意外です。

 良いリズムで高度を稼ぐ、かーちゃんのペースが、今日は
とーちゃん にピッタリ。
 二日酔いで、身体の毒が抜けないのだ 

 天気も、快晴とまでは行かないですが、それでも朝日の山々を
眺めながら、整備された鈴振尾根を気持ち良く、登る事ができます。

 飯豊連峰の登山口は、ほとんどが急登ですが、ここは傾斜が
あまりきつくありません。

PA170755_convert_20101018174035.jpg PA170756_convert_20101018174116.jpg

 <祝瓶山>の標柱から、20分ほどで「鈴出の水」に到着 

 ここから、松の根がマスクメロンのように張り巡らされた
登山道を登っていくと、本日二組目の登山者に出会いました。

PA170757_convert_20101018174153.jpg PA170758_convert_20101018174225.jpg

 登り始めて1時間、ようやく木々が段々色づいてきました。

PA170761_convert_20101018174259.jpg PA170764_convert_20101018174415.jpg

 更に、30分ほど上り続けると、21名の団体さん  と遭遇です。
 新潟からのご一行さんで、とーちゃん 達より1時間早く駐車場を
出発してきたそうです。

 色づいた木々の間から、<徳網山>も見えてくると、ようやく
とーちゃん の身体から、毒の抜けていくのがわかります

PA170765_convert_20101018174502.jpg PA170766_convert_20101018174536.jpg
PA170767_convert_20101018174610.jpg PA170768_convert_20101018174643.jpg

 「二両編成の新幹線が通過しまぁーす」と、団体さんが道を譲って
くれました。
 かーちゃんは、 照れながら、「そんなに早くないですぅー」
 
PA170769_convert_20101018174718.jpg PA170770_convert_20101018174749.jpg

 紅葉が、登山道いっぱいに広がり、そこを歩くとまるで
じゅうたんの上を歩いているような感じになりました。

 「かぁーちゃ~ん、そこを曲がると一の塔だよぉー。
 「あら、そぉー」

 実は、かーちゃん<祝瓶山>に登るのは、初めてなんですが
体調が良いのか、息も上がらず冷静です  


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

と~ちゃんとか~ちゃんで、祝瓶に登ったんですね。
祝瓶山の遭難、あまり大きなニュースにならなかったんで、知らない人が多いけど。
ちょうどその騒ぎのときだったようで。
「鈴出の水」でとーちゃんの長年蓄積された毒が抜けるとは思わないけど。
たのもしいか~ちゃんがいて、いいですね。

yamazaruさんへ

yamazaruさん、お久しぶりです。

えーびっくりしました。
最初は熊騒動だと思いましたが、宮城県の方5名が
長井側から登って、途中道に迷って小国に下りて
角楢小屋に泊まったそうです。
<祝瓶山>初めてだったんでしょうね。

もちろん、抜けたのは前日の毒だけですよ(笑

yamazaruさんの、朝日軍道縦走を拝見しました。
おめでとうございます。
自分も、来年は朝日連峰を駆け回りたいです。

プロフィール

竹爺

Author:竹爺
性別 男性

モンテディオ山形が好きで、トレッキング
大好き。ロードレーサーにも乗る行動派
オヤジです  

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード