FC2ブログ

それゆけ とーちゃん

負けるな日本!  がんばろう日本!

爽やかだった

 8月3日(土)に、梶川尾根を登ってきた。
今月末に行われる飯豊連峰梶川尾根の上部を保全する
為の下見でした。
と言ってもオラも飯豊を愛する登山者のひとりとして参加
してきたのでした。

 『天狗平ロッジ』を出発して梶川上部の施工予定地まで
登り、施工方法等を確認したりしながら下山し夕方まで
『天狗平ロッジ』に戻る行程。

 先日の岳ちゃんツアーでは、ヒメサユリが乱舞していた
梶川尾根上部は、まだ若干のヒメサユリとニッコウキスゲが
残雪の近くで見られましたが、ケルンの辺りにはもう秋を
告げるタカネマツムシソウが咲いていた。

DSC_0184_convert_20190806084303.jpg

 最近はオラを無視し続けてるタマチャンが、珍しく電話を
くれ、「竹爺、梶川上部の保全技術講習会に行くのか?」
 もちろん。」
 そうか、行くのか?」
 でも、帰ってからの懇親会には用があるので不参加。」
 そうか、なら俺も行かない。」
 でも、オラにはわかっていた。
オラが夜の部に参加しないとわかったら絶対来る筈だ。

 そして当日、やっぱり参加してきた 
先日のやり取りなど何事もなかったかのような振る舞い。
やっぱり只者ではない。
そして、タカネマツムシソウを撮る。
似合わない 

DSC_0185_convert_20190806084333.jpg

 施工予定地に到着し、本日のひとつである資材に
ネットをかけ強風で飛ばないようにする。
そして、上部から下部にかけみんなで資材の使い方や
方法を議論する。

DSC_0193_convert_20190806084401.jpg

 キンコウカの咲く向こうには<北股岳><梅花皮岳>
<烏帽子岳>
誰もが感激する飯豊の稜線が見える。

 作業途中で出会った知り合いの方や、新潟の旅行者に
依頼されガイドとして、先日の地元新聞の月山縦走を
終えたばかりで登ってきた岳ちゃん達が、この稜線を
歩くのに軽く焼きもちさえ湧いてしまう。

DSC_0195_convert_20190806084429.jpg

 反対側には<杁差岳>へと続く稜線。

DSC_0196_convert_20190806084456.jpg

 爽やかだった。
下界では夏、でも稜線は秋になりつつある。
 今年は後何回飯豊にこれるのかなぁ~。」
タマチャンが話しかけるのを無視してそんなことを思い
ながら下りてきたのでした。

 





スポンサーサイト



  1. 2019/08/06(火) 15:46:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<なんちゃって・・・ | ホーム | 喧嘩しながら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogunimachimontefuan.blog47.fc2.com/tb.php/2181-861ae7b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

山 (1225)
自転車 (72)
サッカー (54)
仕事 (42)
お出かけ (73)
散歩 (44)
食 (240)
家族 (58)
冬 (39)
その他 (27)
買い物 (11)
ひとりごと (189)
酒 (12)
未分類 (14)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード