が、「飯豊朝日連峰の登山者情報」 に
弥輔さんが撮った写真が載った。

 師匠から「梅花皮小屋」で使う領収書を預かり
当日朝、天狗平に3時15分ころ到着。

 すでに車中で仮眠していたホーリーと合流して
準備をし、3時40分に歩き始める。

 その1時間後に、うまい水到着。ここからようやく
ヘッデンを外して歩けるような明るさになった。

DSC06521_convert_20170806174855.jpg

 5時30分に梶川の出合到着。

 高巻くまえに、梅花皮沢と梶川の水量や渡渉
出来るかを確認するために沢におりた。

 近くまで行くと渡れそうに思うが、飛び渡る石の
間隔やその間を流れる水流の勢い、そして万が一
水に入った時の深さを考えれば、怖くて渡れない。

 日帰り組のオラたちでさえそう思うのだから、まして
泊まりの装備を持ったザックを背負っているのなら
自殺行為に等しい。

DSC06527_convert_20170806175050.jpg

 高巻いた登山道から梅花皮沢をみる。

DSC06531_convert_20170806175301.jpg

 梶川にでると危なげなく梶川を渡ることができた。

 わずかな時間を惜しんで危険を冒すより、ずっと
このほうが安全だ。

DSC06533_convert_20170806175500.jpg

 梶川と梅花皮沢の合流点に残った雪渓を踏んで
登山道赤滝へと続く登山道に戻った。

DSC06536_convert_20170806175712.jpg

 赤滝手前で、石転ビの出合が見えてくる。
「ベリーグッド  」天気も良いし、最高の1日に
なりそうな気配に、「杁差小屋」で会ったお兄ちゃんが
連発した言葉がで出る。
 
DSC06541_convert_20170806175854.jpg

 6時30分、石転ビ到着。

 大石手前に穴が開き始めた。これからはどんどん
大きくなっていくだろう。

DSC06545_convert_20170806180055.jpg

 梅花皮小屋が見えてきた。

DSC06548_convert_20170806193916.jpg

 そう言えば、山を始めるきっかけが、友人にここまで
連れてこられて、あの小屋をみて「 必ずそこに
行くからな。」と思った原点の風景だ。


 注意しながら、大石へと進む。

DSC06549_convert_20170806194114.jpg

 オオサクラソウが迎えてくれた。

DSC06555_convert_20170806194302.jpg

 良いね、いいねぇ~。良いよ、いいよ~。

DSC06556_convert_20170806194446.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

飯豊に行きたい!

飯豊のおおさくら草、久し振りに見ました。
もう、実物を見に行くのは無理かな・・・(*´ω`)

夏の石転びはテクニカル?

今年は夏の石転びを歩けると思って7/30に天狗平入りしたんですが、ロッジの小関さんのお話を伺って諦めました。(>_<。)
来年からは時期を早めようと思います。

むっちゃんへ

お久しぶりです。

いやいや、元気なむっちゃん夫妻ならまだ可能ですよ。
雪渓も登れるけど、出合までいけばオオサクラソウに
会えますからね。
でも、それじゃーむっちゃん達は物足りないでしょうよ。

あきさんへ

こんばんは!

石転ビの雪渓は生き物のように月、日ごとに変わります。
我々も、いつが良いということは口に出せません。
いつでも、リターン覚悟で行ってます。
6月は、北股岳に雪が張り付いており、石を巻き込んで
一緒に落ちてくる可能性もあるし、本当にみんなに進められる
時期は難しいですね。

めげないで挑戦してください。
山の神に気に入られれば、それはそれは日本一の雪渓を眺める
事が出来ます。

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード