それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

さすが

 3月21日
 小国町の河原角地区にあるわらび園から登る<猿鼻山>に
登ってきました。
 もちろん 『岳ちゃんツアー』 のお供で・・

 『めざみの里観光物産館』 で宮城から駆けつけてくれた
ゆかりちゃんとDr.ハルミ先生、それに福島から常連の
ヤスコさんと山形のスミコさんを、ホーリーの車とオラの車に
便乗して頂き、河原角公民館7時30分に出発。

 この山は、小国では当たり前の積雪期だけ登れる山で
意外と人気がある山なんですね。

 人数が全員で20名ほどだったので、山岳会からもキヨが
手伝ってくれた。

DSC08341_convert_20180407170809.jpg

 取り付きは、橋の袂からわらび園に登って行きしばらく
なだらかな斜面を軽快に登って行けるのですが、途中
どうして、どうして・・・痩せ尾根の場所があり、トラバース
せざるを得ない箇所がある。

 我が友ホーリーは、アイゼンを装着するほどの、斜面を
岳ちゃんがピッケルのブレードで、カッティングしながら
足場を確保して皆をリードして行きます。

DSC08356_convert_20180407170845.jpg

 トラバース地点を過ぎれば、ご覧の通り。

 所々から見える景色に皆大喜びしていた。

DSC08361_convert_20180407170952.jpg

 8時50分に登り始め、12時に山頂。

 天候も期待していなかったが、飯豊連峰も我々を歓迎
時折のぞかせて偉大な雄姿を魅せてくれた。
 これにはキヨも「  素晴らしい。」と目をひっくり返し
盛んにシャッターを切っていた。

 オラの心の中に悪い虫が出てきた。
 キヨもオラと同じように写真が下手くそなら良いのに。」
そういえば、彼の撮った写真は見たことがない  

DSC08391_convert_20180407171048.jpg

 石転ビ上部の梅花皮小屋も見えた。

DSC08394_convert_20180411055131.jpg

 しばし頂上での景色を堪能した後は、少し下がって
風がない場所で昼食。

 驚いたことに、小国の母ことみわさんがぼた餠を
皆に振舞ってくれた。
それも驚いたが、あの重さをずっと持って登ってきた
事に、さすが敬服せざるを得ない。

 大好きだという、Dr.ハルミさんは大感激。
「景色もステキだが、おはぎもステキ  」 

 んまいもんでお腹を満たした後は下山を開始するが
この山が、意外と難しい登りだったことが下りでわかる。 
 
DSC08417_convert_20180411055226.jpg

 「  さすが小国の山。」とホーリーを唸らせる
ほどの<猿鼻山>
参加者全員が満足して14時40分に無事下山。

DSC08420_convert_20180411055304.jpg

 


 
スポンサーサイト
  1. 2018/04/11(水) 08:12:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<止まってほしい | ホーム | じぎゃくてき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogunimachimontefuan.blog47.fc2.com/tb.php/2109-18c61e8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1163)
自転車 (71)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (67)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (56)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (185)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード