FC2ブログ

それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岳雄と岳友会

 ゴールデンウィークの最終日が終わり、翌日の7日(月)は
『岳ちゃんツアー』
 
 計画書をもらった時点では、15名の参加者が名を連ね
ていました。
 
 当日、3名ほどのキャンセルがありましたが、それでも平日
行われるツアーでは、多かったですね。

 国道13号線の苅安PA(米沢市)に7時30分集合。
その後、岳ちゃん車とオラの車、それに米沢のWさん車に
それぞれ便乗して、米沢採石場まで移動。

 林道ゲート付近に駐車して登山前の挨拶を行う岳ちゃん。

DSC09881_convert_20180508164543.jpg

 初めての参加者の方もおりましたが、右を見ても左を
見ても相変わらずリピーターの多いツアーである。
そして、参加する「岳女」の多いのもこのツアーの特徴では
あるが、もちろん男性も多い。 

DSC09879_convert_20180508164259.jpg

 しかし、いくら何でも男性を「岳男」では味もそっけもない
だろうと思い、「岳雄」と呼ぶことにしよう 
 
 「岳女」と「岳雄」、良いじゃないですか 
そして、それらの集まりを称して「岳友会」と呼ぶことに
決めた。 

DSC09880_convert_20180508164503.jpg

 明治時代に米沢と福島を結ぶ旧ルートは、初代山形県令の
三島通庸の手で開削された歴史ある街道。
その名を「万世大路」と言い、明治天皇が名付けられたという。

 歴史を感じ、先人の大変な労働に敬意を払いながらそして
辺りを見ては、チャラ袋を出して何やら採ったものを入れて
進む 

 タイミングが合うツアーなら、お土産付きになるのだから
「岳友会」にとってはこれも魅力の一つなのだろう。

DSC09884_convert_20180508164626.jpg

 道路にはいたるところにイノシシと思われる爪痕が
しっかり残っており、1か所は害虫落としに肌をこすった
跡と思われる蒐場(ヌタバ)もありました。

 牡丹肉なら良いけど、「こんなところで生のイノシシに
会いたくはないね」と言いながら、登るというより歩く。

DSC09888_convert_20180508164710.jpg

 ゲートの所から8時に歩き始めてから9時37分に
栗子隧道に到着。

DSC09899_convert_20180508164941.jpg

 素掘りの隧道とコンクリートの隧道があり、「岳友会」の
メンバーに説明する岳ちゃん。

DSC09902_convert_20180508165034.jpg

 二つの隧道が並んでいる。

DSC09903_convert_20180508165123.jpg

 素掘りの隧道は近くによってみるとハート型のようにも
見えた。

DSC09905_convert_20180508165214.jpg

 コンクリートの隧道は広く、奥が崩落しており中に入る
のはためらわれる。

DSC09908_convert_20180508165305.jpg

 岳ちゃんがえらく気に入っていた、「栗子隧道」とトンネルの
上部に彫られていたプレート。
昭和10年3月竣工と彫られていたようだが、3月と言えば
その頃は相当の雪が積もっていたのではないかと思われる
ので不思議な感じがした。

DSC09909_convert_20180508165359.jpg

 隧道を見学していると、なにやら歓声が聞こえてきた。
特に岳女の声が響く。
近づいてみると 






スポンサーサイト
  1. 2018/05/10(木) 17:24:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<藪漕ぎ | ホーム | 締め>>

コメント

土木系山行

栗子山お世話になりました。
連休明けの平日でしたが、地元の山で手掘りのトンネルと聞いたら、建設肉体労働者家系出身の身としては血が騒ぎ、参加させていただきました。隧道や急登藪漕ぎがすこしありましたが頂上の一等三角点も見ることができたし、私のために企画した登山ツアーみたいで申し訳ないぐらいですW。
  1. 2018/05/11(金) 10:29:12 |
  2. URL |
  3. 米沢W #-
  4. [ 編集 ]

米沢Wさんへ

おばんです。

こちらこそ先日はお世話になりました。
太宰と共同提供の大福「んまくて」最高でした。
4月9日の<長井葉山>の時も差し入れを頂き、今回で
2回目の大福でしたね。

平日なのに沢山の方々が参加し、山も感激したと思うが
きっと大福にも感激したと思います。

それにしても藪漕ぎは大変だったけど、岳友会のみんな
やっぱり登山力はあるんだなと改めて感心しました。

また、一緒に登りましょう。

  1. 2018/05/13(日) 18:15:32 |
  2. URL |
  3. 竹爺 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogunimachimontefuan.blog47.fc2.com/tb.php/2124-731788b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1206)
自転車 (72)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (73)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (58)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (188)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。